2016 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 11

☆☆ PHがポイント ☆☆

kage

2016/10/27 (Thu)

毛穴ケアには、PHがカギとなってくるようです。

弱アルカリ性の洗顔料で洗顔すると、毛穴が開いて汚れがよく取れる事は、お話したと思います。

すぐに毛穴を引き締まる方法が有ったのです。

水1リットルに対して、重層とクエン酸を小さじ1杯づつ入れて酸性水を作り、その酸性水で洗顔すると良いらしいの。

弱酸性に肌を素早く戻すことにより、毛穴がキュッと引き締まる。

これは、やってみると良い


毛穴の汚れは、やはり洗顔で取り去るのが一番のよう。

弱アルカリ性で開かせ、汚れを洗い流したら、弱酸性水で毛穴を引き締める。

pH-Balance.jpg

お借りしてきちゃいました ちょっと、こちらのサイトでお勉強しようと思う。

究極のスキンケア術はPHに辿り着くのかもしれませんよ

ついに来たのかも

さっちゃん 参考にしてみて

PH  PH    



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 石鹸で洗顔するのが良いらしいの ☆☆

kage

2016/10/20 (Thu)

弱アルカリ性の石鹸が使えれば、弱酸性より良いらしいの。

肌は弱酸性。

ですから、弱酸性の洗顔料やメイク落としは刺激が少ないと思われるのですが、弱アルカリ性で洗顔すると、弱酸性の肌の毛穴が少しの間(弱アルカリ性が刺激を与えるという事かな)開くらしいの。

ですから、毛穴汚れがよく落ちる。

石鹸シャンプーを使う理由に、弱アルカリ性のシャンプーのほうが、地肌の汚れがきちんと落ちるからというユーザーさんが多くてね。

ただ、髪に弱アルカリ性はキツクて、キューティクルが開いてしまうので、弱酸性に戻す酸性のリンスを使うと良いし、時間が経てば自然と弱酸性に戻りはするのだけど、今までたっぷりジメチコンで髪を滑らかにしてきた大人事情では、そう簡単に石鹸シャンプーには慣れない。

というのは私の場合なので、一概にすべての人がそうとは言えませんが、要するに余分な物を洗って流すという点では、弱アルカリ性のほうが優れている。

という事は言えるみたい。

弱酸性の肌に弱アルカリ性の成分が施されると、中和という反応が起こり、水の粒子を捕まえる力の弱い石鹸成分は、水で完全に洗浄成分を洗い流せるんだそうです。

ですから、肌が余分な成分をくっつけることなく、汚れは落ち、スッキリした肌に化粧水や美容成分の入りも良くなる。

全ての洗顔料がそうだとは言いませんが、弱酸性の洗顔料には、ほぼ合成界面活性剤が使われており、これは、石鹸のようには水で流しきれなく、肌に残る。

水は中性、弱酸性と弱アルカリ性が中和して、水と同じ中性になり、だから水と一緒にスムーズに流されていく。

弱酸性同志の洗顔は、水との親和性に優れず、水ですっかりは洗い流せないという原理かな。。

すると、すっかり洗い流されなかった洗浄成分により、次第に肌から潤いやターンオーバーを乱したりする。

現代には、水を弱酸性に変える浄水器のような物もあるのよね。

そう、こういった肌への影響の為にね

肌トラブルで皮膚科に行くと、

「洗顔フォームは止めて、石鹸で洗顔してくだい。」

「ボディソープを固形石鹸に変えてください。」

とお医者さんの指導が入るそう。

石鹸素地での洗顔。

私はとてもお気に入り

というか、お薦めしたいとも思える



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 毛穴ケア 専用ローション ☆☆

kage

2016/10/18 (Tue)

毛穴。

大人女性の大半は、この毛穴の開きや黒ずみに悩まされている。

肌の水分量やコラーゲン、エラスチン(肌の弾力を保つ成分)等が減り、ピチッと閉じてはいられなくなる大人の肌事情。

開きかけてくる毛穴に、皮脂がたまる。

その皮脂が酸化する ・・・・ 黒ずみ

毛穴の奥まで届かない洗顔料は、出来る限りの汚れを取ってはくれるが、真皮までつながっている毛穴の元まで汚れを取り去るのは難しく、適当に汚れを落とすが、穴が空いたままでは雑菌等が入り込んでは危険なので、肌の奥から皮脂膜を作って守ろうと皮脂が溢れてくる。。。。

その皮脂が酸化し ・・・・・ 黒ずみ

こうやって少しづつ蓄積されてきた毛穴の角栓詰まり。

角栓や汚れを取り去っても、毛穴を引き締めない事には、肌を護るために皮脂が出てきてまた詰まる。

詰まるというか、穴が空きっぱなしでは駄目である という原理なのよね。。

毛穴の汚れを落とす対策の一つに、そういえば、昔からオロナイン軟膏が良いと底辺で渦巻いていた噂のようなゆるい常識のようなことが有ったなと思い出す。

1 オロナイン軟膏を鼻に塗る

2 蒸しタオルで数分(タオルの温度が肌以下に下がってしまわないうち)蒸らす

3 洗顔料を使い、ぬるま湯洗顔を行い、冷水で毛穴を引き締めるようにする

オロナイン軟膏の油加減が良いのか?
蒸しタオルで毛穴を緩め、オロナイン軟膏が汚れを吸着してくれ、肌と変わらない温度で(毛穴を引き締めたり肌を緩ませたりしない温度)洗顔する事により、汚れを外へ洗い出す。

そして、冷水で冷やすことにより肌を引き締める。
この引き締めることによって、皮脂が溢れるのをやめるほうへ導く。

あとは、化粧水やクリームや乳液で、潤いを与え、ちゃんと肌護りも万全だよ と脳に指令を送るわけ。

理屈はこういうことなのだけど、どうだったかなぁ・・・・ 私は昔はうまく出来ていたんだったろうか

確かに、こんなオロナイン軟膏処方は、やってみる価値がある。


また、毛穴対策専用に出ている製品では、『ドゥボータのCローション』が目に留まる



ナノアルカリ電解水が毛穴の奥の汚れを取り除いてくれる という原理の毛穴ケアに特化した製品である。

洗顔を、このローションに変える という方法。

コットンにたっぷりローションを含ませ、拭き取り洗顔にしましょう というものです。

パラベンもエタノール系の防腐剤も使用していないので、洗い流さない方法でも安心だし、ブースターの役目も有り、化粧水の入りも良くなり、とにかく、毛穴の奥の汚れまで、ナノサイズの電解水が外へ運び出してくれるというの。

こちらも、一度は使ってみたいと思う


理想的なケアは、毛穴の汚れを綺麗に落とし、潤いに満たされた肌になり、コラーゲンやエラスチンもきちんとした形に並び、弾力のある肌になれば、毛穴など気にならなくなるのです。

汚れを有効に取り除くアイテム。

潤いを充分に与えるアイテム。

紫外線老化を起こさないようなアイテム。

さらには、LED光マスク等で、コラーゲン生成を促すような働きかけをする。

こういったステップを正しく踏んで続けることにより、間違いなく肌年齢は若返る。

毛穴にこだわりだすと、長期戦になることも間違い無し

少々毛穴が目立っても、さほど実生活に差しさわりなど無いのも事実

どこまで頑張るのかな


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ イオン導出 ☆☆

kage

2016/10/16 (Sun)

さっちゃんから、「毛穴の事にはあんまり触れないけど、どうしてるの?」としばらく前に質問が有り、見直してみた毛穴ケア。

炭酸パックでも、けっこうな効力は有るけれど、そういえば、エビス化粧品の美顔器ツインエレナイザーは、イオン導出も出来るんだった。

美容成分の導入のほうにばかり目を向けていたけれど、汚れをイオンの力で抜く事も出来るんだったと

イオンクレンジング

コットンをセットし、化粧水を含ませて、「クリーンモード」で行います。
モードの選択が違うだけで、導入も導出も特に操作は変わりません。

もう何年も手元に置いているのに、あんまり活躍させていなかったようです。

今までは、イオンクレンジングは、1分くらい、サラッと顔全体をなでるような使い方でした。

それを、ここのところは、3分程行うようにしています。

美顔器をすべらせるのではなく、一か所一か所に2~3秒置いて移動させます。

新しくなったツインエレナイザープロⅡは、顔に当たる作用面が、直径3cmほどの平たい面と、周囲に小さめの12個の丸い作用面が有り、この小さな丸い作用面が小鼻のトリートメントにとても使いやすいです。

美顔器3

あるかたのブログで、抜くスキンケアが難しい とおしゃってみえましたが、なるほど、入れるのは沢山あるけれど、抜く(取り去る)というのは数少ないなぁと思い直してみます。

丁寧にこのイオンクレンジングを行ってみたところ、毛穴の感じが変わり、これは、続けて行うときっと違うぞ

との確信めいた思いが湧いており、噂の家庭用美顔器ツインエレナイザー、ちゃんとアイテム持ってたじゃない。。。。

でも、使わないと何の変化も起きない・・・・・

ちょっとやる気が出てきました

また、最近では、あまり入れすぎない事に目が向いており、植物エキスの化粧水とオリーヴオイルでのスキンケアを続けそうです。

ヒーリングローション   20160714205815365_20161016141133be3.jpg

実はこのオリーヴオイル、コスパも大変良く、30mlの小瓶ですが、3か月以上使用していても、ローズの香りもそのまま。。

まだ、1/3ほど有り、夜1プッシュ、朝半プッシュくらいの使用頻度で、半年くらい使える感じです。

時々バスタイムに、オイルパックをすると一層肌がしっとりするので、その時は、5~6プッシュ使います。

メイクを落とすのは、haruのダブルスキンオフ。

ダブルスキンオフ

先日のビーグレンのオータムセールで、たまっていたポイントも利用してとてもお得に購入できたので、朝洗顔にはクレイウォッシュ

クレイウオッシュ

バラバラのブランドで揃えてしまっていますが、気に入った物を選ぶうち、こうなっているという事なのです。

石鹸素地で潤いを奪いすぎないメイク落ちは良いクレンジング。

クレイの吸着力に着目した、これも潤いを奪いすぎない朝の洗顔料。

イオンクレンジングによる、毛穴のお掃除。

とても気に入っているの

もちろん、子供のような毛穴など一点も見えないお顔ではないですが、『いちご鼻』ということにはなっていません。

また、ブログでは初公開ですが、最近のファンデーションは、ラフラのパーフェクトゲルカラーを愛用中です。

朝のスキンケアにオリーヴオイルを使うようになってから、以前のBBクリームファンデは合わなくなってしまったので、残念でしたが変えました。



このファンデも良くてね。

忙しい朝にさっとのばすだけで、UVケア、なかなかの毛穴隠し効果、夕方になっても乾燥も気にならないし、厚塗り感も無く、現在のお気に入りアイテムです。

ただ、haruから、ジメチコンを一切使わない、同じタイプのようなリキッドファンデが出てきたので、ちょっと気にはなっています。

そうそう・・・・この間サンプルを使ってみて、さすが現代の最新技術を駆使したオールインワンだな と思ったのは、ラフラのこのゲルでした。



という事で、現在のスキンケアは落ち着いており、ツインエレナイザーの再認識、石鹸素地でのクレンジング、クレイの吸着力による洗顔。

と、この3点が、現在の私の毛穴ケアポイント。

自然素材の化粧水と、シンプルなオリーヴオイルケアに落ち着いています



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 続けている健康茶 ☆☆

kage

2016/10/10 (Mon)

健康茶なのにおいしい『万能茶』


飲み始めて1年半くらい。

2015年1月16日 健康茶のページ

結局、万能茶(粋)のほうを続けています。

今年の6月の健康診断では、昨年・一昨年より、若干数値が減少模様。
ひょっとしたら、このお茶のおかげだろうか?
病的な数値ではないとしても、黄色信号の数値が上がり続けるのか? と思っていましたが、なんだか今年は若干良くなっていました。

毎日、煎じてお茶にしている。
家では、この健康茶と麦茶、ほうじ茶、緑茶が置いてある。

ジャスミン茶は、煎じてみるけど、コンビニで売っているあんな綺麗な色のジャスミンティーにはならず。

健康茶には、これだけの素材が使ってあるのだから、加齢により一般的に上昇気味になる成人病にブレーキがかかるはず。

img03.png

他には、発酵ドクダミ黒酢のサプリを飲用中。
こちらのサプリは、身体が温まるらしく、夏には汗がよく出るようになるので、夏は飲まない日が多かったけれど。
いよいよ、これからまた毎日飲むつもり。

酵素は、ベジーデルを置いてはいるが、ダイエットに使う1食置き換え用なので、おやつのようにして摂ると、食べ過ぎになるから、最近はほんの少しで毎日では無い。

万能茶(粋)400g×2個セット 1,000円(送料無料)をお試しした昨年1月から、濃く煎じはしないけれど毎日飲んでいると言って良い。

味も別に苦にならず、家では誰でも気にせず飲んでいます。

どうせ飲むなら、生活習慣対策にと謳われている、甘草・霊視・甜茶が入っている万能茶・粋のほうが良い

来年の健康診断はどう出るだろう??

取りあえず、今年の健康診断での数値は昨年より良くなっていたという事実は、健康茶のリピートを後押ししてくる。

私には、栄養を摂るというより、下げる というアイテムが必要なのよね

ご興味のあるかたには、ブルーの文字がリンクしています。
通常、1パックが1,200円くらいなので、この2袋1,080円のお試しセットはとてもお得になっています

くまもん頑張る と前回の購入時にはパンプレットが入っていました。
村田園さんは、熊本県。
商品は、問題なく、いつものように早く届けられました。
住所は、熊本県菊池郡となっています。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 炭酸パック ☆☆

kage

2016/10/06 (Thu)


先日も載せた泡ホワイトパック。

けっこう気に入って使用中です。

5プッシュくらいを使うと、炭酸のじゅわじゅわ感が1分以上続く事がわかり、5プッシュほどで使用中。

泡ホワイトパック 4_20160915220542eef.jpg

次の日の化粧ののりが良いので、続いています。

肌にのばすのも、慣れで上手くなり、均一にのびてじゅわじゅわパックを楽しんでいます。

簡単なのがとても良いです

2剤を混ぜてスパチュラでのばし、時にはたれて落ちたりしないのも使いやすく良いです


ところで、角栓についてなのですが、あるサイトを見ましたら、ニョッキリという角栓とは違いますが、ぷつぷつと余分に付いているように見える角栓は、未熟な肌なのだそうです。

そういえば、1年以上前だと思いますが、パックを乾かし過ぎたのか、めくるときに小鼻まわりの薄い皮膚まではがしてしまったように感じた事が有りました。

それからしばらく、クレンジングの強いものを使っていたので、特に角栓は見当たらずでした。

それが、純粋な植物エキスの化粧水とオリーヴオイルだけ、また石鹸素地のクレンジングを使うようになってから、このぷつぷつ角栓が現れ出したのです。

育ってきた未熟な肌と言われると、納得できる面も有り、無理にはがしてはいけません。。自然に任せましょうみたいな言葉に、そうかもしれないと思ったりしています。

肌が育つとは内面の角質層や真皮層のことだと思いますが、その変化により、ぷつぷつと未熟な肌が現れてきたんです と言われればそれも頷ける と思う今日この頃。

無理にはがさず、極力余計なことはしないように、現在は、そんなスキンケアになっています。

えぇ。。。。。 良いのかどうかはわかっていません。。

ただ、ちょっと気になってきたのは、オイルは酸化する という事。

オリーヴスクワランは酸化しないそうなので、そっちのほうが良いのかなぁ とか。

サンプルを使ってみたら意外にも良かったオールインワンゲルも有ったりしたので、ノンケミカルから遠ざかりますが、やはり、翌朝の肌のふっくら感が違う と感じてしまいました。

肌力を高める と言っても、年齢が

ケミカル頼み ・・・・・・ 当然の流れだなぁ

と改めて思います。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ