2017 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 08

☆☆ オラクルの化粧品 ☆☆

kage

2012/06/24 (Sun)

是非ご紹介したい素敵なオラクル。

香りがとても素敵です。
香りは全て、エッセンシャルオイル(植物の精油)を使っています。

オラクル
(あまりにも気に入ったので結局クレンジング剤も手に入れてしまいました)

手にとったクレンジング剤(エッセンシャル・クレンザー)に水かぬるま湯をプラスして、3本ほどの指で空気を含ませるように泡立てると柔らかい泡となります。

クレンジング泡

お試しとして入っているのは、7品です。
オラクルサンプル

メイク落とし(メイクアップ・エリミナー)

メイクを落としながら保湿成分を補充する感じで、「驚くほどなめらかに洗い上げます」と商品説明に有ったのを実感しました。
ヤチヤナギ葉水、クロフサスグリ葉エキス、ヒマワリ種子油、オリーブ油等を含んでいます。

洗顔料(エッセンシャル・クレンザー)

香りも良いので優雅な気分で洗顔できますし、もちろん乾燥肌の私がサンプルを使ってから本製品を依頼したので洗い上がりのしっとり感は十分です。
ヒマワリ種子油、トウキンセンカエキス、ホホバ種子油、オリーブ油、クマザサエキス、ヤチヤナギ葉水等が入っています。

化粧水(クラリファイング・トナー)

スプレータイプの瓶のボトルで、ミストの化粧水です。
ダマスクバラ水、ヒマワリエキス、ハマメリス水、シラカバエキス、イリス根エキス等を配合しています。
肌への浸透がとても早いです。


美容液(パワー・モイスチャー)

ハリと弾力に貢献します。
使用感は、サラリとしています。

目元美容液(アイ・フォーミュラ)

配合している「ダマスクバラ花水」は、今注目されているようでいろいろな化粧品に見かけます。
ホホバ種子油やクロフサスグリ(フランス語でカシス)種子油他多くのエキスを含んでいます。
カシスは、サプリメントやリキュールにも使われていて、健康にとても良い植物です。

ナイトクリーム(クリーム・ルネサンス)

ローズヒップ油、オタネニンジンエキス、ヤチヤナギエキス、マカデミアナッツ油等を配合しています。
朝の肌は、とてもしっとりしていて美白効果も有るようです。

集中ケアマスク(タイムレス・マスク)

イチジクエキス、オトギリソウエキス、クワ葉エキス、ククイナッツ油、オタネニンジンエキス、トウヒエキス他を含み、天然クレイとエモリエント成分によるクリームで肌の細かい汚れを吸着して、肌をクリアに明るくします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


このスキンケア製品は、毛穴ケアにも良いです。

キメがそろう、肌がなめらかになる、明るくなる、香りで癒される。。。。

タイミングを見ながら少しづつ増やして、そのうちにはラインで使いたいと思う出会いでした。

また、果敢に応援させていただきたいと思うオラクルです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


本製品を購入した時に、7品目の無料お試し券が付いてきました。
私はもう頼まないので、どなたかにご紹介下さいという趣旨の物です。

ご希望の方がみえましたら、送り先に住所を教えてもらわないといけませんので、非公開のコメントでも付けていただければお送り致します。

2名様にしかお譲りできませんので、先着とさせていただいて、本日より5日間後迄にご希望が無ければ、身近な女性に差し上げようと思います。

特に肌にこだわりも無く、トラブルも気にならない方には、何の興味も湧かないサンプルセットですが、私は大変良いスキンケアだと思いましたので、このようなUPをさせていただきました。

オラクル無料お試し券

本製品は、4,000円台から、最高のナイトクリームで10,500円迄の価格帯のスキンケア製品です。

オラクル(株式会社レクシアさん)から電話がかかってくるような事は有りません。
もちろん、私もこのギフト券をお送りするのみで何の転用も致しませんので、そこの所はご信用頂ければ宜しいかと思います。

海外でも認められバーニーズで店頭に出されている日本ご自慢の製品です。

日本国内では、「婦人画報」「クロワッサン」他女性誌に取り上げられ、美容ジャーナリストの方々から高い評価を受けています。

流行に左右されない、ユニークで実直な化粧品として注目を集めているオラクルです。

レクシアさんは、大阪に籍を置く会社ですが、北海道の旭川に「ルナ・ファーム」という農園を持ち、自社栽培で丹念に手造りされている製品です。

ルナ・ファームは、細かく厳しい農林水産省の日本農林規格『有機JAS認証』を2010年に取得し、安全で安心出来る原料だけを使っています。

また、ルナ・ファームには、キタキツネやシカ、アライグマやタヌキも訪れるようです。

柵も特にする事なく自然の中で栽培していますので、植物目当ての動物に栽培している植物を食べられてしまうことも多々有るようです。

しかし、農園の責任者の方は「もともと動物の遊び場だったところに農園を作ったんだから、植物は動物たちの物でも有る。50株食べられるなら100株植えよう、100株食べられるなら200株植えれば良い」と笑い飛ばしながら栽培にあたってみえるそうです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


オラクルから送られてきた何冊かの資料から、ピックアップして『植物の栄養と生命力』と始まる1冊から抜粋してご紹介いたします。

植物と言えば、静かで優しいイメージが有りますが実際はそれだけではありません。


堅い大地をも貫くほどの力で地中に根を張り、屈強な幹を天高く伸ばし、動物が遠く及ばないほどの長寿を生きる。

植物は、21億年ものあいだ大地と天の恵みから栄養を育み、繁栄し続けてきました。


土や水、太陽の光。

植物は自然のエネルギーを取り込み、自ら成長しながらも、他の生命に栄養を与えます。

これは、植物だけができる奇跡のメカニズム。

植物が栄養として取り入れたエネルギーには、すべての生き物が求める無数の栄養が満ち、事実、人もまた、様々な栄養分を受け取って、生命活動の原動力としています。


基礎的な栄養となるもの、循環や代謝の根源となるもの、リズムを整えるもの・・・。

植物療法や漢方など、古来より様々な形で生かされてきた植物の力は、今を生きる私達にも優しく寄り添い、健やかな暮らしを助け、強く、美しく導いてくれるのです。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


本日は2点だけ、資料の順番に植物をご紹介致します。


≪ヤチヤナギ≫

学名:Murica gale
英名:Sweet gale
科名:ヤマモモ科

ヤチヤナギは、湿地(谷地)に自生するヤマモモ科の低木で、ヤナギに似ていることからこの名が付けられました。

すがすがしい独特の芳香が有り、ヨーロッパでは古くからハーブとして、料理やお酒の香りに使用されてきました。


現在では、湿原の減少と共に、ヤチヤナギは絶滅危惧種や稀少種に指定され、また、自生のほとんどが国立公園やラムサール条約登録湿地等の保護区に指定されているため、ハーブ原料としての使用が困難な状況です。

しかし一方では、ヤチヤナギの研究が進められ、美容や心身への効能が続々と発表されています。


全草を漬け込んで採れるヤチヤナギエキス、水蒸気蒸留で抽出するヤチヤナギ葉水や精油には、美白、抗酸化作用が有り、高いリラクゼーション作用を持つ芳香成分が、心と肌に深い安らぎをもたらしてくれます。


≪ヒマワリ≫

学名:Helianthus
英名:Sun flower
科名:キク科

夏の大地を黄色に染める“太陽の花”ヒマワリは、大きいもので直径40cmの大輪を咲かせ、草丈は3.5mにもなります。

「日廻り」を語源に持つことから、花が一斉に太陽に向かっているイメージがありますが、実際は花が咲くまでの間だけ、若い枝や蕾が太陽を追って光を集めています。


漢方で、葉・花・茎・種など、すべてが薬になるように、ヒマワリは何一つ無駄になることろがありません。

栄養素を豊富に含むことから「ビタミンのハーブ」とも呼ばれ、皮膚の若返りを助ける植物として古来より使用されています。


全草を漬け込んで採れるヒマワリエキスと、種子から抽出するヒマワリ種子油があり、豊富に含まれるリノール酸やアミノ酸、ビタミンA・B・D・Eなどの栄養素が、肌を乾燥や紫外線から守り、柔らかく整えてくれます。

ヒマワリ種子油は、植物エキスを抽出するベースオイルとしても使用されます。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


同じように、ニンジンやトウキンセンカ、クマザサ、クロフサスグリ、ダマスクローズ、シラカバ、オタネニンジン、トウヒとご紹介文が有りますので、また順を追ってブログにアップしていきたいと思います。




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック