2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

☆☆ 良かった オーガニック固形シャンプー ☆☆

kage

2013/04/13 (Sat)

来ましたアロマシャンプー

昨日から使用開始

(この石鹸を使ってみようとUPしたブログページはこちら→オーガニックシャンプー


アロマシャンプー

とにかく良い香り

フルーツの香りよね。。

アロマシャンプー2

手のひらに乗るくらいの大きさで、市販されている・・例えばCOWブランドの四角い普通の白い石鹸が85gなので、このアロマシャンプー石鹸も85gと同じ大きさです。

一般的な石鹸と同じ重量。。

そして硬さも同じくらいの練り方なので、減り具合も同じくらいね。。

よく半生石鹸とか有って良いものだけれど、やたらと柔らかくて溶けてしまって、減りが早いという石鹸ではありません。

ですから、私的にはまずはその点でお気に入り項目①


そしてフルーツの何ともいい香りで気分的にもお気に入り項目②

アロマシャンプー3

とても泡立ちが良く、とっても柔らかい泡でお気に入り項目③

アロマシャンプー4

髪を洗っている時の髪のなめらかさ評価大!・・お気に入り項目④

アルガンオイルとかシアバターが含まれているという優しい感じがとてもよくわかる

洗っている時の柔らかいなめらかな感じで 「これはコンディショナー要らないわ」と納得です。

今日は毛染めをしたので、今洗い上がりで、昨晩と2回使ってみたんだけど、ほんとコンディショナー要らない。

メーカーさんの説明では、毛先にパサつきが気になる方は、「毛先に少しコンディショナーを使ってください」との事でしたが、私はコンディショナー必要ないの

いける! バッチリ!!

こちらのシャンプーよ
Zto LABELⅡ


ノンシリコン・コンディショナー不要・地肌も気持ち良いし

だってね・・・1本3,000円とかするような物・・・家では高価すぎて使えないのよ

シャンプーとコンディショナーで6,000円とか。。それも10日足らずで無くなってしまうなんて。。

1ヶ月シャンプーとコンディショナーで20,000円とか使ってられないもの

この地肌すっきり、髪のハリ・コシUP! 「Zto LABELⅡアロマシャンプー」なら、上手くいけば、1ヶ月のシャンプー・コンディショナー代は3,000円~4,500円までで済んで、ノンシリコンのヘアケア生活が送れる

ん~ でも4,500円はちょっとえらいかな。。

ボーナス時に、18個くらいづつまとめ買いできたら一番良いかな

1,470円の18個・・・26,460円が半期のシャンプー代か。。。

ここもポイント制を導入しているので、もう少しお安くなるかな




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ




ほんとうっとしい。。。

家族が居ると。。

子供なんか産むものじゃないよ~

ここの所、エアコン・TVと10万円以上出ていってもいるの。

こいつらが居なかったら、私の歯は2本ともきちんとしたセラミックが入るのに!

ムカツク


家庭生活が幸せなんて、ぜんっぜん思えない。


ぎゃぁぎゃぁやかましいし。。。

お金かかるし。。ろくなこと無い。。。






結末は・・・こんな文面で終わる事になってしまった・・・


せっかく良いアロマシャンプーだったのに。。


パソコンはちび達に取られ……


パソコンまで買ってやるのも腹立たしいし、ぎゃぁぎゃぁ近くで騒がれてるのも邪魔くさいし。


私ね、ほんと子供嫌いなの。


全く家庭的な性格ではないしね。


あんまりムカつくと、子供でも叩いてやるわ。それかほっとく。


可愛くないもん。



仕方ないから、髪乾かして持ち帰った仕事でもするかな。


お休みもほんと家にゆっくりも居られないんだから!

うるさくてね。


つくづく可哀想な私。


夕飯も整えてやる気しないから、今夜は各自で済ませるように仕向けよう。


ついでだから、全部吐き出してやろう。


息子が前職場を去り、現職に落ち着くまでの3~4ヶ月の間に生活の為に私が負担した金額が、20万円余り。


これも仕方ないけど、結婚して子供さえ持たなければそんな心配も必要もないし。


やだなぁ。


泣いても仕方ないし。

でも、3~4ヶ月で済んだから良いと思わなくてはいけないかも。


いつまで生きるんだろうね。。

早く終わって欲しいなぁ。。。

私の人生。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック