2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

☆☆ 毛穴ケア 専用ローション ☆☆

kage

2016/10/18 (Tue)

毛穴。

大人女性の大半は、この毛穴の開きや黒ずみに悩まされている。

肌の水分量やコラーゲン、エラスチン(肌の弾力を保つ成分)等が減り、ピチッと閉じてはいられなくなる大人の肌事情。

開きかけてくる毛穴に、皮脂がたまる。

その皮脂が酸化する ・・・・ 黒ずみ

毛穴の奥まで届かない洗顔料は、出来る限りの汚れを取ってはくれるが、真皮までつながっている毛穴の元まで汚れを取り去るのは難しく、適当に汚れを落とすが、穴が空いたままでは雑菌等が入り込んでは危険なので、肌の奥から皮脂膜を作って守ろうと皮脂が溢れてくる。。。。

その皮脂が酸化し ・・・・・ 黒ずみ

こうやって少しづつ蓄積されてきた毛穴の角栓詰まり。

角栓や汚れを取り去っても、毛穴を引き締めない事には、肌を護るために皮脂が出てきてまた詰まる。

詰まるというか、穴が空きっぱなしでは駄目である という原理なのよね。。

毛穴の汚れを落とす対策の一つに、そういえば、昔からオロナイン軟膏が良いと底辺で渦巻いていた噂のようなゆるい常識のようなことが有ったなと思い出す。

1 オロナイン軟膏を鼻に塗る

2 蒸しタオルで数分(タオルの温度が肌以下に下がってしまわないうち)蒸らす

3 洗顔料を使い、ぬるま湯洗顔を行い、冷水で毛穴を引き締めるようにする

オロナイン軟膏の油加減が良いのか?
蒸しタオルで毛穴を緩め、オロナイン軟膏が汚れを吸着してくれ、肌と変わらない温度で(毛穴を引き締めたり肌を緩ませたりしない温度)洗顔する事により、汚れを外へ洗い出す。

そして、冷水で冷やすことにより肌を引き締める。
この引き締めることによって、皮脂が溢れるのをやめるほうへ導く。

あとは、化粧水やクリームや乳液で、潤いを与え、ちゃんと肌護りも万全だよ と脳に指令を送るわけ。

理屈はこういうことなのだけど、どうだったかなぁ・・・・ 私は昔はうまく出来ていたんだったろうか

確かに、こんなオロナイン軟膏処方は、やってみる価値がある。


また、毛穴対策専用に出ている製品では、『ドゥボータのCローション』が目に留まる



ナノアルカリ電解水が毛穴の奥の汚れを取り除いてくれる という原理の毛穴ケアに特化した製品である。

洗顔を、このローションに変える という方法。

コットンにたっぷりローションを含ませ、拭き取り洗顔にしましょう というものです。

パラベンもエタノール系の防腐剤も使用していないので、洗い流さない方法でも安心だし、ブースターの役目も有り、化粧水の入りも良くなり、とにかく、毛穴の奥の汚れまで、ナノサイズの電解水が外へ運び出してくれるというの。

こちらも、一度は使ってみたいと思う


理想的なケアは、毛穴の汚れを綺麗に落とし、潤いに満たされた肌になり、コラーゲンやエラスチンもきちんとした形に並び、弾力のある肌になれば、毛穴など気にならなくなるのです。

汚れを有効に取り除くアイテム。

潤いを充分に与えるアイテム。

紫外線老化を起こさないようなアイテム。

さらには、LED光マスク等で、コラーゲン生成を促すような働きかけをする。

こういったステップを正しく踏んで続けることにより、間違いなく肌年齢は若返る。

毛穴にこだわりだすと、長期戦になることも間違い無し

少々毛穴が目立っても、さほど実生活に差しさわりなど無いのも事実

どこまで頑張るのかな


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック