2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

カテゴリ:認知症 の記事リスト(エントリー順)

☆☆ 認知症は早期発見が決め手!? ☆☆

kage

2012/07/12 (Thu)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

いくつかのご紹介案件から順を追って今日は認知症に触れてみようと思います。

認知症は少しでも早く発見する事により進行を遅くしたり、回復したりするのでしょうね。
病気は何でも早く発見したほうが良いですから。


≪霧がかかったような感じ≫

 まるで頭の中に綿がつまっていて、
 思考と感情に霧がかかっているような感じがする。
 つまり、焦点を定め、注意を払い、
 自分のまわりで起きていることに ついていくのが難しい。

≪一度に一つ≫

 私もつい今までの癖で、
 二つ以上のことに同時に手をだしてしまうことは今もある。
 少ない時間で
 沢山のことをこなすことが求められた時代を生きてきた者の性は、
 そう簡単にゼロセットできるものではない。

 だが、私たちのような病を持つものにとって、
 それは逆にアダとなる。
 右手にナイフ、左手にカップを持続けてきた者が、
 突然ナイフだけ、と言われて途惑うが、
 ナイフだけを持つことが必要なのだ。
 それでないと怪我をする。

 以前は「新聞を読みながら」「食事を取った」が
 今は出来ない。
 新聞を見ながら箸を口に運んでくることが難しい。
 まして、洋食のナイフとフォークで食べる……
 などということは出来ない。危ない。

 だから自分を積極的に飼いならして、
 「一度に一つ」と私は決めているが……難しい!


認知症の方が書かれた文章のようです。

フォークとナイフで食べる事が危なくて出来ない。。

頭の中に綿がつまっている。

こんなふうに表現できるのですから、まだ軽い認知症 症状の方のお話だと思います。

多忙で、忘れる事も時々出てくると、何だか認知症が心配になってくる時も有りますが、頭の中に綿が有るみたいとか、フォークとナイフが危なかしくて両手で使えないなんて事はないな、と少し安心もするような文章でも有ります。


≪うろうろ歩き回る≫

 うろうろ歩き回ると、なぜか緊張がほぐれる。
 その動作によって、
 今日は何曜日だったか、今何時なのか、
 自分が何をするつもりだったのか。
 自分がわからない、という現実から、気をそらすことができる。

 自分が何をするつもりだったかは思い出せないが、
 歩き回ることで自分が何かしているような気持ちになり、
 私の中に鬱屈しているエネルギーと、
 何をするつもりだったのかわからないイライラが発散されるのだ。


徘徊は、このような心理から起こるのでしょうか。

緊張がほぐれる・・・・何かしないといけないんだけど、それが何かがわからなくて歩き回ると落ち着くみたいですね。

病気だと理解して、向き合わないといけないのでしょうが、実際介護する立場となると。。と想像すると、とても無理と思ってしまう私です。

しかし、まだ分かるうちは本人さんも苦悩を抱えてみえるのですね。


≪不思議≫

 夕ご飯の後に寒いと思って、上に羽織る物を探しました。
 カーデガンが欲しいと思いました。
 押入の引き出しを探しましたが、見つかりませんでした。
 別のケースも見てみましたが ありませんでした。
 タンスにはどうかなと思って探しましたが、ありませんでした。

 どこかに仕舞ったとは思うのですが
 分かりませんでした。

 ちょっとソファで寝てしまったようです。

 今、起きてみたら、家の中が洋服でいっぱい。
 一階の奥の間も二階の和室も衣装ケースが空っぽ。
 何か、洋服の海、足の踏み場もなくて……。

 どうしたのでしょう。
 どうやって仕舞えばいいのかしら。
 困りました。
 こういう事も起きるのですね。
 不思議。

どこに仕舞ったか、忘れる事は有りますが、全てをタンスや衣装箱から出して寝てしまい、起きてビックリなんて。。想像しただけでも恐い。。

だってカーデガンを探して全ての洋服を出してしまい、疲れてか眠ってしまい、起きて洋服が散らかっていて不思議なんて、カーデガンを探す事一点集中で、探す間に洋服を散らかしていることに気づいていないという事なのです。

これが認知症なんだ。。


発見の目安となる認知症 診断が提供されています。


認知症の始まりではないかと思われる言動を「認知症の人と家族の会」の会員さんの経験からまとめられたものです。

意欲がなくなったり、不安感が強く出てきたりするのも発見の糸口みたい。

でも、疲れてこれば意欲も失せるし、あまりにも情報が錯綜する世の中だと要らぬ不安を抱くハメになったりするとも思う。

自分でも家族でも、思い当たる節が有れば、認知症 病院で診断を受けるのが良いんだろうなぁ。。

病気と言うからには、必ず体内(頭の中だろうけど)に異常が有るのだから、その細胞を正常にするべく投薬とかの治療が有るのでしょうから、絶対早めに治療するべきでしょうね。

心療内科でも、心の病と言いながら、自律神経という体の細胞に異常が認められる事が多いらしいので、その細胞を正常にする事により、治っていくみたいですから。

ほんとにわからなくなってしまって、何をしでかすかわからないような患者さんに向き合っていると、介護人まで心療内科にかかる事になる事も有るそうで、こういっては申し訳ないけど、出来る限り関わりたくない。。まして自分が認知症になんて絶対なりたくないよ

と本音が出てしまう私です。





  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ





☆☆ 「認知症」 正しい知識を持ちたいですね ☆☆

kage

2011/03/14 (Mon)

今日は、何だか不安が伴う認知症について正しい知識を持つと
また違うのかな・・・と思い、このテーマに致しました。

まずは、認知症の簡単なチェックリストです。

ご家族の方に何だか最近変かなという思いを抱かれたら以下の項目でチェックです。

「時間や場所をたずねたら・・・」

1)曜日や月がわかりますか

2)前と同じように道がわかりますか

3)住所・電話番号を覚えていますか

4)物がいつもしまわれている場所を覚えていますか

5)物がいつもの場所にないとき、見つけることができますか

「生活の中で」

6)電気製品(洗濯機やテレビのリモコンなど)を使いこなすことができますか

7)自分で状況にあった着衣ができますか

8)買い物でお金を払うことができますか

9)身体の具合が悪くなったわけではないのに、行動が不活発になりましたか

10)本の内容やテレビの筋がわかりますか

11)手紙を書いていますか

「会話をして」

12)数日前の会話を自分から思い出しますか

13)数日前の会話の内容を思い出させようとしても難しいですか

14)会話の途中で言いたいことを忘れることがありますか

15)会話の途中で適切な単語がでてこないことがありますか

「この人は誰?」

16)よく知っている人の顔がわかりますか

17)よく知っている人の名前を覚えていますか

18)その人たちがどこに住んでいるか、仕事などがわかりますか

最後のチェックです

19)最近のことを忘れっぽくなりましたか

以上の19項目を

『変わらない・ 多少悪くなった・とても悪くなった』という三段階でチェックします。

見てみると、日常生活の簡単な事が出来なくなってくると言うのは認知症が進んでいそうですよね。
時々、片つけた物の場所を忘れてしまうというのは有りそうですが、いつもそこに片つけている物に関しては、なかなか忘れませんよね。

洗濯機の使い方なんて忘れようとしても忘れることはできませんし。
買い物でお金を払えないと言うことは、どういうことなの・・・と。

でも、それが認知症なんでしょうね。

自分の子の顔や名前さえわからなくなるとすると、認知症の代表的な症状ですよね。

認知症 ケア←こちらからチェックの結果までを表すチェックシートが有りますのでご活用下さい

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
また、もの忘れって年々多少は感じますよね。
もちろん、物忘れは老化により多少は仕方ないですが、認知症との区別をつける具体的な項目を見つけました。

老化によるもの忘れでは 体験の一部分を忘れるに対し、認知症の物忘れでは体験の全体を忘れる。例えば、旅行に行った時の訪れた観光地が5つのうち4つしか思い出せないのに対し、旅行に行った事を忘れている。という違いでしょうね。わかりやすい相違点ですね

人の名前を思い出せない、度忘れが目立つという老化によるもの忘れに対して
そのうえ、料理・家事などの段取りがわからなくなる事があるというのが認知症との事です。
度々作っていたカレーライスの作り方がわからなくなってしまうとか。

探し物も努力して見つけようとする もの忘れに対し
探し物も誰かが盗ったということがある・・・これもよく言われる症状でしょうか。

度々、場合わせや話のつじつまを合わせる事がみられるのも認知症の表れのようです。

ここらへんまで見てくると、私はけっこう認知症がわかってきたように思います

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
また、認知症 介護は、おそらく想像以上に大変だと思われます。

老々介護という言葉もありますが、だいたい、一般的には認知症が発症する年齢の子供さんになりますから、若い方で50代とか、60歳を過ぎて自分も70歳近いのになんていうケースが多いのではないでしょうか。

定年して社会に出てみえない方や、一般的にご家庭の主婦の方などになりますよね。
お友達との会話を楽しむ時間もなかなか持てなく、認知症の方とのひったりの状況に陥ってしまうと、ほんとに気も沈みどうしていいかもわからなくなってしまいそうです。

そんな時には相談窓口を積極的にご利用頂いた方が、社会との関わりも持て多少でも気持ちが軽くなりそうです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
さらに、認知症 看護となると、専門的な医療行為が入ってくるのでしょうから、これは医療機関にお願いする事になるのでしょうね。

認知症 介護 ・ 認知症 看護 こちらの二つの文字からは、医療機関や介護の相談窓口のご紹介があるページにリンク致します。