2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

☆☆ 眼鏡 ☆☆

kage

2013/01/11 (Fri)

今日は私事ページ。

眼鏡をかけ始めて、10年になりました。

35歳くらいまでは、コンタクトレンズだったの。

視力が悪くなったのは、子供の頃に入院した「腎炎」の薬の副作用と大人からの説明で、視力が落ちたキッカケはそうなんだと認識している私。

小学校の頃、視力回復センターに通った事も有ったけど、訓練が続かなかった事も有って、視力は悪いまま。

中学生の時に、ソフトコンタクトレンズを作ってもらい、眼鏡も作ってもらって、視力矯正人生の始まり。

中学・高校の時は、日常生活に支障を全然感じなかったので、矯正はしず、裸眼で見えないまま授業を受けていたので、成績にはあんまり良くなかったかも。

コンタクトレンズは面倒だし、眼鏡は格好悪いと思ったりして。

この時の眼鏡のフレームはゴールド。

それからずっと、35歳・・・32歳くらいまでかな・・・コンタクトレンズを入れてました。

乾き目なので、ハードレンズかメニコンO2(当時の良いとされた物でハードとソフトの中間くらいの分類)が良いよ という事でしたが、目の中の異物感や、ハードレンズなんて怖いな という思いから、ソフトレンズを選択。

私がコンタクトレンズを取り入れた頃は、今のようにもちろん使い捨てのレンズなんて無かったし、30年も前だから、毎日レンズを外すと洗浄液を付けたパフで洗い、保存液を浸したレンズBOXに保管。

一週間に一度は、煮沸消毒もしなくてはならなくて、なかなか面倒でした。

それから、パフで洗わなくても、保存液に1滴垂らせば良いという洗浄液が出てきて、はずしたらレンズBOXに浸すだけ。

今では、「1Day」のレンズよね

そして最新が「レーシック」

世界が変わったようで良い と言われますが、まだ踏み切れずにいる私。
でも、50歳くらい迄じゃないと、レーシックも出来ないという事なので、タイムリミットも迫ってきているんだけど、まだしていないし、するかどうかも決めていない。

眼鏡屋さんに行ってみたら、右目と左目の視力がアンバランスになってきていて、今のレンズを使っていると、左目の負担が多くなり、右目の機能は低下していくみたいな感じ。

どっちみちレンズを変えないといけないか。。

ブラックフレームより、やっぱりあんまり顔の色と違わないゴールド系のフレームが良いかな。とも思っていたので、眼鏡を新調する事に

コンタクトレンズを辞めてから10年余り、最初につけた眼鏡は「ピンクゴールド」色のフレーム。

レンズにも薄くピンクを入れて。

1_20130111155222.jpg
この眼鏡は気に入っていたんだけど、レンズの度も合わなくなったし、フレームが歪んでしまってそろそろ新しい眼鏡にしようかな と思っていた時に、高校の同級生のお店に巡り会うタイミングが到来し、初めてブラックフレームを購入

2_20130111155222.jpg
花模様の彫りが入っているフレームで、これもなかなか良かった

でもやっぱり、あんまり顔とかけ離れないようなフレームも欲しいな という事で、今回の新調眼鏡。

3_20130111155221.jpg

このフレームは、ものすごく軽くて眼鏡をかけている感じがとてもフラット

このフレームをお店でかけてみたら、もう他のフレームには目がいかないくらい気に入ってしまって、同級生の店長に相談しても「これは良いよ」

今、キャスターさんとか芸能人も使ってるんだって。

NHK放送でも取り上げられた、新しい感覚の注目されているフレームなんだとか。。

全然圧迫感が有りません。

ぽわぽわのフレーム

10年ほどの間に3つの眼鏡。

そのうちにブラックフレームの物も、レンズを今の視力に合うように変えて、両方使えるようにするか、また次の視力に合わせるようにとっておくのか とか考えてて。。

視力が良い人は一生の得よねぇ。

どうなんだろう? レーシック。。

どうなんだろうって・・私の周辺からは「施術して良かったぁ」という嬉しい声しか届いておりません

だから良いんだろうね。

ピアスの穴さえ あける事も出来ない私。

手術など、身体にメスが入ったことも無いし。

今まではそうやって済んできたけど、これからは何か変わっていくんだろうか。

何だか・・・生き続けていくだけで、お金かかるし、考える事いっぱい有って大変そう


と本日の思考は停止

ん~もう~~~ 仕事以外の事で考えたくない

お洗濯 たたもう




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック