2010 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2010 11

カテゴリ:クレンジング(メイク落とし) の記事リスト(エントリー順)

☆☆ クレンジング ☆☆

kage

2016/09/04 (Sun)

スキンケアは、クレンジングがとても重要だと私の中で一つのポリシーが生まれています。
密かに・・・・いや・・・・何回もブログに書いたかな?(笑)

このメイク落としと洗顔がすごくこだわるべき処。

メイクはきっちり落としたい。
しかし、あまり肌に負担がかかることは避けたい。


「パルミチン酸エチルヘキシル」

パルミチン酸エチルヘキシルは、パーム油やモクロウから得られるパルミチン酸とエチルヘキシルアルコールからなる液状の油性成分です。

比較的粘度が低く、安定性にすぐれ、皮膚刺激も少ないので、皮膚に柔軟性を与えるエモリエント剤として、各種クリーム・メイクアップ化粧品などに配合されます。

肌をやわらかくして、汚れを落としやすくする という事を狙うなら、パルミチン酸エチルヘキシルは良いと思います。

D.U.O. ザ クレンジングバーム
は、定期購入で、2年くらい使ったでしょうか。

メイクもよく落ちるし、使ううちに肌がやわらかくなりました。

ザ・クレンジングバームには、炭酸ジカプリリルも配合してあり炭酸ジカプリリルもエモリエント剤。

あまり肌がやわらかくなると、今度はシワが目立つようなので、今度は、石鹸系のクレンジングを使用しています。

エモリエント剤のせいではないのかもしれないけど、おでこの皮膚がやわらかくなると、横ジワが目立つようになってきたように思いました。

5年も前に比べたら、肌はとてもやわらかくなりました。

潤いを与えて肌守り(保湿)を欠かさないのも重要ですが、メイクを馴染ませスルリと落としてしまう。

クレンジングは、1分以内に終わらせる。

綺麗に洗い流す。

私は、36度くらいの低温にしたシャワーで、かけ流しています。

合成界面活性剤については、汚れを肌から離すためにも水(ぬるま湯)でさっと流すためにも入っていても仕方ない成分だと思う。

合成界面活性剤は肌バリアを壊すということですが、それは洗顔中だけのことなので、1分以内に終わらせ、完全にクレンジング剤を洗い流す という二つを守り、洗顔後にちゃんとお手入れしてあげれば、そんなに問題ないみたいです。

合成界面活性剤と石鹸の違いは、環境的な事で、汚水が自然界の微生物で浄化できるのが石鹸のほうである。

という点が一番大きいかなと理解しています。

先程、さっちゃんから、毛穴の汚れに付いてはどう思う? とお電話があったところ。

毛穴は、そんなに簡単に毛穴が見えない肌にはなれませんよね。

気を付ける事は、

洗いすぎない。・・・ 洗いすぎると肌バリアを壊し、皮脂の分泌が過剰になる。余分な皮脂が角栓となり詰まる。これが酸化すると黒ずみとなってしまう。抗酸化作用にはビタミンCやAPPS、フラーレン、アスタキサンチン等が有効。

黒ずみを取ろうとバリッとはがさない。・・・ 穴を開けてしまうので、またそこを埋めようと皮脂分泌が活発化する。

肌(角質)がやわらかくなるような導きをする。

そもそも、何故毛穴が目立ってしまうのか?

子供の頃は、毛穴はもちろん有ったけれど、とても小さかったので、目立たなかった。

紫外線や乾燥により肌が硬くなったり、上手く洗顔出来ない事で皮脂が角栓となって詰まり出す。

こすらずに落としていくでは、酵素パウダー洗顔も良いね。
ドラッグストアで買えそうなのだと、コーセーの肌極みシリーズの 「洗顔パウダー」 が人気が高いようです。
ザラつきやゴワつきは、すぐに感じなくなり、詰まった角栓も徐々に分解していってくれるんだって

お試しする価値有り


頬の毛穴開きは、弾力の低下が一番の原因なので、汚れ落としとはまた違うね。


肌の柔軟性を狙いたいなら、D.U.Oはいけると思います。






そうだった。。それともう一つ、今一週間に1~2回くらい実行しているのは、ソフトピーリングです。

このバナーは美顔器にリンクしていますが、エビスのスキンケア製品のアスタリアプラス ピーリングジェルDXを思い出して使用中です。

ツインエレナイザー

ポロポロ出てくるのね
このジェルは、パパイン(パパイアから得られる酵素)や、ブロメライン(パイナップルの果汁と茎から得られる酵素)も配合されていて酵素様の効果も得られます。

また、ピーリング後も全然つっぱらなく、1週間に1度は、大掃除的に使用中です。

製肌成分、毛穴引き締め成分、セラミド等も配合してあるので、肌にはゆるやかなピーリングです。
ザラつきは一気になくなります。

このページのエビスさんのバナーからご覧いただくには、一番下の会社概要クリックにてエビスさんのホームページになりますので、そこから「スキンケア」タブをクリックされると、紫色のボトルで表示されてきます。


 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ haru ダブルスキンオフ ☆☆

kage

2016/07/31 (Sun)



haru ダブルスキンオフ

石ケン素地で作られた洗顔料。

メイク落としもバッチリの2度洗い無しの洗顔料です。

haruは、シャンプーを使っており、最初に使ってみたのは2014年7月なので、丁度2年くらい使っていることになります。



最初のブログページを見てみると、それまでシリコンでヴェールをかけていた髪に物足りないと書いており、抜け毛が怖いくらい多い時期であり、このシャンプーを使っても、抜け毛が増えた気がする と有りました。

しかし、頭皮への刺激が無かったので、結局、使い続けたわけです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今から思うと、石鹸シャンプーは弱アルカリ性なので専用のリンス等で弱酸性に戻さなければならず、石鹸シャンプーを使いこなすには、慣れるまでの時間や、それ相当のお手入れ知識が必要だったようですし、乾燥気味の私の肌にはちょっと無理が有ったよう。

最近、お試しに再度、当時とは違う液体状の石鹸シャンプーと弱酸性に戻すリンスを併用してみましたが、やはり石鹸シャンプーは私には難しいみたいです。

アルカリ性の洗浄成分だと、髪がキシキシになり、少々のリンスを使っても、とても無理でした。
たぶん、頭皮だけなら石鹸シャンプーとリンスは問題ないと思うけれど、頭皮には髪が10万本くらい有り、この髪にスムーズにブラシが通らないと、引っ張って頭皮に負担がかかるんだろうな と思いました。

th.jpg

キューティクルは、弱酸性の状態だと閉じていますが、アルカリ性だと開いてしまうので、洗髪後上手に弱酸性に戻さないといけないのですが、上手くいきませんでした。

また、頭皮は髪で守られている分、顔の肌より弱いのかもしれない。
毛穴が密集しているので、顔や体の肌とは違うようです。

開いたキューティクルから油分や水分が抜けてしまい、パサパサ髪になってしまうという原理。

石鹼シャンプーには断念です。
慣れるまで不快と奮闘しながら使いこなすという気持ちにはなりませんでした。

ただ、洗浄成分が石鹸素地なので、カチオン活性剤(陽イオン界面活性剤)や石油系の界面活性剤を使っていないという点で、こだわりのユーザーさんがみえるようです。

そう、人により、全然違うのよねぇ。。
千人いれば千パターンの使用感が存在する。
大きく分類すれば、合う合わないの2パターンですが。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

シャンプー発のharuさんからは時折ダイレクトメールが来るわけですが、ヘアケア製品に留まらず、洗顔料、オールインワン化粧水とスキンケア製品も発売されてきました。

このページの本題の洗顔料は、ダブルスキンオフと名付けられた、haruさんの新製品です。

ダブルスキンオフ

10の無添加 ダブルスキンオフ1プッシュ

朝の1プッシュは、くるくるっと軽く手で泡立たせこれくらいの感じ。

1プッシュ泡立て

泡で洗う洗顔料ではないので、特に泡立たせる必要は有りません。

まず、使用感からですが、石鹸素地にはとてもこだわりを持っておられ、上質な石鹸素地ですが、石鹸素地なので弱アルカリ性で、目には沁みます

石けんは、薄まると作用がなくなるので、体に浸透して害を及ぼすことはありません。目に入ったときは、きれいな水で洗い流しましょう。 という事で大した問題はありません。

石鹸素地なのに、メイク落ちはすごく良いです。
手のひらで混ぜ合わせる程度の泡立ちで使用しますが、くるくるっとなぜる程度で、すぐに洗顔料の中にファンデーションやウオータープルーフのアイラインも取り込まれ、とにかく落ちが良いです。

洗い上がりは、ぬるぬるせずに、しっとりです。

私の場合、小鼻の角栓がけっこう白く出てくるので、洗顔後には化粧水をひたした拭き取りコットンが必要です。

haruさんこだわりのご自慢の石鹸素地。

ココナッツオイルとエクストラバージンオリーブオイルをたっぷり使った石鹸のベース。

ココナッツオイル オリーヴオイル

pic_wskinoff_ct03.jpg

この石鹸ベースがダブルスキンオフの自慢の洗浄成分。
さらに、長時間熟成させて植物エキスや精油などの天然成分を独自ブレンドすることにより、陽イオンや石油系の界面活性剤を使わずにメイク落ちの良いクレンジング効果を持たせたという、ほんとにこだわりの製品でした。

きっと、納得できる物が何処まで製品化できるかという・・・・ある意味趣味の世界で造っちゃってるんだろうな なんて思っています。

お値段も私には高価。 税込3,780円の洗顔料。

節約は必至なのに。。。。。 2,000円に満たなくても、肌に優しい合成界面活性剤と謳われるクレンジング剤も有るのに。。

最近のささやかな贅沢・その2でした
定期購入にすると、756円offになり、3,024円。
3本セットで購入すると、25offとなり、1本当たりは2,835円になります。

20日間くらい朝晩使用で、半分くらい使用済み。
1本2か月は持たなそうかな。。


メインの洗浄成分の他、コメ発酵液やヨーグルト液、豆乳発酵液の3つの天然発酵エキスが肌の角質をゆるめやわらかくし、毛穴汚れを落としやすい状態にし、カオリンやモロッコ溶岩クレイ(ガッスール)で、毛穴の汚れや余分な角質を吸着。

潤いを満たす成分としては

水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アテロコラーゲン

ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸水

なんかが考えられ、潤いを逃がさない成分として

セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ

とちゃんとしたセラミドも配合されている。
(ちゃんとしたセラミドには、数字がついているんだそうです)

毛穴引き締めにアーチチョーク葉エキス。

コメ発酵液・豆乳発酵液・ヨーグルト液 等で肌を柔らかくした後に、毛穴を引き締めるので、角栓が顔を出してくるんだろうか。。

水添レシチンは合成界面活性剤ですが、安全性が高く、大豆由来の成分で、問題は無い成分と認識しています。


陽イオン(カチオン・アニオン・双性)界面活性剤、非イオン(ノニオン性)界面活性剤。。。。
電位の関係で、プラスイオン・マイナスイオン と耳慣れた言葉では、ドライヤーでもマイナスイオンを発生させるものが髪に良いとされる。。。

今一つ、ブログに書くには認識不足なので、別に仕事に関係あるわけではないけれど、勉強してみたい分野のように思っている。
昔にちゃんと学業に勤しんでいれば、難なく理解できる分野なのだろうか

と、違う疑問が湧いてくる
習っているときには興味は湧かず・・・・・・ こんな年齢になって、化粧品選びで興味を持つとは予想だにせず
何時でも勉強は出来るものなんだね



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ RAFRA 温感アロマメイク落としで、とても清々しい洗顔が出来てます ☆☆

kage

2015/04/09 (Thu)

この春は、【RAFRA】温感アロマのメーク落としを使用しています。

【RAFRA】人気NO1バームオレンジ、愛用している方の中には、もう10年間もこの洗顔ばかり という方もみえるようです。

ラフラ

毎晩のメイク落としを至福のリラックスタイムへ

とご提案してみえるのですが、ほんとに良い香りで湯船で眠ってしまいそうになったりするのです

オレンジのすごく良い匂い

ポイントメイクは、専用のリムーバーで落としてください と謳ってありますが、このバームオレンジでちゃんとアイラインも落ちますので、特にポイントメイクを他のリムーバーで落とすことは有りません。

以前、小さいお試しボトルを使用して以来遠のいていましたが、香りが忘れられなく、本製品をお取り寄せしました。

ラフラ2 ラフラ3

もっちりとしたテクスチャーの洗顔料です。

メイクと馴染ませていると、ポワ~ッと温かくなってきます。

くるくる1分ほどしたら、お湯と馴染ませてクレンジング剤を乳化させ、洗い流します。

この時、目の下の骨の上を指の腹で軽く抑えながら指をすべらせると、目の疲れにも良いです。

頬骨の下を親指で軽く押し上げるようにマッサージするのも、すごく気持ちが良いですよ。

顔も、けっこう疲れるんだな と思ったります。

マッサージすると、とても気持ちが良いから

洗い上がりは、ほんとにつるつる。

小鼻の角栓も、綺麗に取り去られます。

今回私が購入したのは、スクラブ入りのバームオレンジでした。

”みかん” のスクラブという事ですが、とっても細かいスクラブで、すこ~しぶつぶつした感じがありますが、このスクラブが見事に角質ケアもしてくれるので、つるつるの洗い上がりになるのでしょう。

とても良かったです





素敵な洗顔料です



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ セルフューチャー洗顔バーム バームでのクレンジングは肌に摩擦無く良いです ☆☆

kage

2014/12/08 (Mon)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

バームでのクレンジングは、肌の上をクレンジング剤が滑る感じで、摩擦が無いので良いと思います。

普段から、バームでのクレンジングを行っている私。

アプロス株式会社さんが、ご自慢のクレンジング・洗顔料、洗顔バームのモニターを募られたので、きっとこの洗顔料も良いだろうなぁ とモニター参加させて頂いております

パッケージはシンプルです。

パッケージにはあんまりお金かけてないみたい? それで良いのですが。
中身が肝心なので

製品価格は2,571円、定期購入なら2,057円と、こういったバームクレンジング剤の中では比較的低料金設定の製品です。

洗顔バーム到着

蓋を開けると、まずは最初に捨てる中蓋が有るので、それを取り除いてから使います。
外蓋に、はめ込むようにしまうスパチュラ付き。

洗顔バーム

バームのクレンジング剤は、固まっていて、このようにしっかりしています。
こうやって写真だけ見ると、バニラのアイスクリームのようです

洗顔バーム2

美味しそうだけど・・・・・もちろん食べたら美味しくないね。。

香りはダマスクローズとしてありますが、とても遠慮深い香りです。

パルミチン酸エチルヘキシルという成分が、バームの基材なのだと思いますが、この成分には毒性が有りません。
人工的に作られたベタつきのない油で、酸化安定性や使用感が天然油より良いので、多くの化粧品に使われている成分です。

この基材が肌に染み込まないので、すべりの良い摩擦の少ないスルスルとしたクレンジングになるのだと思います。

ユズセラミド、ザクロ果実エキス、イチゴポリフェノール、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタエキス、アーチチョーク葉エキスなどの美容成分配合です。

アーチチョーク葉エキスは、毛穴引き締め成分です。 美白効果も期待できるようです。

洗顔バーム3洗顔バーム4

冬場なので、肌にのせてからしばらく手の温度でバームをとろとろにしてから、顔にのせます。

ウオータープルーフのアイラインも綺麗に落とします。

このメイク落ちの良さは、天然のホホバ種子油がポイントのようです。

アイシャドーをしっかり使う人でも、綺麗に落としてくれるでしょう。

この洗顔料も、W洗顔は必要ないという製品。

洗い上がりもしっとりしていますし、毛穴汚れもきちんと掃除してくれます

ごしごしとメイクを落とそうとしなくても、スルスルと綺麗にメイク落としが出来るのは、バームならではの使用感かな と思いながら、いつもバーム洗顔をしています

洗顔バーム やはり良かったです

ブルーの文字からメーカーさんです。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ