2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

☆☆ 私の取って置きの画像(大した物ではありません) ☆☆

kage

2014/09/20 (Sat)

何十回かトライし、時々しか見らないiPadの画面。

Ipadオセロ

このマスターと名付けられたコンピューターの頭脳は、ものすごく強くて。。。

なかなか勝てません

子供の頃にもよく遊んだのですが、子供の頃のほうが、一生懸命考えて強かったように思う。

Appleアプリのオセロのコンピューター対戦相手は、
「かんたん」 「ノーマル」 「むずかしい」 「エキスパート」 そして「マスター」 と5つの段階で、対戦頭脳を選べます。

エキスパートくらいからなかなか手強く、マスターに至っては、めちゃくちゃ強いです。

オセロはね、、ちょっと意地悪精神を持たないと勝てないのです。
勝つ戦法は、如何に相手の打つ手をコントロール出来るかに有るのです。
マスターでは、ちょっとうろっとしていると相手の戦法にはまってしまい、もうそこしか打つ(置く)手が無い というくらい追い込まれてしまうの。

ここに置いたら、、、 相手にここを打たせて、、、 その為には此処は封じて、、、 ここは敢えて空けておこう、、
ここは相手にも取られないし、何時でも置ける、、、、 その間に更に次の手を講じる。。

という如何にも残酷なゲームだと言える。

私は、人間社会ではそんな意地悪ゲームはしないのですが、コンピューター頭脳相手のオセロならね
いくら意地悪い手を打っても、誰も傷付かないので大いに遊べるわけです

どなたかさんのように 「これで優位に立てる」 などと意地悪してないで、オセロでもしたらどう?
また、言わずに自然とやって頂戴。。聞こえてくると気分悪いでしょ。。
そういう人は、こういったゲームにはまるタイプなので、さぞかし面白いと思うよぉ



このiPadは大きいタイプのほうで、iPad Air です。

記憶容量が60GBだったかな。
小さい本体の物より容量が大きいので、画面も大きいしこちらにしたのですが、目的は私用ではありませんでした。

娘のiPhoneを、チビちゃん達が使っていて、学校関係の連絡を見逃してしまった事により、何かもう一つ端末が必要よねぇ。。

本当は、こんなもの触らせては良くないのですが、、、、時代だから仕方ないのかな。。

端末・・・端末・・・・  と思っているうち、そう言えば近くのsoftbankショップに出ているあの端末で、喜んで遊んでいるので、あれだ。。。。

と、ショップに聞いてみたところ、月々3,000円くらい(保守料540円くらいは別途)で持てる。

家の無線ランに繋げれば、機種代だけで使えるというわけでね。
ついに、取り入れる事になってしまったわけです。
私のガラケーと言われる携帯電話をiPhoneに変えても、結果は私の電話回線がチビちゃん達に乗っ取られてしまうでしょ。。
もう一つの端末が必要となってしまったわけです

勉強不足で、要領も得ないまま、Apple ID をこのiPadに認証させるのに、手惑い、Appleさんのサポートセンターにも問い合わせたり、試行錯誤し、ようやく使えるようになったiPadAir。

ほんとに。。おばさんになると駄目ねぇ。。

気が付くと、マニュアル本も無いシステム。
一時は、このiPadは捨てるか・・・諦めるか・・・ とまで行ったのですが、何とか利用できるようにこぎつけたのでした

Ipad.jpg

それからと言うもの、無料のゲームアプリが沢山有るので、どんどんダウンロードしているようです。

ゲームアイコンがこんなに増えているのです。

無料のゲームでも、私しか管理しないパスワードが必要なので、勝手にできない処は良いわねぇ

どうしてもと言うので、値段が付いたアプリでも 700円 でダウンロード出来、DSとかのアプリより圧倒的にお安い。

きっと、Apple社のこのiPadは爆発的な人気でしょうね。

昨日だか一昨日だか、Apple社からまた新製品が出たようですが、これはいけるよ

チビちゃん達が寝静まった後、、、、迫熱しつつ、オセロに向かう私。。
時々チビちゃんと一緒にしたりもするのですが、オセロの意地悪戦法を教えようか教えまいか。。
どうやって教えるか 等と、iPadにはまっている今日この頃なのです(笑)

ゲームだけに意地悪戦法を使ってくれれば良いのですが、変な意地悪覚えてしまってもね。。等と、要らぬ気を回しているのかもしれませんけどね。。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック