2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:リフトアップ マッサージクリーム の記事リスト(エントリー順)

☆☆ マッサージクリーム ☆☆

kage

2013/03/20 (Wed)

取り入れようと始めたリフトアップマッサージクリーム

3つくらい、気に入ったものが有るので、それぞれの製品特徴をまとめておこう

今現在では、リピートをする前に3つは使ってみようと思っている物。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


まずは、ドクターシーラボ ジェノマーフェイシャルマッサージクリームを使用中。


「シアテアクミンギ葉エキス」・・リフトケア効果がある

「カルニチン誘導体」・・たるみの一因といわれる脂肪の蓄積にアタック

「アルガンオイル」・・肌を元気に目覚めさせ、透明感を与える

 6種類の植物成分・・ツヤとハリを与える

  「ハス胚芽エキス」「シナノキエキス」「ザクロエキス」

  「シラカンバ(白樺)樹液」

  「チャエキス」「オウゴンエキス」

「加水分解ギンバイカ葉エキス」・・加齢による様々なダメージから肌を守る

「ウルトラソムス」・・紫外線やストレスなどによるダメージから肌を守る

「ラミナリアオクロロイカエキス」・・肌のハリを高め、なめらかに整えるエイジングケア成分

「加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na」・・肌のすみずみまでうるおいを与える

主な成分アピールは以上のよう。

そう。。。香りは。。。お茶っぽい?・・ような・・少し甘いフルーツでもあるような・・でも爽やかなグリーンを思わせるような香りなの

お風呂上がりにゆったりと構えて、香りとマッサージ効果でリラックスタイム

至福の時間となります


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


次に、 コーセー コスメデコルテ バイタルサイエンス プレミアム リフト マッサージクリーム

トウガラシ果実エキス(保湿)を浸透させながら、マッサージ効果で肌の新陳代謝を効率よくアップ。

肌をキュッとリフトアップしたかのようなハリとツヤを実現します。

というくらいの商品情報しか見当たらないんだけど(店舗展開が主になってるコーセーさんだからだと思うけど)、使用した人のクチコミがとても良くて、使ってみたいかな という物。

トウガラシ果実エキス・・保湿としてあるけど、トウガラシだから、キュッとハリを与えるのも納得なのかな と思ったり。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


そして、ビーグレン フェイスマッサージクリームなんだけど。

効果がすごくよく出てくるのかもしれないので、使ってみようと思うけど、お値段が他2品に比べて、2倍なの。

容量から見ると。

ジェノマーと、コスメデコルテの物は130gだけど、ビーグレンのは50gで、3つとも同じくらいのお値段だから。

使用量も同じくらいだしね。

効果を出せば、そんなに飛び上がるようなお値段ではないので、まぁ・・良いのですが

1万円以上のこういったマッサージクリームはいくらでも有るから。

フォスファチジルコリン(レシチン)を肌の 角層の奥までしっかり浸透させながら、気になる部分の肌をすっきりひきしめるフェイス用クリーム。

「アセチルヘキサペプチド−8(アルジルリンまたはアルジレリン)」
 
 塗るボトックスとも呼ばれるスペイン産のペプチド成分です。
 
 筋肉の収縮は意識の有無にかかわらず脳からの指令によって行われます。
 
 表情は表情筋によって作り出されます。
 
 この筋肉の動きは脳から送られる指令(神経伝達物質)でコントロールされます。
 
 アルジルリンは、この神経伝達のルートに働きかけて、筋肉の緊張をやわらげ、表情ジワの軽減を促します。

「パルミトイルオリゴペプチド(マトリキシル3000)」

 2種のアミノ酸からなるペプチドが、繊維芽細胞を活性化させてエラスチンの生成を促し、肌にハリと弾力をもたらすことからマイクロエラスチンとも呼ばれます。

「パルミトイルテトラペプチド−7(マトリキシル3000)」

 4種のアミノ酸からなるペプチドが、優れたアンチエイジング効果をもたらし、シワやたるみを改善してふっくらと弾力のある肌を取り戻します。

 加齢により増えるインターロイキンという物質が引き起こす炎症反応によって組織の再生が遅れ、組織が堅くなり、それがくすみやしわの原因、つまり老化を招きます。

 パルミトイルテトラペプチド-7には加齢によるインターロイキンの増加を抑える作用があり、結果としてお肌の老化を抑える働きがあります。

と、ここまではエイジリンクルクリームと同じ。

主な特徴は、

「レシチン(フォスファチジルコリン)」

 高純度に精製されたレシチンはフォスファチジルコリンと呼ばれ、美容クリニックで『メソセラピー(脂肪溶解注射)』に使用されるアミノ酸の一種で、脂肪の分解を助ける大豆由来の成分です。

 脂肪を分解して体外へ排出し、新たな脂肪の蓄積を防ぎ、ゆるんだフェイスラインをすっきりと引き締めます。

「グリコール酸 」

 サトウキビや未熟なブドウの果実や葉に含まれている有機酸で、ターンオーバーや血流を促進させます。角質を柔軟にしたり、コラーゲンの合成を促し老化の予防に役立ちます。

「カフェイン」

 お茶やコーヒーに含まれ、脂肪の分解を助け、フェイスラインのひきしめに役立ちます。


他にも含む成分は有りますが、リフトアップに効く成分はこういった物みたい。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


それぞれに良さそうなので、順番に試して一つと決めるべきなのか

3つ揃えて、1週間か10日くらいでワンサイクルするようにいろいろと使ったほうが良いのかもよくわからないんだけど。

普通は、一つを使うのかな。。

いろいろ使うと、それぞれの刺激が取り入れられて、それぞれの良い所を取り入れられそうな気もするのだけれど。

よくわからない。。。

欲張りすぎかな(笑)

リフトアップでは、内心気になっているのが、シーラボの定番品「金のリフト」ではあるんだけど。。

まだ、エイジリンクルクリームも使い始めたばかりだし。

化粧水がとても気に入っているので、ビーグレンも使いたし。とか。。

両方は使えないし 等々・・・

美顔器も有るしね。。

1週間くらいのサイクルであれやこれや取り入れると、なかなか忙しい

そう言えば、夜は、飲みに行くような事は皆無になっています。

それが良いのかどうかはわからないけれど。

私は、これで落ち着いて、納得してるのねぇ

ただね、ポリフェノールがアンチエイジングにも良いから、赤ワインを置いて、毎日少し就寝前に飲むようにすると良いかなぁ とは思ってるのね




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ