2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

☆☆ 欠陥住宅相談や住宅検査は、NPO法人日本住宅監査学会へ ☆☆

kage

2013/04/03 (Wed)

欠陥住宅

私には、あまりピンと来ない響きですが、実際にはこのような住宅にお困りの方もみえるようです。

壁にヒビが入っているとか、廊下が何だか傾いている。

聞く話には、部屋にボールを置くと、ボールがそこに留まっておらず、ころころと転がり出してしまうような住宅も有るようです。

もう何十年も経った住宅ならいざしらず、まだ、10年そこそこなどでそんな住宅であったら大変です。

私が育った住宅は、新築から70年くらい経って壊しましたが、床が傾いたり、壁が割れているなんていう事はありませんでした。

最後のほうは雨漏りはしていましたが。

木造住宅だったら、30年以上はきちっと建っているべきでしょ?

壊した住宅の離れの住宅は、今でも50年近く経ちますが、きちっと建ってるもの。。

まずは地盤、そして基礎、また建物そのものに欠陥があるのかもしれません。

雨漏りも、問題ですね。

しかし、そんな時、何処に相談するのでしょう?

欠陥住宅なのかどうか。。 なかなか素人ではわかりませんし、建築屋さんに相談しても、簡単に欠陥住宅でした とは認められないとも思います。

結果、高額な費用をかけてでも修理するか、諦めて、その状態で住み続ける事になりますね。


そこで、こんな機関があるんです


NPO法人 日本住宅監査学会(住監)


症状を引き起こしている欠陥を第3者の目で調査し

問題があれば、施工業者へその旨の報告と修繕を要求し

その代金も欠陥であると確信できた場合、施工業者負担にて修理を行うように導いてもらえる


とっても有難いです。

施工業者に相談する前に打つ手です。

家を建てられた方は、覚えておかれると良い機関だと思います。

ブルーの文字からリンクしています




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック