2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

☆☆ エビスの、トラネキサム酸配合美白美容液 『ビーホワイト』 ☆☆ 

kage

2015/04/05 (Sun)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

エビス化粧品エビス ビーホワイト

有効成分トラネキサム酸をはじめプランテージホワイトなどの天然植物成分をぎゅっと凝縮配合。

有効成分トラネキサム酸がシミの原因となるメラニンの生成を抑制して過剰なメラニンをしっかりブロック。さらにシミの発生のきっかけをつくる肌内部の炎症をグリチルリチン酸ジカリウムが抑えてくれます。

また天然植物由来の保湿サポート成分が濃厚な保湿力で肌のリズムを整え、紫外線や乾燥ダメージに負けないハリツヤのあるうるおい透明肌に導いてくれます。


エビス化粧品のモニターに参加しております


化粧品の植物成分でよく耳にする、スターフルーツ。

image_2015032210165178b.jpg yjimage.jpg image2_20150322101652095.jpg

こういう植物なのですが、水分の多い、リンゴとオレンジのまざったような味で食しても美味しいそうです。

美容液に入っているのは、このフルーツの葉っぱのエキスです。

スターフルーツの葉のエキスには、コラーゲンの生産や分解抑制の働きがあると言われており、美白効果のみならず、ハリに良い成分配合なのです。

確かに私の年齢肌。。。
ほうれい線も有るし、若い方のお肌とはもちろん違いますが、先日は、「シワもないね」 と同年代の女性から言われました。
ん~~~~ 小じわがくしゃくしゃしたしぼんだ感じは無いかもしれない。
と、前向きに自負する事にしました

img_content-03.jpg

また、オウゴンエキス等で保湿力を高め、肌のリズムを整えるという働きも持っているので、万能美容液とも言えます。

とにかく、肌力は、いかに潤いを保てるか というところが第一歩のよう。

潤いを保った肌組織が、有効成分を受け止め、必要な箇所に運んだりターンオーバーをしようと活動するんだろうな。。と最近では思っています。

確かに、潤ってないと動けない。 
水の中では泳ぐことができる。 岩盤には入らせてももえらえない。。

1に保湿2に保湿・・・・3、4が無くて 5に保湿 というのが、スキンケアの究極なのかもしれません。

朝晩洗顔後に塗布していますが、やはり、美顔器での導入は効果が全然違います。

美顔器で導入した翌日の朝洗顔では、肌がつるっとしている事を感じます。

花粉の季節では、花粉症でなくても、肌も花粉にさらされ微妙に肌表面がざらついたりしてくるので、きちっとした洗顔と、肌のリズムを整えるお手入れが必要ですね。

エビス ビーホワイトに含まれている「グリチルリチン酸ジカリウム」なんかも炎症を抑えてくれます。

Bホワイト

美容液の品質が落ちないように、ボトルはこういった色。

エビス化粧品の原液美容液は、植物コラーゲン、ユーグレナ原液を省いては、皆ボトルはこの色です。

余談ですが、エビス化粧品には、ユーグレナエッセンスも有ります。
ユーグレナは、ここの処、急速に多くの食品に商品化されてきた自然の恵みですね。
サプリが有ったり、化粧品に配合されてきています。
ヨーグルトなんかも有るのね。。

元は、ミドリムシなのですが、これが美肌にも良いらしいです。
動物と植物の両方の特徴を併せ持つミドリムシには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸等59種類の栄養素を含み、肌を整えてくれるようです。

今回のモニター商品エビス ビーホワイトは、サラリとした透明の美容液です。


Bホワイト2

洗顔後にピチャピチャっと塗布します。

時々、肝斑の一部がほんのり赤らんでいると感じる事が有ります。

また、この美容液を使い始めてから半年ほどの月日が過ぎようとしていますが、肝斑の輪郭がぼやけ、薄くなっている箇所も見られます。

シミ7・29 シミ4・4

三角の頂点のようにあるのはシミだと思うけど、その周囲を取り巻いている肝斑の面積が何だか減ってるみたい。

また、肝斑が若干でも薄くなってきた事により、3つシミの中ほどに有ったシミが目立ってきた?

三角の頂点かのような3つのシミのうち、上に位置するシミの周囲。
シミからこめかみに向けた角度の上周辺の肝斑は、かなり無くなってる。

週に2度ほどは美顔器(ツインエレナーザー)でこのビーホワイトを導入するのですが、くすみが抜ける感じを味わえます。

美顔器との併用は、効果も大です。

肝斑はなかなかねぇ。。。。

でも半年も続けてみると、けっこういけてるかも

肝斑が薄くなっていく経過も様々でしょうが、そうそう簡単には無くならないし、こうやってぼやけながら薄れながら、ほんとに少しづつ無くなっていくみたいです。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック