2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

カテゴリ:電気の自由化 の記事リスト(エントリー順)

☆☆ まだ手付かずの電気自由化 ☆☆

kage

2016/09/19 (Mon)

まだ、変えていない電力会社。

安ければそれだけで良い というわけでもないし、一度変えると2年契約とかいうのが目に留まる。

こちら、電力料金の比較サイト。



郵便番号、契約種別、契約容量、最近の電気代や使用量を入力すると、ずらっとお薦め電力会社が並んでいる。

年間2万円以上の節約になる会社がいくつも有るけれど。

電気に関しては、ストップしたまま。

立往生である。

せっかくの自由化なのに、何ら恩恵にさずからず。

これは・・・・・・・近々にでも、昔のママ友や旧友に連絡を取り、電気論議が必要そう

旦那さんが電力会社にお勤めのかたもみえるし、お休みの日にモーニングでも行って来よう。。。

選択肢が有っても、選択する根拠になる知識も自由化開始から半年ほどになる経過情報も取れていないままなのでした。

選択肢は有り難い反面、選べるという利点のもとに、時間と思考力を使わなければならない。

電力料金比較サイト、とても簡単なので、ご興味のあられるかたはご利用下さい


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 電気自由化への懸念を多少払拭する記事 ☆☆

kage

2016/01/31 (Sun)

停電リスクを減らすセーフティネットの存在

img_06.jpg

その一つ目が、新たに設立される広域的運営推進機関です。電力不足が起きないように電気使用量と発電量のバランスを取り、万が一、停電リスクが高まったときには地域間で電気を融通したり、電気の慢性的な不足が見込まれる地域に発電所を増やすべく、企業を入札で募る、といった役割を担う機関です。

二つ目は、参入会社のライセンス制度です。異業種から数多くの会社が電気事業へ参入することによるトラブルを防ぐことを目的として、電気を販売する全ての会社にライセンスの取得が課されます。そして、ライセンスを取得した会社は消費者保護の観点から様々な義務を果たすことを求められます。

三つ目は、経営破綻しても停電を起こさせないフォロー制度です。仮に契約している電力会社が経営破たんしても停電はせず、継続して電気が届けられることになっています。その場合、私たちは既存の電力会社へ料金を払うことになります。新電力と既存の電力会社へ二重に電気料金を支払う心配はありません。

四つ目は、事業者間の連携をサポートする仕組みです。契約の変更手続きが簡単にできるよう、システムやルールが準備されています。これにより、Webや電話から手軽に契約手続きができるようになり、変更前の電力会社に解約の連絡をする必要はありません。
(エネットさんのホームページから抜粋)

そうよね。。

電気・水 社会で欠かせないインフラなんだから、専門家の人たちが相当駆使して始める事に違いない。

前向きにね

原発に頼らない、火力発電は元々大きな供給発電だけど、ソーラーやバイオマス、風力など、せっかく多大な発電力が出来てきたんだから、多くの家庭にも普及させて、そのうちには原発は廃止 という未来が有るのでしょう

Never Give Up JAPAN

会社のパソコンにダウンロードした壁紙に この文字が刻まれていた。

日本はすごい?! と思う


そう言えば、水素自動車の燃料を供給する設備を、エネオスが設置するとしばらく前にニュースで聴いた。

世の中は環境に配慮して変わっていく。

Never Give Up JAPAN

いいね



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 最近の関心事 『電力供給の自由化』 ☆☆

kage

2016/01/30 (Sat)

電気供給の自由化。

ここら辺では、電気は中部電力と1本化していた。
ずっと前からだけど。

電気供給の自由化は2000年から行われていたらしいが、一般の家庭に自由化が入ってくるのは、2016年4月からとの事。
外に出ると電信柱・送電線がいっぱいのライフライン。

1本化なのでそういった設備がきちんとメンテされているんだろうけど、自由化になっても同じ送電設備を使うのだろうから、ちゃんと順調にいくのだろうかと思ったりしてしまう。

いろいろな事が目まぐるしく変わるよう。

岐阜県では、5つの電力会社がいいだろうと紹介されているサイトを見ている。

岐阜県の新電力

ダイヤモンドパワー株式会社

ダイヤモンドパワーの電源調達について

ダイヤモンドパワーさんは、家庭電力は4月には間に合わないよう。

丸紅さんは、実績も有り良い感じがする。
メガソーラーでの発電電気も流すみたい。

丸紅株式会社 ・ 丸紅株式会社ホームページ

イーレックス株式会社は、バイオマス発電をしている。

新日鉄住金エンジニアリング株式会社は、自家発電に歴史が有り、風力発電に力を注いでいるらしい。
ちょっと見た感じ、岐阜県で電気の供給を受けれるような感じでは無いかな。

最後は、株式会社エネット 環境負荷の少ない天然ガス発電との事。

勉強する必要有り

と思いながら、自分で見ても解り易いようにブログページを作っておこう

まぁ・・・・・・ 考えるべきことが次々と出てきて、疲れる。
それを楽しみという人も有るので、良い事なんでしょうね。

送電設備がらみのトラブルが起きないことを切望する。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ