2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

☆☆ アスクル ラミネーター特集 ☆☆

kage

2013/10/08 (Tue)

ラミネーター

パウチと言ったり、プラミーパックと言ったりもすると思うのですが、紙を ラミネートフィルム に挟んで、ラミネーターを通すと、透明のフィルムが紙を保護してパンッと仕上がり、雨に降られても大丈夫という優れ物。

店頭では、ラミネートされたポップをよく見かけられると思います。

私が始めてラミネーターを意識したのも、15年以上前、店頭の化粧品をアピールするポップ作りでした。

ただ紙ではね。。 すぐくちゃくちゃになってしまうし、ポップとしてはとても使えません。

とっても便利なラミネーター。

アスクルのラミネーター特集には、7,500円くらいで購入できるものも有ります。

シンプルなラミネーター機能のみ。

これくらいなら家庭でも置けそうです。

子供さんの写真をラミネートすれば、ブロマイドのように綺麗に携帯することも出来たり、図工の時間に上手に描いてきた絵をラミネートすれば、劣化する事なく飾っておけます。

賞状なんかも額に入れれば立派ですが、ラミネートしておけば、場所をとらずにスリムに、丸かってしまう事もなく保管しておく事が可能です。

もちろん、業務用にもバッチリお役立ちアイテム。

1mmくらいの厚みまで対応出来ますから、ちょっとお洒落にデザインして作ったメニューも汚れる事なく、綺麗なまま置いておけますね。

飲食店だと、メニューは時間とともにどうしても汚れていってしまいます。

せっかく素敵な色やデザインの物も、汚れたり破れたりしてくると残念ながらお店のイメージダウンです。

ラミネートしておけば、サッと拭くだけ

アスクルのラミネーター特集 ブルーの文字からお進みいただけます




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ 
人気サイトランキングへ




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック