2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

☆☆ 卵殻膜が化粧品に入ってきた ☆☆

kage

2016/08/29 (Mon)

卵殻膜で綺麗になれる!

卵の薄い膜ね。

NPO法人 日本卵殻膜推進協会からお借りしてきたホームページを見ると、卵殻膜とはとても多くのアミノ酸を含んでおり、こんなのが肌に取り込めたらさぞかし綺麗な肌になりそう という近年発表された新しい美容成分である事が判りました。

中でも飛びぬけて多いシスチンには、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

また、肌のターンオーバーを促進し、シミやそばかすの排出にも役立ちます。

という成分で、元々髪の毛や爪、肌の角質層に多く含まれている成分。

体内では作れない必須アミノ酸9種類に、元々体内で作られる非必須アミノ酸9種類。

その他にも2種類のアミノ酸が含まれている。

体内で育つ動物を思うと、プラセンタの役割みたいな卵殻膜らしい。

何でも、卵殻膜を動力に使う発明も出たらしく、卵殻膜は新しいエネルギーとしても活躍してくるようです。

卵殻膜成分を配合したこのスキンケア製品は、オールインワンタイプで、パックとしても使う事が出来、とても素晴らしい製品。

配合成分はこんなに多く、見るのも大変だけど、オールインワンタイプなのに、乳化剤が少ないのも興味深い。

●成分/水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜、加水分解卵白、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3、セラミド6Ⅱ、プラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

最新の美容成分は、卵殻膜です。





  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック