2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

☆☆ ビーグレンから蒸しタオル洗顔 ☆☆

kage

2013/11/22 (Fri)


ビーグレンから良い洗顔法が届いていました


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

肌のざらつきやくすみは、古くなった角質が肌表面に溜まっているサイン。 それが角層の奥への道を塞ぎ、ローションの効果を弱めてしまっているかもしれません。

そんな時は、蒸しタオル洗顔がおすすめです。

人肌よりすこし温かいくらいに温めた蒸しタオルで角質を柔らかくしてから洗顔をすると、肌の表面に溜まっている古い角質や毛穴に詰まっていた汚れがとれ、ローションの浸透もグンとアップします。

また肌の血行がよくなるので透明感もアップしますよ。


STEP1
タオルをたっぷりの水に浸した後、固く絞り、ラップに包んで電子レンジで1分ほど温めてください。

※ 加熱直後は熱いので火傷しないように気をつけてください


STEP2
粗熱がとれて、人肌よりすこし温かいくらいになったら、洗顔前の顔全体を蒸しタオルで覆い、1分間ほどおいてください。

そのタオルでやさしく肌の表面をふき取ってください。


STEP3
ぬるま湯で顔全体をぬらします。

ぬれた手にクレイウォッシュをさくらんぼ大程度とり、両手を合わせて軽くなじませます。

※ 泡立てる必要はありません


STEP4
顔全体をやさしくマッサージするように汚れとなじませます。

特に小鼻のわきは丁寧にマッサージしてください。

また、ゴシゴシと擦り過ぎないようご注意ください。

ぬるま湯ですすぎ残しのないように、丁寧に洗い流してください。


※ 蒸しタオル洗顔の後は、肌が柔らかくなりローションをよく吸収します。ローションの重ねづけやローションパックなどで、しっかりと水分を補給してください。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


温かいタオルで蒸らして、肌表面をやわらかくしてから洗顔。

取り入れると良いです


ビーグレンの洗顔料は、クレイのクリーム状。

泡は立てないタイプです。


7月からずっと、このクレイウォッシュを使っていて、洗い上がりのなめらかさも有り、肌トラブルは何も起きていません。

大人ニキビも出来ません。

綺麗に汚れも落ちるし、気に入って使っています。

クレイ洗顔は、クレイが汚れを吸着。 泡洗顔は、泡が汚れを包み込む。

クレイウォッシュは、150gと容量もけっこう有るので、1本で、3ヶ月くらいは使えます。

本当は、もっと使用量を多くして、クレンジング剤は使わずにメイクも落としてくれるものだけど。

クレンジング剤を使った後に使うので、使用量が少なめだからです。


ビーグレンでは、ニキビケアシリーズでもこの洗顔料を使用するので、潤いを取りすぎず、しかし、汚れや雑菌めいた物は残さず、肌を自然なクリアにしてくれる という洗顔料だという実感も有り使用中です

洗顔料に何か良いものを と探してみえる方には、良い洗顔料だと思います。




特にニキビが気にならない方には、トライアル 毛穴ケアセットに入っているクレイウォッシュでお試しされると、1,890円で済みます。

ニキビが気になる方には、こちらトライアル ニキビケアセットです。


モイスチャライジングゲルもプレゼントで付いてくるので、潤いも欠かしません。

このモイスチャライジングゲルは、いろいろと他社の製品に比べて、浸透が早いのか、スッとのびて、少しもネチネチしません。

水溶性コラーゲン、スクワラン、レシチン、キュウリ果実エキス、カミツレ花エキス、アロエベラ液汁、ヒアルロン酸を配合していて、とても使い心地が良いです。


私はと言うと、次のクリスマルセールでは、10-YBローションを、さっぱりタイプから、しっとりタイプに替えたほうが良いみたい。

10-YBローションさっぱりタイプは、アルブチンやフェニルエチルレゾルシノール(シムホワイト377)が入っていて、どちらかというと美白系。

10-YBローションしっとりタイプのほうが、FGFやIGF、EGF様成分などのペプチド、繊維芽細胞を活性化させるDMAEが入っている上に、シムホワイト377も入っていたりするので、こちらに切り替えたほうが良いようです。

それぞれ、ピンクの文字からリンクしていますので、ご覧戴くこともできます。




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック