2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

☆☆ 記念に・贈り物にフォトブック ☆☆

kage

2017/02/23 (Thu)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログさんから届いています。

お久しぶりにレビューブログさんの記事となりました




写真は歴史を刻んでくれる。
実は時々、30年近くも前の頃の写真を見てみる。
もっと以前 ・・・・・ 40年も前の写真も取り出してみる。
この頃はこんなだった。
私にもこんな頃が有ったなぁ。
この時のあの人は今頃どうしてるだろう?
あぁ。。そうそう。。。 こんな笑える事も有った。
あの時はあんな風に思ったけれど、今だったらちょっと違った捉え方をするなぁ。。


等々、想い出にひたるなど年をとった証拠かもしれないけれど、心がほんわりするのは良い事である

押入れの上の段には、アルバムが10冊くらい並んでいる。

自分の子供の頃から、私の子供が小さかった頃。

年齢が上がってから、昔のアルバムを観賞するのはなかなか良いものである

そんな想い出を、素敵に製本してくれるのが今回のレビュー記事。



どのブックに写真を収めたいかを選び、写真を送信すればあっという間に製本して送られてくるサービスです。

そう、現代は写真はデータで簡単に渡すことが出来るので、手間も少なく便利な時代になったから

パソコンでご利用される方はPC版をクリック。

スマホをご利用の方はiOS版から。

もちろんどんなサービスか見てみるだけでもクリックはご自由です

素敵な想い出ブックを残したい方はどうぞご利用下さい



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ マカダミアナッツオイル ☆☆

kage

2017/02/19 (Sun)

スキンケアオイル。

オリーブオイルを使っていたが、クリーム作りをきっかけにオイル専門店を知り、3種のオイルを手元に置いてみた。

オイル3種

グレーブシードオイル、ホホバオイル、マカダミアナッツオイルだ。

クリーム作りに3種のオイルを混ぜて作ったんだった。

それ以後、朝はそのクリームをのばすと重く後からのせるクリームファンデがムラになったりするので、朝は、薄くオイルをのばしている。

その際に、3種のオイルを1種類づつ何回かのせてみて、結果、マカダミアナッツオイルが一番合っている事がわかりました。

グレープシードオイルは、脂性肌の人にお勧めできると説明が有り、乾燥肌の私には物足りなかった。

ホホバオイルもあっさりしていて、イマイチ、夕方まで保湿が持たない感じ。

マカダミアナッツオイルだと、ファンデーションの邪魔にならない。それでいて長時間しっとり感が得られる。

マカダミアナッツオイルは、業界では消えるオイルと言われていて、とても浸透性の高いオイルとのこと。

けっこう、ねっとり感があるテクスチャーなのに、確かにいつまでもネチネチはしていない。

毎朝使うので減りが早く、前回のブログの成功したフェイスクリームを作る際にリピートしたオイル。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、乾燥肌にはとても良かった

最近では、グレープシードオイルはメイク落としに使用している。

捨てるのももったいないから。

すべりが良く、メイクともよく馴染み、W洗顔は必要だけどクレンジングオイルとしては優秀である

自分で潤いを保てなくなった年齢肌にはオイルは有りがたい存在となったのである

当初(ブログを始めた頃)はあまり与えすぎないように、自分で潤う力に期待した との思いも有ったけれど。。。。。

肌の水分を保持するヒアルロン酸含有率は、年齢20代を100%とすると、30代では70%、50代では40%、60代では20%強くらいに著しく減少していくのだから。

20台の頃の半分くらいしか力が無いとなると、与える事と逃がさない事。

肌が作り出す天然のクリームである皮脂も20代に比べると40代は半分になり、閉経を迎える50代に向かってさらに減少すると言われている。

ようやくあきらめがつき、少々重い感じがするスキンケアも苦にならなくなってきた

本当のエイジングケアはこれからだった



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 出来ました 手作りフェイスクリーム ☆☆

kage

2017/02/16 (Thu)


やっておりました。。

手作りフェイスクリーム

けっこう上手にできます

材料は、

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マカダミアナッツオイル  25ml (大さじ1+小さじ2)
未精製ミツロウ  5ml (小さじ1)
ローズウォーター  30ml (大さじ2)
ビタミンB3ナイアシンパウダー  3ml (小さじ1/2強)
DMAEパウダー  1.25ml (小さじ1/4)
ローズゼラニウム精油 5~6滴
ラディッシュエクストラクト 6~7滴

材料

これだけですが、本当のレシピでは、ミツロウは植物性乳化ワックスを使い、ローズウォーターはローズダマスクウォーター、ローズゼラニウム精油はローズブルガリアン製油です。

ミツロウは前に作った時のがまだ有ったので、本当は半透明のもっと溶けやすいタイプの物を使うのですがミツロウで。

ローズウォーターは、ダマスクローズの物を使うと一気にお値段が跳ね上がります。
ローズ製油もしかり。

という事で、価格を抑えるためレシピに近い低価格の物で済ませています。

パウダー2種は、たるみや小じわにアタックする成分。

ラディッシュエクストラクトは防腐効果が得られ、入れると半年くらいクリームがもつので揃えました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

一つの容器には、マカダミアナッツオイルと乳化性ワックス。
もう一つの容器には、ローズウォーターにエイジングケアパウダー2種を混ぜておきます。

湯煎にかける

この二つの耐熱容器を、熱いお湯を入れた容器に入れます(湯煎にかけます)
温まってきたら、オイルとワックスの容器をかき回してワックスを溶かします。

ワックスが溶けたら、もう一つの容器に入れ、ここからがカプチーノクリーマーの出番です。

カプチーノクリーマー

このカプチーノクリーマーが大活躍し、とても綺麗に攪拌してくれ、ぽわぽわのクリーム状に仕上げてくれるのでした。
7~8分カプチーノクリーマーを使いました。

出来上がり

アロマオイルと、ラディッシュエクストラクトを分量だけ垂らして、もう一度カプチーノクリーマーを使って完成です。
とろりとした伸びの良いクリームが出来上がりました

1012×836  テクスチャー

今は冬なので室温に戻っていくとクリームは硬くなっていきますが、肌に乗せると体温で伸びの良いクリームとなり、大成功でした。


という事で、フェイスクリームは自家製となり、好きな香りがつけれるので作るのは良いですね

成分もいろいろと使ってみたいかな と
しばらくは、今回作ったクリームで足りるので、また違った物を作ったらお話しようと思います。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 観葉植物 ☆☆

kage

2017/02/04 (Sat)

観葉植物。

葉を観賞する植物かな。。

花付きのものも有るけれど、葉っぱを観賞する。
葉っぱと言っても、鮮やかなグリーンな清々しいスペースを作ってくれるような、そんな観葉植物

昔(私が若い頃)は、植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐くという、人とは反対の呼吸運動をするため、人が必要な酸素を多くしてくれるという理由が有った。
そのうちには、その呼吸運動は昼間だけで、日が沈んだ夜には、人と同じ酸素を吸って二酸化炭素を吐くため、寝室には植物は置かない方が良いという見識になっていた。
しかし、寝室で無い所では是非置きたいと思う観葉植物だ。

色による効果という物が研究されていて、緑色の心理効果としては

心や身体の疲れをいやす。
疲れた目を休ませる。
鎮静作用で緊張を緩和する。
リラックスの作用がある。
穏やかな気持ちを与える。

という人が穏やかに暮らせる効果が考えられているのだそうです。

確かに、あまり派手な色ではないので、目を休ませるのに良いと思う。
リラックス効果 これもわかる気がする。

PID325_LRG.jpg

ドラセナ(アオドラセナ)
寒さに強く、ボリュームたっぷりの観葉植物。
「幸福の木」 という別名も有る木。
ハワイではドラセナは長寿で生命力旺盛であることから、垣根などに使うと良いことがあるという言い伝えがあり、「幸福の木」という名前がついたんだとか
しかし、日本で垣根使いというのは見かけないかな。。
でも、お店なんかによく置いて有り、とても頻繁に見かける。

こういった植物に目をやると、落ち着くかな
落ち着くし、何かそのスペースに心理的な余裕が有るようで、ゆったりできる感じも与えられる。


  PID247_LRG.jpg

アルピニア(黄斑月桃)、月桃の葉っぱ。
スキンケアにも良いとされる月桃。
夏には白い花を咲かせる。
けっこう鮮やかな見た目。

観葉植物の専門店 MAKIMO PLANT のホームページを眺めている

 PID933_LRG.jpg

ポトスも上手に手を掛けると、こんなに背が高く作れるんだ
180cmの高さに作ってある。
立派な置物になり、プレゼント用にも最適 お値段11,000円か。

落成のお祝いなんかに贈られると、嬉しそう

少し時間が有って眺めているインテリアグリーンのお店

こんな時間が有っても良いな

宜しければどうぞ
ご覧ください。
忙しい毎日だと、ちょっとゆったりして良いかも
ブルーの文字がリンクしています



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ