2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

カテゴリ:スキンケア の記事リスト(エントリー順)

☆☆ 合成界面活性剤フリー製品 ☆☆

kage

2017/10/17 (Tue)


自分勝手に綴っています。。。。

≪ブルークレール≫

ローズクリームリペアコンセントレート ・・ 30g 14,040円

・ 水 ・ プロパンジオール ・ 植物性スクワラン ・ ステアリン酸
・ ベヘニルアルコール ・ トリグリセリル ・ ミツロウ ・ 乳酸桿菌/コメ発酵物
・ テオブロマグランジフロルム種子油 ・ アルギニン ・ レイコウノストック/ダイコン根発酵液
・ ホホバ種子油 ・ アルガニアスピノサ核油 ・ シア脂 ・ クリスマムマリチマムカルス培養液
・ アルゲエキス ・ アラリアエクスレンタエキス ・ リモニウムゲルベリエキス
・ 水溶性コラーゲン ・セラミド3 ・ セラミド6 ・ スフィンゴ糖脂質 
・ リン酸アスコルビルMg ・ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na ・ アセチルヘキサペプチド-8
・ ヘキサペプチド-10 ・ ビサボロール ・ コンドロイチン硫酸Na ・ プラセンタエキス
・ ダマスクバラ花エキス ・ ダマスクバラ花水 ・ アケビエキス ・ オウゴン根エキス
・ クズ根エキス ・ マグワ根皮エキス ・ ドクダミエキス ・ ビワ葉エキス
・ キハダ樹皮エキス ・ ヒアルロン酸Na ・ シロキクラゲ多糖体 ・ アロエベラ葉汁
・ レシチン ・ ダマスクバラ花油 ・ マンダリンオレンジ果実エキス ・ ビターオレンジ果実エキス
・ オレンジ果皮エキス ・ トコフェロール ・ グリセリン ・ アスコルビン酸
・ クエン酸 ・ マルチトール ・ 乳酸 ・ ポリ-ε-リシン

ミツロウが乳化?  ステアリン酸も乳化作用が有り、抗菌効果もあるらしい。
乳化作用を期待してのミツロウの割合が少ないので、なめらかなクリームだと想像できる。

ベへニルアルコールにも、乳化安定や増粘効果が有り安全性の高い成分とのこと。
ヘアケアのコンディショナーに配合されていると、石鹸シャンプーで洗った後のキシミがいっきになめらかになる。
頭皮を保護する効果もあるらしい。

セラミドから、ビタミンC、プラセンタ、ヒアルロン酸やコラーゲンはもちろん、上質なオイルや、抗炎症作用のドクダミエキスなどなど、使用したい成分がたっぷり配合されており、理想的なクリームのように感じられる。
香りは、オレンジやダマスクローズのとても良さそうな香りがしてくるように見受けられる。
サンプルやテスター用の販売は無いのかな?
しかし、気に入ったら買いたくなるから困るかも・・・・


≪マルティナ≫

ネロリクリーム ・・ 15ml 3,240円

・ 水 ・ オリーブ油 ・ ローズヒップ油 ・ アボカド油 ・ ラノリン ・ ミツロウ ・ シア脂
・ カカオ脂 ・ ニンジン種子油 ・ プロポリスエキス ・ ハチミツ ・ パンジーエキス
・ カンゾウエキス ・ フユボダイジュエキス ・ ハマメリス水 ・ ダマスクバラ花水
・ ヒポファエラムノイデス油 ・ トコフェロール ・ オレンジ花油 ・ 香料


マルティナは、合成界面活性剤等フリーで、世界的に名の通ったオーガニック製品である。

使用説明を読んでみると、化粧水の後、乳液とクリームを好みのテクスチャーに自分で調整して、塗るという。

また、夜のお手入れクレンジングミルクは、2度使用し、2度目はきれいになった肌をマッサージして必要な成分を与え、それ以上は何も塗らず、夜に自分で活性する肌力を存分に発揮させよう というコンセプトである。

もちろん、ユーザーの自由なので、必ずそうしなければならないということではない。

しかし、なるほど、理想的な考え方だと思う。

ドイツのオーガニック製品で、ユーザーも多く、歴史も長いブランド。
1986年設立だから、30年ほど。
徹底した品質管理が製品に現れていて、支持され続けているBigブランドである。
世界で11カ国に販売が展開されているらしい。

肌質によるシリーズ展開も多い。

一度、アボガドオイルが前面に押し出されたアイクリームを使用してみたけど。
確かに守り効果は万全だったけど、クリームだけ使用だったからだと思うけど、肌に浸透して効かせるような感覚は持てなかった。

安価ではないが、高価すぎるわけでもない価格帯も良いような気がする。

しかし、ブルークレールのご自慢クリームと比較すると、まあ、お値段の付け方はこんなものなのかも。。

それぞれ、高くも安くもないのかも と思ったりもしてみる。
しかし、人により、どこまで必要で、そこまで必要は無いのか。

成分表だけを見ながら、ここまでいろいろと思いを巡らすことが出来るのも、素敵な製品だからかな?

そして、いつまでも、いろいろスキンケア製品を思うのは、肌がかんばしくないと思うから。。
なんてったって、年齢肌だから。。。。。。。。。。

一番高い、最高に良いとされる製品を使ってどうにもならなければ、すっきりあきらめがつくのかも。

現在はまだ有るクリームを使用中。
特に悪さがあるわけではないので、リピートするか、違った製品を買うかは未定。

ブルークレールは無理だな。。


≪Zto≫

ナチュラルエマルジョンモイスト ・・ 50ml 4,644円

・ 水(Ztoイオン水) ・ グリセリン ・ 乳酸Na ・ オリーブスクワラン
・ マカダミアナッツ油 ・ カラギーナン ・ シルク ・ 乳酸桿菌/アルンジナリアギガンテア発酵液
・ レウコノストック/ダイコン根発酵液 ・ コムギ胚芽油 ・ ムクロジエキス

この製品は、界面活性剤を一切配合しないので水分と油分が分離し、使用前に振って使う事になる。
完全に乳化剤を配合しないと、こういう事になる。

また、シルクには肌を再生させる力が有るらしく、Ztoの製品の他にも、シルク配合のクリームが、ファミリー使用の万能クリームとしてヒットしているものが有るみたい。

ェイスエッセンス ・・ 30ml 7,344円

・ 植物エキス ・ チューベロース多糖体(月下香エキス) ・ ヒアルロン酸Na (バイオ)
・ ダイズエキス ・ オタネニンジンエキス ・ 加水分解酵母エキス ・ ローヤルゼリーエキス
・ 甘草フラボノイド ・ 水(Ztoイオン水

エマルジョンモイストは水が多く乳液状だけど、こちらのエッセンスは、濃厚なテクスチャーらしい。
界面活性剤を配合しない為に、いっそのこと、水が無ければ乳化させる必要は無いということから原液感覚の製品。


≪アムリターラ≫

アスタラディエンスクリーム ・・ 30g 4,800円(税抜)

・ 水 ・ シア脂 ・ グリセリン ・ パルミチン酸 ・ ホホバ種子油 ・ ステアリン酸
・ エタノール ・ スクワラン ・ ベタイン ・ アンズ核油 ・ ヘマトコッカスプルビアリス油 
・ ラジアータマツ樹皮エキス ・ トコトリエノール ・ ビサボロール ・ ローマカミツレ花エキス
・ チャ葉エキス ・ ローズマリーエキス ・ セラミドNP ・ ヒアルロン酸Na
・ サリックスニグラ樹皮エキス ・ レウコノストック/ダイコン根発酵液 ・ キサンタンガム
・ レシチン ・ 水酸化K ・ ナツミカン果皮油 ・ トコフェロール ・ ダイズ油

こうやって並べてみると、選びやすいかも。。

こうやって並べてくると琉白のデイモイストクリームも並んでくる。

≪琉白≫

月桃デイモイストクリーム ・・ 30g 3,960円

・ 水 ・ オリーブ油 ・ グリセリン ・ ゲットウ葉水 ・ パルミチン
・ BG ・ ホホバ種子油 ・ ステアリン酸 ・ スクワラン ・ ゲットウ根/種 子/茎エキス 
・ アルガニアスピノサ核油 ・ グリチルリチン酸2K ・ シア脂 ・ オリーブ葉エキス
・ ポドカルプストタラ木エキス ・ ヒマワリ種子油 ・ ラウリン酸ポリグリセリル-10
・ キサンタンガム ・ サリックスニグラ樹皮エキス ・ レウコノストック/ダイコン根発酵液
・ ゲットウ葉油 ・ ニ ュウコウジュ油 ・ ローズマリー油 ・ 水酸化K ・ トコフェロール



≪ムクティ≫

ネトラアイクリーム ・・ 7g 1,600円

・ 乳脂(ギー、無塩バターを精製したもの) ・ ミツロウ ・ アンマクロ果実(アマラキ) 
・ セイタカミロバラン果実(ビビタキ) ・ ラベンダー油 ・ ミボウキ油(バジル油) ・ ティーツリー


アーユルヴェーダというインド医学に基づく、ギーの良さ。

眼精疲労や目の疲れが取れる というクチコミが多い。

まつげが増えてきたとか。。 クチコミは見きれないほど。


≪24コスメ≫

プレミアム オールインワンナチュラルクリーム ・・ 45g 4,076円

・ ツバキ油 ・ ミツロウ ・ クマザサ葉エキス ・ ドクダミエキス ・ ビワ葉エキス 
・ ヨモギ葉エキス ・ ショウブ根エキス ・ シャクヤクエキス ・ ボタンエキス 
・ ニオイテンジクアオイ油 ・ アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油) ・ アボカド油 
・ 水 ・ エタノール ・ トコフェロール


いまだにオールインワンに決めきれない。

グリセリン無しのオールインワン。


使ってみたいのが沢山

顔が一つでは足りず??

悩む悩む。。。。。。。。

何と嬉しい悩みでしょう  ってことよね

トリロジーも良さそう。。。



 


☆☆ 合成界面活性剤について考える ☆☆

kage

2017/10/03 (Tue)


(このページは読んで戴くようには書いていないので、読みきるのはおっくうなページになっています)


現在使用中のスキンケア製品はこんな成分。

≪クレンジング≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・ヒマワリ種子油  ・グリセリン
・パルミチン酸エチルヘキシル  ・アンズ核油  ・ステアリン酸グリセリル(SE)
・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル  ・ステアリン酸  ・セタノール
・レシチン  ・ルリジサ種子油  ・α-グルカンオリゴサッカリド
・ポリムニアソンチホリア根汁  ・マルトデキストリン  ・乳酸桿菌  
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・レスベラトロール  ・ユビキノン
・アーモンド油  ・リン酸アスコルビルMg  ・ココヤシ果汁  ・アラントイン
・酢酸トコフェロール  ・ハイビスカス花エキス  ・パンテノール
・フェネチルアルコール  ・エチルヘキシルグリセリン  ・アンズ果実エキス
・バニラ果実エキス  ・オレンジ果皮油

オーガニック製品だが、ステアリン酸グリセリル(SE)を配合。
ステアリン酸グリセリルに(SE)と付いた物は、自己乳化型と言い、界面活性剤として強くなるそう。
そのぶん、製品に滑らかさが増し、使い心地は良くなる。
ステアリン酸グリセリルは食品にも利用される合成界面活性剤である。

----あるサイトから、ステアリン酸グリセリル(SE)について抜粋してみた---

ステアリン酸グリセリル(SE)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

複数の安全性データシートを参考にしたところ皮膚刺激性や毒性はなく、アレルギー(皮膚感作性)の報告もなく比較的安全性の高い成分であると考えられます。
石けんや洗顔料などの洗い流しの製品は問題ないのですが、乳液やクリームなどのつけっぱなしの化粧品の場合、ステアリン酸グリセリル(SE)に添加したものがアニオン界面活性剤(石けん)だと刺皮膚刺激や肌荒れが起きる可能性があります。

ただし、現在は成分設計や配合量によって肌に刺激がほとんどない処方も確立しており、大手化粧品会社をはじめ多くの化粧品会社が塗りっぱなしの化粧品にも配合しているので、基本的には刺激がないと考えられます。

また、昔は石けん添加が主流でしたが、近年は皮膚刺激の懸念などもありモノ脂肪酸グリセリル(ノニオン界面活性剤)の添加が主流になってきていることや乳液やクリームなどのスキンケア化粧品に配合されていても肌トラブルなどの問題は聞かないことも安全性が高いことの裏付けになると思われます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアリン酸グリセリル(SE)は■■(∗1)となっており、界面活性剤ということで毒性の懸念ありということになっています。
∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。


--------------------------------------------------------------
他の文献には、合成界面活性剤は体内に浸透すると、肝臓や腎臓で分解されないため、肝臓や腎臓の機能に影響を及ぼすこともあるとされているのです。
ちなみに、上記のクレンジング剤は、ステアリン酸グリセリル(SE)が■■、フェネチルアルコールは香料・防腐剤で■、オレンジ果皮油が香料、精油で■ 

■4個となり、使用不可製品となってしまう。

しかし、現在、使い心地に問題なくメイクはよく落ち、ミルクタイプなのでその後自家製固形石鹸で軽く泡洗顔をしている。
自家製固形石鹸は、オリーブ油・パーム油・ココナッツオイル・ひまし油を原料としている。

すっきりさっぱりしっとりとした洗顔後の肌で、使用感で問題は感じられない。


≪ブースター≫
・アデノシン一リン酸二ナトリウムOT
・グリチルリチン酸2K
・濃グリセリン
・スクワラン
イソステアリン酸ポリグリセリル
・アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
イソステアロイル乳酸Na
ステアリン酸ポリグリセリル
・無水エタノール
・パラベン
・水酸化Na
・精製水

このブースターは合成界面活性剤を3種類も配合。

合成界面活性剤だけで、■6個、その他、防腐剤や合成ポリマー配合なので、合計8個の■は簡単に見受けられる。

毒性判定辞典では、もっての外のダメダメケア製品である。
しかし、ブースターはそもそも、美容成分を肌に浸透させるために、肌バリアをわざわざ壊すことを良しとしているので、合成界面活性剤の使用など、当然のアイテムなのである。

肌に塗布しても、刺激は一切無い。
使い始めて1週間ほど、特に変化は感じていない。
ただ、肌が柔らかくなるみたい。

この製品の狙いは、肌のデトックス。
ターンオーバーを促進し、メラニン等を早く浮上させ、老化角質として外へ追い出していくみたいなコンセプトの製品である。

イソステアリン酸ポリグリセリルについては、どうもノエビアが開発した原料らしく、口紅のつや感やうるおい感を出すために、粘度を必要とした産物らしい。

肌表面のなめらかさの為に配合してあるのか?

ステアリン酸ポリグリセリルについては、ステアリン酸ポリグリセリル-10が正式名称か?
ステアリン酸ポリグリセリル、食品添加物のように見受けられる。

親水性乳化剤、分散剤、植物由来の脂肪酸を使用、水溶性、HLB15.0  ・食品添加物
界面活性状態では、可溶化、乳化、分散

難しいが、人が尽くした英知の賜物か。。。

体内に入ると分解されず、肝臓等に溜まる一方の合成界面活性剤では有るらしい。
化学合成されたものは体内では分解されない ・・・ それは解るような気がする。
このブースターは医薬部外品なので、普通の化粧品よりは薬という毒に近づく。
効き目は有る。

30日くらい使用すると、ターンオーバーの1周期を終えるので、効果が表れるらしい。


≪化粧水≫
・ヘチマ水
・ダマクスバラ花水
・月桃葉水
・褐藻エキス
・ローズマリーエキス
・ソウハクヒ
・桃の葉エキス
・ユキノシタエキス
・クマザサエキス

この製品は文句なしの毒性無しローション。
そして、潤いを満たし、とても良い化粧水だと思ってまた使い始めている。

グリセリンは無配合だけれど、褐藻エキスがその役割を果たしているみたい。

これは、秋口から使い始め、真夏には、ブルガリアンローズ水だけをローションとしていた。


≪アイセラム≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・グリセリン  ・セタノール
・ステアリルアルコール  ・ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス  
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・ラミナリアディギタータエキス
・ヒアルロン酸Na  ・マグノリアオフィシナリス樹皮エキス
・ボスウェリアセラタエキス  ・パンテノール  ・アラントイン
・ローズ水  ・マイカ  ・加水分解コメタンパク  ・PCA-Na
・リン酸アスコルビルMg  ・カニナバラ果実エキス  ・ザクロ種子油
・チャ葉エキス  ・ルイボスエキス  ・フェネチルアルコール
・エチルヘキシルグリセリン  ・酢酸トコフェロール

この製品はクレンジングと同じブランドの製品。
ジェル状で、みずみずしいテクスチャー。
刺激も無く、合成界面活性剤フリー(不使用)のようだ。

使用感は、塗布した時の気持ちよさはあるものの、効果について即効性は感じられない。
この製品はまだ、10日ほど使用のみ。

フェネチルアルコールで■1個。 香料。

効果という点では、トータルリペアアイセラムには届かない。


≪保湿クリーム≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・ヒマワリ種子油  ・ホホバ種子油
ステアリン酸グリセリル(SE)  ・シア脂  ・グリセリン
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・セタノール  ・ステアリン酸
・クコ果実エキス  ・酢酸トコフェロール  ・ラウリン酸グリセリル
・ヒアルロン酸Na  ・パンテノール  ・アラントイン  ・ビサボロール
・レスベラトロール  ・ユビキノン  ・ルリジサ種子油  ・月見草油
・キサンタムガム  ・リン酸アスコルビルMg  ・リボフラビン
・チャ葉エキス  ・ハイビスカス花エキス  ・フェネチルアルコール
・エチルヘキシルグリセリン  ・アンズ果実エキス  ・バニラ果実エキス
・オレンジ果皮油

合成界面活性剤2種類で、■4個 香料(自然原料)が2点有り、■2個
すでに6個の悪玉になってしまった。

これもクレンジングと同じブランドの製品である。

使用感はとても良い。
伸びが良く、朝起きた時の肌がなめらかに感じる。
香りもとても良く、気分が良い。
こちらのブランドの製品は、1か月以上の使用期間になっているが、最初の内は、ちょっとピリピリ感が有った。
今はもう無い。
このブランドのクチコミには、このピリピリ感が多い。

ローズ水は、香りが良いが、濃厚なものだとけっこうヒリヒリ感じる事も有る。

フェネチルアルコールは、ゼラニウムやバラ、カーネーション、ヒヤシンス、キンコウボク、ネロリなどの植物の精油に含まれている成分です。甘さやグリーンっぽさ、可愛らしさ、そしてフローラルな香りを演出するには、フェネチルアルコールをメインに他の香料と組み合わせて使用されています。人気の高い香りで、この香りが苦手という人はあまりいないのではないかと思います。

フェネチルアルコールには抗不安作用があることが確認されました。つまり、癒しの効果が科学的に裏付けられた形と言えます。


と言った文献を見つけたが、フェネチルアルコールに限らず、植物だからといって、すべての人に刺激が無いわけではない。
植物エキスには、結構強いものもある。

このクリームに変えた理由は、植物オイルと植物エキスだけで作られたかのようなグリセリン配合、水添レシチンだけを界面活性剤に使用した化学成分フリーというオールインワン製品を使用していたが、夏の季節になったからか、分泌物が多くなると同時に、朝起きた時の鼻の毛穴開きが目立ってきたからだった。

今使用中のクリームを使いだしたら落ち着いた。
好転傾向だったと言える。
べたつきが少なく、でもけっこう保湿効果が有ると言えると思っている。
香りも良くけっこうお気に入りだが、合成界面活性剤不使用製品なら、もっと肌が違うのかもしれないなどと、自分の肌状態をさておき、理想を求めたりしている。


≪朝の保湿クリーム≫

朝のクリームには、上記と同じブランドだが、オイルフリーの製品を使用中。
夏には、このクリームのほうが化粧崩れしなかった。
もう少し乾燥の季節になってくると、このクリームでは物足りなくなるかも。

・アロエベラ液汁  ・水  ・グリセリン  ・炭酸ジカプリリル  ・セタノール
・(サッカロミセス/キシリヌム)/紅茶発酵物  ・ステアリン酸グリセリル(SE)  ・パルミチン酸エチルヘキシル
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物  
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス  
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・パンテノール ・アラントイン
・ステアリン酸  ・コーンスターチ  ・アサイヤシ果実エキス
・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス  ・酢酸トコフェロール  ・スクワラン
・リン酸アスコルビルMg  ・チャ葉エキス  ・ハイビスカス花エキス
・フェネチルアルコール  ・エチルヘキシルグリセリン
・オレンジ果皮油  ・パルマローザ油

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

合成界面活性剤フリーとなると、乳化とかクリームの基材にミツロウや植物オイルがメインとなってくる。

≪バルサム≫
・ゴマ油
・ミツロウ
・ホホバ油
・トコフェロール(小麦胚芽由来)
・トウキエキス
・シコンエキス

このバルサムは、ちょっと独特な匂いが有る。
一晩全顔に塗布してみたが、朝の顔がいつものクリーム塗布時より、でこぼこしている感じがして、蓋をしたままになっている。
まだ使わないとは決めていない。
シコンエキスに美肌効果があるとされているから。


≪バルサム≫ ・・・ 未使用検討中
・マカデミアナッツ油
・ミツロウ
・ゴマ油
・ツバキ油
・ムラサキ根エキス
・ローズマリーエキス
・カニナバラ果実エキス
・ガリカバラ花エキス
・トウキ根エキス
・ワレモコウエキス
・ゼラニウム油
・ローマカミツレ花油
・ダマスクバラ花油

あんまり次から次へと買うのも無駄遣いな気がして、未使用の良さそうなバルサムはまだ手元に無い。


実は、合成界面活性剤が全く入っていないなめらかなクリームを見つけたが、お値段14,000円。。。。

とてもためらっている。

そんなにきれいになる目的も無ければ、もったいない感覚も有るし、私には高価だから。


以上のような事が頭の中を巡っている・・・・そんな今日この頃である


 

☆☆ マカダミアナッツオイル ☆☆

kage

2017/02/19 (Sun)

スキンケアオイル。

オリーブオイルを使っていたが、クリーム作りをきっかけにオイル専門店を知り、3種のオイルを手元に置いてみた。

オイル3種

グレーブシードオイル、ホホバオイル、マカダミアナッツオイルだ。

クリーム作りに3種のオイルを混ぜて作ったんだった。

それ以後、朝はそのクリームをのばすと重く後からのせるクリームファンデがムラになったりするので、朝は、薄くオイルをのばしている。

その際に、3種のオイルを1種類づつ何回かのせてみて、結果、マカダミアナッツオイルが一番合っている事がわかりました。

グレープシードオイルは、脂性肌の人にお勧めできると説明が有り、乾燥肌の私には物足りなかった。

ホホバオイルもあっさりしていて、イマイチ、夕方まで保湿が持たない感じ。

マカダミアナッツオイルだと、ファンデーションの邪魔にならない。それでいて長時間しっとり感が得られる。

マカダミアナッツオイルは、業界では消えるオイルと言われていて、とても浸透性の高いオイルとのこと。

けっこう、ねっとり感があるテクスチャーなのに、確かにいつまでもネチネチはしていない。

毎朝使うので減りが早く、前回のブログの成功したフェイスクリームを作る際にリピートしたオイル。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、乾燥肌にはとても良かった

最近では、グレープシードオイルはメイク落としに使用している。

捨てるのももったいないから。

すべりが良く、メイクともよく馴染み、W洗顔は必要だけどクレンジングオイルとしては優秀である

自分で潤いを保てなくなった年齢肌にはオイルは有りがたい存在となったのである

当初(ブログを始めた頃)はあまり与えすぎないように、自分で潤う力に期待した との思いも有ったけれど。。。。。

肌の水分を保持するヒアルロン酸含有率は、年齢20代を100%とすると、30代では70%、50代では40%、60代では20%強くらいに著しく減少していくのだから。

20台の頃の半分くらいしか力が無いとなると、与える事と逃がさない事。

肌が作り出す天然のクリームである皮脂も20代に比べると40代は半分になり、閉経を迎える50代に向かってさらに減少すると言われている。

ようやくあきらめがつき、少々重い感じがするスキンケアも苦にならなくなってきた

本当のエイジングケアはこれからだった



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ ローヤルゼリーもっちりジェル オールインワン製品も良いものが沢山有ります ☆☆

kage

2015/12/06 (Sun)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

株式会社オージオさんのモニターに参加しています。

オールインワンのスキンケア製品、お手軽で良いですし、潤いも潤い持続もとても良くなっています。

この『ローヤルゼリーもっちりジェル』は、化粧水・美容液・クリームと3点くらいは使わないとやはり潤いや保湿が得られない というのは古い常識であると思わせてくれる製品の一つとなりました。

ローヤルゼリーもっちりジェル ジャー

無香料・無鉱物油・旧表示指定成分無添加。
敏感肌の方に使いやすい仕様になっています。

カプセルインしたローヤルゼリー、ヒアルロン酸、コラーゲンが乾いた肌にぐんぐん浸透して潤いを与え、セラミド、もち米エキス、出雲湯村温泉の温泉水、果物や高麗人参(オタネニンジン)、アロエベラ、シャクヤク等、37種類もの美容成分が理想の肌状態に整えるというこのもっちりジェル。

容器は、プラスティック製、中蓋、スパチュラ付の製品でした。

スパチュラ付 ジェル

ローヤルゼリーの色が優しく、無香料ですので特に香りはつけてありませんが、世界的なオーガニック製品のアイクリームと同じ匂いがするなぁ と思いました。(偶然今使ってみているものです)
原料の香りでしょうね。柔らかい匂いでなんだか安心感が生まれます。

ジェル2 ジェル4

とてもテクスチャーにこだわった製品のようで、やわらかいするするのびるジェル。

すごく浸透が良く、初めて顔に塗布した時には、ほわっと顔が温まるようなジェルでした。
私の最近ではカプセルインした製品を使用していないので、ちょっとお久しぶりの感触でした。

塗布直後 馴染ませた後

塗布したすぐはチカチカと肌表面にのっていますが、馴染ませるとしっとりと落ち着きます。

また、とても軽いジェルです。
軽いと言ってももちろん重さでは有りません、浸透したあとはしっとりしているけれど、とてもさらっとしていて、使用感がとても軽いのです。
そして、確かにしっとりしている感じが持続します。
夜塗って寝ると、翌朝顔を洗うまで、きっちり乾燥から守ってくれています。

化粧下地の役目も果たしてくれるので、朝はこのジェルのみでOK。
全くメイクの邪魔はしないので、綺麗にファンデーションも乗ります。
オールインワン製品は、肌表面でモロモロする というのは、もうとっくに過去の使用感になっています。

このもっちりジェルも、浸透させるべき成分はすっと浸透し、肌を守るべき成分はちゃんと肌表面に留まり、しっかりスキンケアをしてくれる製品でした

今ですと、もっちりジェル500円モニター体験が出来るので、冬本番を向かえ乾燥対策を考えている方にはお得な期間です。

更に、もっちりジェル912円定期、定期購入をされる方には初回に限り、75g 3,800円の通常製品が912円で使う事が出来ます。

オールインワンもここまで来たか。。。。 というモニター体験でした



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ そして、今の肌はこんな感じ ☆☆

kage

2015/09/28 (Mon)

2015年9月28日 本日のお顔。。

今の肌

年数も経ってきたのでシワがまた少し有るけど、前ページのお顔と比べると、

110625_2220001彩度50up15カット 110727_0714271彩度50up15カット

なんとなんとこの肌のなめらかさの違い

シミなんて全然違うし

化粧品ってすごい!!

ケラー博士が 「肌は若返ります!」

信じるより他無いわね と私は思うのです。

美魔女にまではならなくて良いので、持ち直したお肌の維持をするべくね。。

必要な化粧品は買って過ごしていきたいな と、スキンケアに一生懸命になったこの数年間に、ピリオドかな


やれば出来ると思いませんか??

肌に関しては、何時からでも、何とかなるものなんだな 

とわたしは実体験を致しました

ブログでお伝えすると言う特権で、多くの化粧品に出逢い、主に使ったのはビーグレン製品でしたが、きっとトラネキサム酸も良かったのでしょうし、EGFやFGFといったペプチドも肌再生力が有るとわかりました。

化粧品ってすごいね

値段を落として使っているのは、現在はこちらの琉白に落ち着いています。




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 新日本製薬さんがオールインワンジェルを出されてました ☆☆

kage

2015/07/30 (Thu)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ついには、新日本製薬さんが化粧品を発売。
それも、お手軽オールインワンタイプのジェルです

潤い最重視のタイプと潤いも美白も叶えるタイプと2種類のジェル。

ホワイトニングのほうは、トラネキサム酸配合の薬用ホワイトニングジェル

トラネキサム酸は、肝斑に良いと医療機関でも処方されるお薬ですが、服用すると血液が溶けにくくなるので必ず指示通りに用い、まず正しくは処方箋により服用する事が良いのですが、直接肌に塗布するにあたっては、何の心配も無いので、気軽に素肌に使用出来る成分です。


夏なのでね

この薬用ホワイトニングタイプのオールインワンジェルを用いた新日本製薬株式会社さんのモニターに参加させて頂いております。

パーフェクトワン パーフェクトワン2

容量は75g、たっぷり1ヶ月使えます。
容器はプラスチック製なので、割れる心配はありません。

外蓋を開けると、スパチュラ付の中蓋が有ります。
この中蓋は、外蓋を開けるときに一緒になって取れてきてしまう製品が多いので、「あっ これね。。使いにくそう」 と思ったのですが、何故かこの製品はきちっと中蓋をしておけば、外蓋を外しても中蓋が一緒に取れてこないので 「あら・・これは違うわ」 と思いました。

また、スパチュラのジェルをすくう部分が大きいので、たっぷり使いたい夜のケアには1回ジェルをすくうだけで済み、こんな所にもこだわってあるのかなぁ と思いました。

また、こういった製品なのに、ジメチコンの配合が圧倒的に少ない事に加え、防腐剤もクエン酸を配合する事によりごくごく少なくて済む(成分表示の順番からその他多くの製品に比べて防腐剤はとても少なく見受けられます)ようにしてあるのかなぁ と感じた事がモニター参加をしようと思った理由でした。

20種類ほどの植物エキスを配合。
アミノ酸や、ビタミンC誘導体、もちろんコラーゲンやスクワランなど実に有用な成分を含み、多くの植物エキスの配合により無機質な成分の使用が抑えてあるように見受けられる所も嬉しい製品でした

ジェル

とっても滑らかなジェルになっています。
肌に塗布すると、水分は早く吸収されていくようで、いつまでもピチャピチャしてはいませんでした。

肌にピタッと吸い付いていて、浸透すべき成分は肌に吸い込まれ表面で肌を護るべき成分はピタッと肌表面に留まっている という表現がふさわしいのではないかと思います。

これがオールインワンタイプの特長ですね。


では使用感。

初めて塗布した翌朝には、「えっ?まじで美白かかってる。。」 という感想でした。

また、美白化粧水・美白美容液・栄養オイル・美白クリーム と4品を使用した翌朝の肌の感じにまったく劣る事無く、小じわも目立っていないし、小鼻の皮脂浮きも有りませんでした。

美白のかかるオールインワンジェル。

春から秋まで、ずっと使えるアイテムです。
冬に使っても問題はありませんね。

日中もUVケア製品を使いますが、やっぱり夜のケアに、一日の肌のダメージと疲労を回復させてあげるようなスキンケアを行う事は、エイジングを遅らせる為に重要なケアですから

お値段は、4,500円(税別)

これだけで済むのは、コスパ宜しく有り難い製品です

定期購入だと10%OFF。

新日本製薬さんの公式ホームページは下のリンクをご活用ください。

【毎月お届けコース毎回10%OFF!美白も保湿も同時にケア】パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル(PC)

【毎月お届けコース毎回10%OFF!美白も保湿も同時にケア】パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル(スマホ)



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ オールインワン化粧品 『アクアモイストリペアゲル』 ☆☆

kage

2015/03/31 (Tue)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

肌の保湿だからと、ひたひたの化粧水をのばしても、蓄えなくては保湿と言えない。
そんな事を聞いたことが有ります。

蒸発という事が有るので、確かに水分の多い化粧水を塗ったからと言って潤いのある肌が保てるとは言えないし、ゲル状だから、保湿は出来ないんじゃ? とも言えません。

保つためには、やはりオイルやクリーム状の物が適しています。

簡単に一つで済ませたいなら、オールインワンタイプの化粧品は、有り難いアイテムです。

thinkさんのモニターに参加しています。

モニター商品は、アクアモイストリペアゲル 

&sthink

無香料で香りは特に有りません。 が、微妙に甘くて爽やかなフルール系の香りがします。

&think 

プルンとしたゲルになっています。

レスベラトロール、水溶性プロテオグリカン、リンゴ果実培養エキス、セラミド、3種類のヒアルロン酸、プラセンタエキス等々、アンチエイジング成分もたっぷり。

セリン、グリシン、アラニン等のアミノ酸も数種類配合されています。

ユズ果実エキス、ヒメフロウエキス、月桃葉エキス等、16種類の植物のエキスも配合されているゲルです。

こういった、プルプルのゲル。

&think2 &think3

のびは大変良いですが、いつまでもするするのびてはいませんでした。

肌に吸い付くようにもちっとしてきて、毛穴もふっくらし、なめらかな肌に仕上がりますし、ペタッと吸い付いて、小顔になったような感じもしました。

このゲルのみで、保湿もバッチリです。

翌朝の洗顔では、てのひらにつるつるした顔の肌がすべるようでした。

洗顔後、またこのゲルをのばし、ペタペタしてきたらファンデーションをのせます。

化粧崩れもしないので、良かったです

アルガンオイル、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、オリーブ果実油、ブドウ種子油、グレープフルーツ果皮油といった、植物性のオイルが皮脂膜を補助し、保湿がかなうのかな

アンドシンク アクアモイストリペアゲル 

ヒメフロウエキスは、紫外線による皮膚の光老化に深く関わっている酵素トリプターゼ の働きを阻害するため、シワを予防する効果が期待されている。

スキンケア製品への配合がよく見られてきた新美肌成分です。

植物エキス

天然の植物のパワーも頂いてしまいます。

そのまま咲いていてもらっても枯れちゃうから。。。。

素敵なスキンケア製品となって、咲きつづける。

爽やかに香りつづけてもいます



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 簡単炭酸美容 炭酸パックマスク登場 ☆☆

kage

2015/03/09 (Mon)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

スキンケアも、いろいろと取り入れるとなかなか時間を要するものです。

世の中には時短ケアが多く出ていて、オールインワン化粧品は代表作ですが、コットン・ラボさんからも、炭酸パックがとても簡単に出来る という新製品が出てきており、それは良いわぁ ということで、コットン・ラボさんのモニターに参加させて頂いております。

炭酸マスクパック3枚入り

炭酸パックマスクという名称で、フェイスマスクするだけで、炭酸美容の効果が得られると言うの

炭酸マスクパック箱内

一箱に3枚入り。 

コットン・ラボさんと言えば、化粧水を浸したり、クレンジングオイルを浸したりして使う、コットンの著名メーカー。

お近くのドラッグストアには、もう並んでるわね。
600円~700円くらいのお値段で並んでいるはず。

こんなにお手軽な炭酸美容が生まれたのね という印象です。

袋を開けると、上質なコットンを使用した乾いたマスクが出てきます。

中身

取り出し広げると、フェイスマスク。

コットンの厚みは、1mmくらいかな。

マスクパック全景

そのコットンマスクを水やお湯で濡らして、5分ほどパックするだけ

濡らした瞬間から、シュワシュワっと炭酸がはじけだし、2~3分でシュワシュワはなくなります。

マスクパック使用 パック後

パック後の肌は、血流が良くなるのか、少し赤味を帯びたよう。。

そして、ハリが出てキメも整いつるっとしていました

赤味は、知らないうちにひいてきます。

パック後にいつものスキンケアを続けます。


バスタイムにパックマスクを というお勧めの製品でしたが、2枚目はバスタイムではない時に行ってみました。

サッと水に浸けると、吸水力が抜群に良いので、そのまま顔にのせると洋服や床に水が落ちてしまいます。

「これは、しまった」 と思い、軽く絞って顔にのせました。

絞った水の中に、炭酸が抜け出てしまい、たいしてシュワシュワせずに終わっちゃいました。

やはり、バスタイムでないといけないな。。

という事で、今夜は湯船に浸かって使用。

なかなかすごいの

すぐにジュワジュワ~~っと感じ始め、2~3分の間、肌の内側から表皮を押してくる感じがするのです。

顔がふっくらしてきてる。。。 え? 押してくるよ。。。

ジュワジュワが無くなっても、しばらくのせていて、5分間で終了してください という炭酸パックマスク

マスクを取った後は、さっとぬるま湯で流すだけ。


3枚入っていて良かった

危うくモニター体験しそびれるところでした。

パック後は、手の甲よりも顔の肌のほうが丈夫いのかわかりませんが、赤味を帯びる事は無く、ふっくらして頬の毛穴が小さくなり、つるつるしてこれは良いです

その後の化粧水の入りも良くなります。

炭酸パックは、血液の循環を促すので、ターンオーバーにも良いのよね。


マスクの素材のコットンは、毛羽立ちません。

とても良いコットン使用ですし、炭酸効果もバッチリ得られました。

お手軽炭酸美容の代表作と言えそう

ドラッグストアで探してみよう

1日置きくらいに使いたいと思いました。

毎日使用しても大丈夫な製品だと思います。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ クレイ洗顔料 『泥練洗顔』 もっちり泡で毛穴すっきり ☆☆

kage

2015/01/02 (Fri)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

クレイでの洗顔。 

毛穴の汚れもとてもよく取り除いてくれますし、肌に優しい。

しっかり汚れを落として、洗顔後のスキンケアでたっぷり潤す。

そんな表現がぴったりの洗顔料 泥練洗顔

販売元である、itten cosme さんのモニターに参加しております

泥練洗顔パッケージ取り出し

白色に淡いカラーのパッケージ。

中を取り出すと、ほとんど白色(若干グレーかかっている)です。 香りは特に無く香料は不使用。

洗顔料は、しっかりした練り物状態との表現が適格でしょうか。

クレイは世界各地から選りすぐった6種類を使用。

クレイ6種類

モロッコのガッスールは、現地の人々が昔から顔や髪を洗う素材で、近年では、日本でもけっこうシャンプーや洗顔料に取り入れられていることが多くなってきているようです。

何せ、アトピー肌の人に刺激なく使えるから。
それどころか、アトピー性皮膚炎の治療の補助剤としても有効であると認識された逸材なんだそうです。

ホワイトクレイ・レッドクレイ・グリーンクレイはフランスのクレイ。

沖縄の海から採れる マリンシルト(くちゃ)も。 もう一点はイタリアのタルク。

こんなに何種類かのクレイを配合して、こだわって作られた洗顔料。

泡

泡立ちもとても良いです。(泡立てネットを使用しています)

エステティシャンの方は、顔と手のひらの間に泡がたっぷり有って、手のひらが顔に触れないくらい、泡が顔の上で優しく動くくらい、肌表面に摩擦をかけずに洗顔してください と言われます。

シワや、刺激によるメラニン生成を避けるためです。

洗いすぎもいけないし、汚れはきちんと落としてください。

顔は、一生懸命になりすぎて、こすってみたり、多くのケミカル成分を入れてみたりするので、余計に良くないとも言われたりね

服を着ている部分の肌はとても綺麗なのに、顔だけは、シミが出来てみたり毛穴が目立ってみたり。。

紫外線による肌の劣化はもちろんながら、触りすぎるという難点も有ったりする。

スキンケアは難しいわぁ

肌に摩擦は最小限、石油系の合成界面活性剤は避ける、汚れはきちんと取り去る。

こういった視点から、、itten cosmeさんの泥練洗顔は、理に適っているようです

また、洗顔だけでなく、泡立てずにそのままお顔に広げて泥パックとしても使えます。

1分ほど置いて流すだけなのですが、肌はすべすべになります。

1週間に2~3回、この泥パックをするといつもクスミの無い清潔な肌が保てます。

税込1,944円と、びっくりするほど高くはないです。

泥パック・・・・・続けてみよう

ブルーの文字からメーカーさんに入ります。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ ペマエンジェル 手作りの優しい石鹸です ☆☆

kage

2014/10/18 (Sat)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

ジャムウは、インドネシアに古来より伝わる植物等を原料とした100%ナチュラルなハーブ。

ジャムウ成分と呼ばれる ダマスクバラ花オイルを配合し、フェニルエチルレゾルシノール(シムホワイト377)をボディにも使ってしまおうというアビエルタさんのぺマエンジェル

以前にも使っていたのですが、今回アビエルタさんがモニター募集をされ、参加させて頂いております。

届いたペマエンジェルには、泡立てネットがセットされていました。
泡立てネットを使うと細かい綺麗な泡が出来るので、現在では使われる人が多く、ペマエンジェルを使う際にも簡単にふわふわ泡が出来るようにプレゼントされます。

ペマエンジェル

モンモリロナイトカオリンと言ったクレイも使用。

手作りっぽい石鹸ですが、半生石鹸で、柔らかすぎず、清潔さの為に4つくらいに切って一つづつ使おうかな と切ってみたら、綺麗に力要らずでカット出来ました。

ペマエンジェル1 ペマエンジェル2


香りはダマスクバラ花オイルが効いている感じの良い香りです。

決して強い香りではありませんが、数種の植物エキスも手伝って、消臭効果も有ります。


ペマエンジェル成分表示


成分表示は上のようです。

頭以外は、全身どこでも使ってください という優しく、しかし綺麗なボディ洗浄の為に考えてあるジャムウ半生石鹸

敏感肌の方やデリケートな部分、シムホワイト377配合ですので、黒ずみが気になる部分が有れば、そちらにも美白効果が期待できます。

ボディ洗浄にも、石油系の界面活性剤が使ってある物は多く出ています。

しかし、その界面活性剤は黒ずみの原因になったりするそうです。

また、「カリ含有石ケン素地」 としてある石鹸の素材は、本来はジェル状または液状の素材です。

「石ケン素地」よりも、脂肪酸イオンが多いので、肌に吸着するグリセリンも多く保湿力が高い、肌への刺激性も少なく毒性の無い素材なのだそうです。

ミネラルファンデーションに配合してあるシリカやマイカも石鹸に入ってる。
泡のなめらかさにお役立ちするのかな?

とにかく、優しい石鹸なので、ボディに留まらず、フェイスにも使っちゃえます。

泡で洗浄するという事は、肌への密着性が高く汚れを吸着させる事と、肌への摩擦が少なく優しい洗顔が出来る事だと思っているのだけど、このぺマエンジェルはまさしくそんな洗浄が出来る製品です。

泡立ちも良く、ぽわぽわ泡での優しい洗浄が行えます。
ペマエンジェル3 

クレイも配合で、密着感の有る泡での洗浄。
ペマエンジェル4

長年のエステティシャンの方が言われるには、肌の潤いもっちり感を保つには、ナイロンタオルとかを使わずに、泡だけで洗ったほうが良いよ との事でした。

これからは、そんな処にも気を使わないといけなくなってくるのかな?

確かに、手足にもシミとか出来てくるしね。
というか、、、茶色のあざのような物が足に出来て、皮膚がんだろうか。。。とちらりと言ったら、「それがシミ、それは老化。。」 と。。。微笑されたのですが、これがシミなんだ と思った次第


こういった石鹸が注目を浴びるのも納得ね

カリ含有石鹸素地のおかげか、洗い上がりは大変しっとりしております。

洗顔にも充分使えますから。

今さら、そんなに綺麗にならなくても良いのですが、使えるうちは使いたいかな。
と思うジャムウ半生石鹸ぺマエンジェルでした




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ プルラパン 『花綸肌潤 エピソード3』 も素敵です ☆☆

kage

2014/10/11 (Sat)

プルラパンさんの 『 花綸肌潤 エピソード3 』 とても良いクレンジング剤です。

最近では、W洗顔不要で潤い重視、肌にも負担なくマッサージするように綺麗にメイク落としと洗顔が出来る製品が出ています。

こちらの製品もそういったクレンジグ剤の一つです

花綸肌潤

オレンジのオイルはとてもよく使われています。

顔の皮脂汚れ、メイクと皮脂が混ざったオイル性の汚れ、頭皮の皮脂汚れにと、優しく親和性が高く、洗い流すとスッキリ綺麗になるから。

また香りも良いので、とても重宝する植物オイルなのだと思われます。

この花綸肌潤 エピソード3にもオレンジオイルが多く配合されています。
ウンシュウミカン果皮エキス・ユズ果実エキス・リンゴ果実エキス・レモン果実エキス・ウメ果実エキス他。
花のエキスも10種類以上。

52種類の植物エキスから成る保湿をメインとした洗顔料です。

ココアンホジ酢酸2Na という乳化の役割を果たすヤシから得られる弱い界面活性剤が唯一の化学洗浄成分。

紅藻類から抽出されるカラギーナンという成分でゲル化しているみたい。

そして、コンニャクイモを原料としたマンナンの粒子で汚れを絡み取ります。

実に優しい、保湿剤に洗浄機能(と言っても乳化させるだけ)を持たせたという、如何にも、プルラパンさんのアピール通りの洗顔料です。

マンナンの粒々は、肌に違和感を与えるほどの物ではありません。

エピソード3 と成っているので、開発 3 弾めで出来上がったという事かなぁ と勝手に理解しているのですが、優しい香りと言い、メイク落ちと言い、洗い上がりの潤いと言い、落ち度が無いクレンジング剤だと思います。

エピソード3 エピソード3 2

キラキラ光るようなゲル状ですが、水と馴染ませると乳化し、細かい気泡と粘りのあるゲルに汚れが取りこまれます。

こうやって手の甲に付けたメイク剤もくるくるマッサージの後、洗い流すと綺麗に潤いを持った手の甲へと洗い上がります。

メイククレンジング中メイク落ち良し

ウオータープルーフのアイラインは、本来は素肌に直接では無く、ファンデーションの上につける物なので、ファンデーションと混ざり合ってもっと早く落ちます。

でも、ちゃんと単独でも、上手く乳化して水で洗い流せばOK

少しお高いので、、、3,800円(定期購入だと2,800円) と思いますが、これくらい素敵だと仕方ないねぇ。。

保湿トリートメントも兼ねてしまう洗顔料だから。

美肌は洗顔から

嬉しい製品です



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ レ’アウ ブースターセラムで美容成分をしっかり届ける ☆☆

kage

2014/09/07 (Sun)

業界初、新成分 ネオダーミル を配合したRe'au(レアウ) の ハイドレイティング ブースターセラム

ネオダーミルってどんな成分なのでしょう。

2013年 パリの化粧品原料展で金賞を受賞したという、コラーゲン注射と同等のしわ改善効果が期待できるエイジングケア成分なのだそうです。

肌の弾力に不可欠なコラーゲンやエラスチンを活性化させる働きを持ち、美容業界で最新の注目を浴びている成分。

reau_biyoeki0808_05.jpg

上の図では、シワの深さが深いほど濃い赤色に傾く。
凹凸の凹が赤色、凸が青色。

ネオダーミル2週間使用後には、凹みも凸みも、とても滑らかになってきているという画像です。
2週間くらい、一定のネオダーミル配合度を備えた製品を使用することで、コラーゲン注射1本分の効果を表すと言われている成分なのだそうです。

また発酵植物成分により、ゆるやかなピーリング効果と、水分と油分のバランスをうまく管理し肌を柔軟にして、美容成分が肌に馴染みやすくなるブースター効果も持っています。

なかなかすごいブースターセラムが登場してきました。

レ’アウブースターセラム 

ボタニカル成分(天然の植物エキスと最新の科学の融合)もたっぷり配合ですから、グリーンも基調になったデザインが目につくナチュラル製品です。
ボタニカル成分が84%を占めている、ナチュラルな製品です。

取り出すと、シンプルなパッケージに入ったブースターセラムが現れました。

レ’アウブースター

少しトロミの有る、透明なローションタイプです。

ブースターセラム

するすると伸びも良く、あっという間に肌に吸い込まれていくローションでした。
まだ、1週間くらいしか使用していなのでこんなに?? という感想には至っておりませんが、そう言えば小じわが薄くなってるかなという感触です。

ほうれい線や目元のシワにも良いですし、ニキビ跡で凹凸が目立つ肌になってしまったお悩みには、さぞかし効果を現しそうです

香りはエッセンシャルオイルを使用。
そうね。。。。。何の香りと言えば近いのかな?
ローズも効いてるような、、すこ~しミントも効いてるような。。。それでいて、柑橘系のものも入っていそうな、つんとしないのに、ふっと入ってくるような絶妙な天然アロマブレンドが施されているみたいです。

嬉しいのはお値段が意外とお求めやすいところ。
2,980円ですから、続けやすいお値段でもあります。

洗顔後、化粧水に行く前のブースターセラム。

エイジンジケアには、どんどんつよ~い味方が現れてきます

ブースター プラス エイジングケア美容液 といったローションです。

Re'au(レアウ) の ハイドレイティング ブースターセラム 続けて使ってみようと思います



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 「APPS」 最新のビタミンC誘導体 ☆☆

kage

2014/08/26 (Tue)

ここのところ、よく見かける「APPS」配合の【プリモディーネ シーバムコントロールVCローション】

APPS(アプレシエ)は最新のビタミンC誘導体で、浸透も良く刺激も少なくとても良い。

浸透力では、従来のビタミンC誘導体の100倍とも言われているようです。

APPS配合化粧水

黄色のローション。

洗顔後すぐに使用する化粧水です。

APPS化粧水2

一番最初に使用した時は、特に刺激は無しでした。
重ねて塗布した時に、少しヒリリとしましたが、その1回きりで、その後は重ね塗りしても全くヒリリは有りません。

皮脂の過剰分泌を抑える働きも持ち、ニキビや毛穴の開き改善効果も持っています。

この【プリモディーネ シーバムコントロールVCローション】は、他社の製品に比べて高濃度の割に刺激も無いので、ニキビが炎症を起こしている状態の肌にも使用できます。

もちろん、メラニンの生成を抑えますから、シミ・そばかすを防ぐ役割も持ちます。

朝使用すると、皮脂の分泌を調整してくれるからか、多少皮脂浮きは減ります。

塗布した時に、毛穴も引き締めますね。

ニキビ肌でなくても、蒸し暑さでねっとりと汗をかいてしまう夏には、肌の清浄を保つという点で、良いように感じますし、メラニンを作らせないという点から、美白ケアにとても良いローションでした

ハイドロキノン誘導体も配合していますので、今有るシミにも効果を期待できます。

こういったアイテムを1品プラス、また、美白アイテムをこの【プリモディーネ シーバムコントロールVCローション】に変更してみるのも、肌に夏の疲れを残さないお助けケアになります

たっぷり使って、まだ間に合う

秋の肌の不調は、過酷な夏の刺激が大きく影響するので、考えたいものです。

ブルーの文字からご覧いただけます



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ