2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

☆☆ イオン導出 ☆☆

kage

2016/10/16 (Sun)

さっちゃんから、「毛穴の事にはあんまり触れないけど、どうしてるの?」としばらく前に質問が有り、見直してみた毛穴ケア。

炭酸パックでも、けっこうな効力は有るけれど、そういえば、エビス化粧品の美顔器ツインエレナイザーは、イオン導出も出来るんだった。

美容成分の導入のほうにばかり目を向けていたけれど、汚れをイオンの力で抜く事も出来るんだったと

イオンクレンジング

コットンをセットし、化粧水を含ませて、「クリーンモード」で行います。
モードの選択が違うだけで、導入も導出も特に操作は変わりません。

もう何年も手元に置いているのに、あんまり活躍させていなかったようです。

今までは、イオンクレンジングは、1分くらい、サラッと顔全体をなでるような使い方でした。

それを、ここのところは、3分程行うようにしています。

美顔器をすべらせるのではなく、一か所一か所に2~3秒置いて移動させます。

新しくなったツインエレナイザープロⅡは、顔に当たる作用面が、直径3cmほどの平たい面と、周囲に小さめの12個の丸い作用面が有り、この小さな丸い作用面が小鼻のトリートメントにとても使いやすいです。

美顔器3

あるかたのブログで、抜くスキンケアが難しい とおしゃってみえましたが、なるほど、入れるのは沢山あるけれど、抜く(取り去る)というのは数少ないなぁと思い直してみます。

丁寧にこのイオンクレンジングを行ってみたところ、毛穴の感じが変わり、これは、続けて行うときっと違うぞ

との確信めいた思いが湧いており、噂の家庭用美顔器ツインエレナイザー、ちゃんとアイテム持ってたじゃない。。。。

でも、使わないと何の変化も起きない・・・・・

ちょっとやる気が出てきました

また、最近では、あまり入れすぎない事に目が向いており、植物エキスの化粧水とオリーヴオイルでのスキンケアを続けそうです。

ヒーリングローション   20160714205815365_20161016141133be3.jpg

実はこのオリーヴオイル、コスパも大変良く、30mlの小瓶ですが、3か月以上使用していても、ローズの香りもそのまま。。

まだ、1/3ほど有り、夜1プッシュ、朝半プッシュくらいの使用頻度で、半年くらい使える感じです。

時々バスタイムに、オイルパックをすると一層肌がしっとりするので、その時は、5~6プッシュ使います。

メイクを落とすのは、haruのダブルスキンオフ。

ダブルスキンオフ

先日のビーグレンのオータムセールで、たまっていたポイントも利用してとてもお得に購入できたので、朝洗顔にはクレイウォッシュ

クレイウオッシュ

バラバラのブランドで揃えてしまっていますが、気に入った物を選ぶうち、こうなっているという事なのです。

石鹸素地で潤いを奪いすぎないメイク落ちは良いクレンジング。

クレイの吸着力に着目した、これも潤いを奪いすぎない朝の洗顔料。

イオンクレンジングによる、毛穴のお掃除。

とても気に入っているの

もちろん、子供のような毛穴など一点も見えないお顔ではないですが、『いちご鼻』ということにはなっていません。

また、ブログでは初公開ですが、最近のファンデーションは、ラフラのパーフェクトゲルカラーを愛用中です。

朝のスキンケアにオリーヴオイルを使うようになってから、以前のBBクリームファンデは合わなくなってしまったので、残念でしたが変えました。



このファンデも良くてね。

忙しい朝にさっとのばすだけで、UVケア、なかなかの毛穴隠し効果、夕方になっても乾燥も気にならないし、厚塗り感も無く、現在のお気に入りアイテムです。

ただ、haruから、ジメチコンを一切使わない、同じタイプのようなリキッドファンデが出てきたので、ちょっと気にはなっています。

そうそう・・・・この間サンプルを使ってみて、さすが現代の最新技術を駆使したオールインワンだな と思ったのは、ラフラのこのゲルでした。



という事で、現在のスキンケアは落ち着いており、ツインエレナイザーの再認識、石鹸素地でのクレンジング、クレイの吸着力による洗顔。

と、この3点が、現在の私の毛穴ケアポイント。

自然素材の化粧水と、シンプルなオリーヴオイルケアに落ち着いています



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック