2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

☆☆ 眼鏡 中間レンズ? ☆☆

kage

2014/07/06 (Sun)

眼鏡は、矯正視力を上げるレンズ、日常的な生活を楽に送れるようにするレンズ、そしてその中間のレンズ と3種類のレンズを選べるようです。

昔から視力は低いのだけど、30歳くらいまではコンタクトを使用していたし、元々乾き目であまりコンタクトには向いていないと中学生の頃に言われていて、ソフトレンズのほうがまだ良い との事でソフトレンズを使用していた。

カラーの物は使った事が無く、視力矯正のみの物。

眼が物理的に疲れるので、コンタクト使用は断念し眼鏡となった私。

どんどん視力は低下傾向で、今では裸眼は0.1無いみたい。

お金に関わらず、目にメスを入れるのも・・・・と眼鏡を選択中。

毎年の健康診断で、視力検査も有るので、今年も視力検査の後、左右のバランスが悪いような結果だったので、眼鏡屋さんに行ってきた。

パソコン仕事が主な私は、近視だ老眼だに関わらず、なるべく目に負担が少ない選択をしようと相談。

その結果、中間レンズにブルーレンズ(パソコン眼鏡)も入れてもらう事にしました。

パソコン画面の波長をカットするレンズ と言うのかな。。

私がずっと行っている眼鏡屋さんは、メガネのあきというお店で、高校時代の同級生のお店です。

行くと、必ず目のチェック。

何か資格を持っているらしく、眼科に手伝いに行ったりして、眼にはなかなか医学的にも長けているので、もうずっとそこばかり。

よく見たら、岐阜県眼科医会指定店になってた。

視力検査のような台に顔を乗せ、何種類かのレンズで「これはどう?」 「どちらが見やすい?」 「これでは?」 と試検されるので、「こっちのほうが良い」 「もう一回戻して」 とか言いながら、「これのほうが見やすい」 なんて、聞けば教えてもらえるけど、さほどこだわって聞きもしない私なので、眼鏡屋さんが 「じゃあこれで作るね」 と、決定される。

裸眼の視力もしっかり知らないし、何レンズかも知らないけれど、遠くは0.8までくらい、パソコン画面からの眼への刺激を軽減し、仕事をするのに視界が広く眼に少しでも負担が少ないタイプのレンズを作ってもらう事にしました。

前回作ったこの眼鏡。
          ↓
3_201407061255153cb.jpg 2_20140706125513a37.jpg

矯正視力が上がるに長けた眼鏡。

車の運転にはこちらの眼鏡を使い、仕事では、しばらく眠っていた黒いフレームを復活させ、仕事をするに眼が楽なレンズを入れてもらう事にしました

せっかく、気にいったフレームがまだちゃんと有るので、なるべく視力がこれ以上低下しないよう、眼が少しでも疲れないように、けっこう良いレンズ作りだと思うわけ

老眼が入ってきたかどうかなんて。。。知らない。。聞かない。。 (同級生は知っている)

目薬は、使うのも良いけど、市販の目薬は防腐剤も入っているので、持ち歩いて気をつけきって点眼するほどの物ではないよ。 とのアドバイスにより・・・・・そういえば目薬きらしてるよ。。


自分に目を向けてケアできる状況がやってきた という事なんだな。。


そうなんだよ。。。平均寿命から行けば、まだ折り返して少し進んだだけ。
もう、お役目終わったのに、まだ生きるんだ。。


本日は、、ここまで



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック