2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

☆☆ エル・ア・ターブル 3月号 ☆☆

kage

2014/02/09 (Sun)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログエル・ア・ターブル 3月号 レビューブログさんのモニターに参加しています。


エルアターブル


3月号は、料理レシピの他、キッチン&ダイニングに欲しいモノ特集が組まれていました。

3050_03.jpg

油を使わない「ノンフライヤー」とかお洒落な「やかん」とか、お家で炭酸水が作れるマシンとかね

おおっ と思ったのは、比較的安価で(9,975円)、ヨーグルトからお味噌・納豆・甘酒まで作れるという、発酵食品メーカーでした。

この特集はなかなか見応えが有り、お料理が好きな人には欲しくなる物が有りそうですね

エル・ア・ターブル2014年3月号の特別付録は、リサ・ラーソン×エル・ア・ターブル オリジナルブランケット

けっこう厚地でふわりとした温かいブランケット。

ひざ掛けに最適。

色も煌びやかではないので、職場でも使えます。

モチーフは「はりねずみ」かな。。

リサ・ラーソンとはスウェーデンを代表する陶芸家の女性で、リサ・ラーソンさんの作品は動物をモチーフにした物が、現在ではの特徴になっています。

ひざ掛け

小さな子供さんなら、お昼寝の毛布にもなります。

ひざ掛け2

11月号はキッチン・グローブ、今回はブランケット。

エル・ア・ターブルの付録は、実用的で私好みです



美味しそうな料理レシピばかりでしたが、目を惹かれたのは、ラム酒を使った「チョコレートラムケーキ」と、この「チキンとレモン塩コンフェのタジン」でした

タジン 

タジンは、モロッコを含む北アフリカで広く調理器具として使われている、大きな三角蓋の土鍋の事です。

モロッコは、チキン料理が多いみたい。

このタジンのレシピには、「レモン塩コンフェ」を煮込みに必要とするのですが、この塩コンフェは、レモンを1ヶ月くらい塩漬けにしたものなので、ちょっと近日中には作れず。。

ん~ おいおい作ってみるかどうか。。

美味しそうなので、近いうち、気が向くように忘れないでおこう という位置づけになってしまい、次に美味しそうで手軽に作れるレシピをと、昨日材料を購入してきたのは、「ミネストローネのチーズ焼き」

ミネストローネ

そうそう・・・ミネストローネも美味しいよ とエル・ア・ターブルを見てて思い出し、王道レシピのスープを作ることにしたのです

本当は、「コンテ」というフランスのハードタイプのチーズが必要なのだけど、お店に並んでいなかったので、一般的なクッキング用のチーズで代用することにしました。

具材

オリーブオイルを調理油としています。

白ワインに、固形ブイヨンは簡単にコンソメで済ませ、野菜とベーコン。

トマト缶に、若干の塩と胡椒を用意しました。

このレシピ通りいくと、具材は全て1cm角に切って との事。

1cm角具材

ベーコンと玉ねぎを先に炒め、人参・セロリ・じゃがいもと炒めます。

白ワインを入れ、アルコールを飛ばして2人分だと500ccの水を入れ、沸騰したら、サッとアク取りをします。

炒める

500ccのお水に対し、トマトピューレは100gの割合。

レシピは2人分で500ccの水ですが、家は7人分とか作るので、1,500ccくらいのお水に400gのトマトピューレ1缶を使いました。

沸騰してアク取りをした後、トマトピューレと固形ブイヨン3個を入れて15分煮れば出来上がりです。

塩を小さじ1/2くらい入れたかな。。

胡椒は、小さな子も食べるので2振りしただけ。

チーズをのせてオーブンへ

オーブンを180℃に余熱して、10分間焼けばOKです。

焼き上がりオーブンの中

オーブンの焼き上がりですが、私はオーブンよりも、トースターのほうが好きだな。。

グラタンとかピザも、オーブントースターのほうがチーズがカリッと焼けたりしてね

私好みに焼きあがるから。

今度は、やっぱりトースターを使おう

でも美味しかったです。

今回のモニターに参加したことで、思い出して、美味しいミネストローネが本日の食卓に上がりました

エル・ア・ターブル2014年3月号は、楽天やアマゾンサイトでは完売らしいです。

欲しい方は、書店へ足を運ばれたほうが確実のようです。




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック