2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

☆☆ 追加料金の発生しない葬儀のご紹介 ☆☆

kage

2012/03/01 (Thu)

小さなお葬式

縁起でもなくてこのバナーUPには少し迷いましたが・・・
(気分の悪い方は画面を閉じてください)

人には必ずやってくる『死』という現実。

いろいろな亡くなり方は有りますが、残された家族には葬儀を行うという大きな仕事が有ります。

お金に糸目をつけずに、お任せのまま盛大に執り行える場合は良いでしょうが、生活を抱えながらの突然の出費に痛手を負ってしまっても苦しいです。

「家族葬」という言葉も聞きますが、一体葬儀にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

だいたい、一般的な葬儀場で御通夜・葬儀と行なって100万円くらいは普通にかかってしまうという認識ですが、どうなんでしょうね。

どう考えても、お寺さんのお参りと火葬は絶対にしなければいけないです。

一般家庭なら、祭壇の大小で亡くなった方の霊が天国に行くのを迷ってしまうなんていう事は無いと思います。

喪主は家族ですから、出来る限りしてあげたいと思うのが通常です。

こちらのバナーの178,000円は、火葬式のみ行うというシンプルなどうしても必要な事のみ行うプランです。

葬儀をプランとも言いたくないですが、現実はそういう事です。

病院で亡くなったなら、病院から自宅へ・湯灌も済ませ棺に・火葬場は手配してもらえますので火葬を済ませお骨を骨壷に収納するところまでしてもらえます。

通夜式も告別式も特に有りませんが、お付き合いのあるお寺さんにお参りしてもらって、親戚や知人が訪ねてくるくらいなら、ほんとに必要な事だけを葬儀屋さんにお願いするプランとなります。

他に1日だけの小さな告別式や通夜式を行うプランも有り、両方行なっても50万円以内で納まります。

資料請求の上頼むと5,000円引きとなっておりますが、まさか、葬儀を行うことになった時に「ルレープのひとりごと」のブログを見ている方は無いと思いますので、5,000円引きをすぐ利用することは無いと思いますが、5,000円引きに限らず、今後の為に資料を取り寄せて参考にされるには実用的かと思います。

宜しければご利用下さい。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック