2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

Bigセール中

kage

☆☆ 合成界面活性剤フリー製品 ☆☆

kage

2017/10/17 (Tue)


自分勝手に綴っています。。。。

≪ブルークレール≫

ローズクリームリペアコンセントレート ・・ 30g 14,040円

・ 水 ・ プロパンジオール ・ 植物性スクワラン ・ ステアリン酸
・ ベヘニルアルコール ・ トリグリセリル ・ ミツロウ ・ 乳酸桿菌/コメ発酵物
・ テオブロマグランジフロルム種子油 ・ アルギニン ・ レイコウノストック/ダイコン根発酵液
・ ホホバ種子油 ・ アルガニアスピノサ核油 ・ シア脂 ・ クリスマムマリチマムカルス培養液
・ アルゲエキス ・ アラリアエクスレンタエキス ・ リモニウムゲルベリエキス
・ 水溶性コラーゲン ・セラミド3 ・ セラミド6 ・ スフィンゴ糖脂質 
・ リン酸アスコルビルMg ・ パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na ・ アセチルヘキサペプチド-8
・ ヘキサペプチド-10 ・ ビサボロール ・ コンドロイチン硫酸Na ・ プラセンタエキス
・ ダマスクバラ花エキス ・ ダマスクバラ花水 ・ アケビエキス ・ オウゴン根エキス
・ クズ根エキス ・ マグワ根皮エキス ・ ドクダミエキス ・ ビワ葉エキス
・ キハダ樹皮エキス ・ ヒアルロン酸Na ・ シロキクラゲ多糖体 ・ アロエベラ葉汁
・ レシチン ・ ダマスクバラ花油 ・ マンダリンオレンジ果実エキス ・ ビターオレンジ果実エキス
・ オレンジ果皮エキス ・ トコフェロール ・ グリセリン ・ アスコルビン酸
・ クエン酸 ・ マルチトール ・ 乳酸 ・ ポリ-ε-リシン

ミツロウが乳化?  ステアリン酸も乳化作用が有り、抗菌効果もあるらしい。
乳化作用を期待してのミツロウの割合が少ないので、なめらかなクリームだと想像できる。

ベへニルアルコールにも、乳化安定や増粘効果が有り安全性の高い成分とのこと。
ヘアケアのコンディショナーに配合されていると、石鹸シャンプーで洗った後のキシミがいっきになめらかになる。
頭皮を保護する効果もあるらしい。

セラミドから、ビタミンC、プラセンタ、ヒアルロン酸やコラーゲンはもちろん、上質なオイルや、抗炎症作用のドクダミエキスなどなど、使用したい成分がたっぷり配合されており、理想的なクリームのように感じられる。
香りは、オレンジやダマスクローズのとても良さそうな香りがしてくるように見受けられる。
サンプルやテスター用の販売は無いのかな?
しかし、気に入ったら買いたくなるから困るかも・・・・


≪マルティナ≫

ネロリクリーム ・・ 15ml 3,240円

・ 水 ・ オリーブ油 ・ ローズヒップ油 ・ アボカド油 ・ ラノリン ・ ミツロウ ・ シア脂
・ カカオ脂 ・ ニンジン種子油 ・ プロポリスエキス ・ ハチミツ ・ パンジーエキス
・ カンゾウエキス ・ フユボダイジュエキス ・ ハマメリス水 ・ ダマスクバラ花水
・ ヒポファエラムノイデス油 ・ トコフェロール ・ オレンジ花油 ・ 香料


マルティナは、合成界面活性剤等フリーで、世界的に名の通ったオーガニック製品である。

使用説明を読んでみると、化粧水の後、乳液とクリームを好みのテクスチャーに自分で調整して、塗るという。

また、夜のお手入れクレンジングミルクは、2度使用し、2度目はきれいになった肌をマッサージして必要な成分を与え、それ以上は何も塗らず、夜に自分で活性する肌力を存分に発揮させよう というコンセプトである。

もちろん、ユーザーの自由なので、必ずそうしなければならないということではない。

しかし、なるほど、理想的な考え方だと思う。

ドイツのオーガニック製品で、ユーザーも多く、歴史も長いブランド。
1986年設立だから、30年ほど。
徹底した品質管理が製品に現れていて、支持され続けているBigブランドである。
世界で11カ国に販売が展開されているらしい。

肌質によるシリーズ展開も多い。

一度、アボガドオイルが前面に押し出されたアイクリームを使用してみたけど。
確かに守り効果は万全だったけど、クリームだけ使用だったからだと思うけど、肌に浸透して効かせるような感覚は持てなかった。

安価ではないが、高価すぎるわけでもない価格帯も良いような気がする。

しかし、ブルークレールのご自慢クリームと比較すると、まあ、お値段の付け方はこんなものなのかも。。

それぞれ、高くも安くもないのかも と思ったりもしてみる。
しかし、人により、どこまで必要で、そこまで必要は無いのか。

成分表だけを見ながら、ここまでいろいろと思いを巡らすことが出来るのも、素敵な製品だからかな?

そして、いつまでも、いろいろスキンケア製品を思うのは、肌がかんばしくないと思うから。。
なんてったって、年齢肌だから。。。。。。。。。。

一番高い、最高に良いとされる製品を使ってどうにもならなければ、すっきりあきらめがつくのかも。

現在はまだ有るクリームを使用中。
特に悪さがあるわけではないので、リピートするか、違った製品を買うかは未定。

ブルークレールは無理だな。。


≪Zto≫

ナチュラルエマルジョンモイスト ・・ 50ml 4,644円

・ 水(Ztoイオン水) ・ グリセリン ・ 乳酸Na ・ オリーブスクワラン
・ マカダミアナッツ油 ・ カラギーナン ・ シルク ・ 乳酸桿菌/アルンジナリアギガンテア発酵液
・ レウコノストック/ダイコン根発酵液 ・ コムギ胚芽油 ・ ムクロジエキス

この製品は、界面活性剤を一切配合しないので水分と油分が分離し、使用前に振って使う事になる。
完全に乳化剤を配合しないと、こういう事になる。

また、シルクには肌を再生させる力が有るらしく、Ztoの製品の他にも、シルク配合のクリームが、ファミリー使用の万能クリームとしてヒットしているものが有るみたい。

ェイスエッセンス ・・ 30ml 7,344円

・ 植物エキス ・ チューベロース多糖体(月下香エキス) ・ ヒアルロン酸Na (バイオ)
・ ダイズエキス ・ オタネニンジンエキス ・ 加水分解酵母エキス ・ ローヤルゼリーエキス
・ 甘草フラボノイド ・ 水(Ztoイオン水

エマルジョンモイストは水が多く乳液状だけど、こちらのエッセンスは、濃厚なテクスチャーらしい。
界面活性剤を配合しない為に、いっそのこと、水が無ければ乳化させる必要は無いということから原液感覚の製品。


≪アムリターラ≫

アスタラディエンスクリーム ・・ 30g 4,800円(税抜)

・ 水 ・ シア脂 ・ グリセリン ・ パルミチン酸 ・ ホホバ種子油 ・ ステアリン酸
・ エタノール ・ スクワラン ・ ベタイン ・ アンズ核油 ・ ヘマトコッカスプルビアリス油 
・ ラジアータマツ樹皮エキス ・ トコトリエノール ・ ビサボロール ・ ローマカミツレ花エキス
・ チャ葉エキス ・ ローズマリーエキス ・ セラミドNP ・ ヒアルロン酸Na
・ サリックスニグラ樹皮エキス ・ レウコノストック/ダイコン根発酵液 ・ キサンタンガム
・ レシチン ・ 水酸化K ・ ナツミカン果皮油 ・ トコフェロール ・ ダイズ油

こうやって並べてみると、選びやすいかも。。

こうやって並べてくると琉白のデイモイストクリームも並んでくる。

≪琉白≫

月桃デイモイストクリーム ・・ 30g 3,960円

・ 水 ・ オリーブ油 ・ グリセリン ・ ゲットウ葉水 ・ パルミチン
・ BG ・ ホホバ種子油 ・ ステアリン酸 ・ スクワラン ・ ゲットウ根/種 子/茎エキス 
・ アルガニアスピノサ核油 ・ グリチルリチン酸2K ・ シア脂 ・ オリーブ葉エキス
・ ポドカルプストタラ木エキス ・ ヒマワリ種子油 ・ ラウリン酸ポリグリセリル-10
・ キサンタンガム ・ サリックスニグラ樹皮エキス ・ レウコノストック/ダイコン根発酵液
・ ゲットウ葉油 ・ ニ ュウコウジュ油 ・ ローズマリー油 ・ 水酸化K ・ トコフェロール



≪ムクティ≫

ネトラアイクリーム ・・ 7g 1,600円

・ 乳脂(ギー、無塩バターを精製したもの) ・ ミツロウ ・ アンマクロ果実(アマラキ) 
・ セイタカミロバラン果実(ビビタキ) ・ ラベンダー油 ・ ミボウキ油(バジル油) ・ ティーツリー


アーユルヴェーダというインド医学に基づく、ギーの良さ。

眼精疲労や目の疲れが取れる というクチコミが多い。

まつげが増えてきたとか。。 クチコミは見きれないほど。


≪24コスメ≫

プレミアム オールインワンナチュラルクリーム ・・ 45g 4,076円

・ ツバキ油 ・ ミツロウ ・ クマザサ葉エキス ・ ドクダミエキス ・ ビワ葉エキス 
・ ヨモギ葉エキス ・ ショウブ根エキス ・ シャクヤクエキス ・ ボタンエキス 
・ ニオイテンジクアオイ油 ・ アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油) ・ アボカド油 
・ 水 ・ エタノール ・ トコフェロール


いまだにオールインワンに決めきれない。

グリセリン無しのオールインワン。


使ってみたいのが沢山

顔が一つでは足りず??

悩む悩む。。。。。。。。

何と嬉しい悩みでしょう  ってことよね

トリロジーも良さそう。。。



 


☆☆ 合成界面活性剤について考える ☆☆

kage

2017/10/03 (Tue)


(このページは読んで戴くようには書いていないので、読みきるのはおっくうなページになっています)


現在使用中のスキンケア製品はこんな成分。

≪クレンジング≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・ヒマワリ種子油  ・グリセリン
・パルミチン酸エチルヘキシル  ・アンズ核油  ・ステアリン酸グリセリル(SE)
・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル  ・ステアリン酸  ・セタノール
・レシチン  ・ルリジサ種子油  ・α-グルカンオリゴサッカリド
・ポリムニアソンチホリア根汁  ・マルトデキストリン  ・乳酸桿菌  
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・レスベラトロール  ・ユビキノン
・アーモンド油  ・リン酸アスコルビルMg  ・ココヤシ果汁  ・アラントイン
・酢酸トコフェロール  ・ハイビスカス花エキス  ・パンテノール
・フェネチルアルコール  ・エチルヘキシルグリセリン  ・アンズ果実エキス
・バニラ果実エキス  ・オレンジ果皮油

オーガニック製品だが、ステアリン酸グリセリル(SE)を配合。
ステアリン酸グリセリルに(SE)と付いた物は、自己乳化型と言い、界面活性剤として強くなるそう。
そのぶん、製品に滑らかさが増し、使い心地は良くなる。
ステアリン酸グリセリルは食品にも利用される合成界面活性剤である。

----あるサイトから、ステアリン酸グリセリル(SE)について抜粋してみた---

ステアリン酸グリセリル(SE)の安全性(毒性・刺激性・アレルギー)について

複数の安全性データシートを参考にしたところ皮膚刺激性や毒性はなく、アレルギー(皮膚感作性)の報告もなく比較的安全性の高い成分であると考えられます。
石けんや洗顔料などの洗い流しの製品は問題ないのですが、乳液やクリームなどのつけっぱなしの化粧品の場合、ステアリン酸グリセリル(SE)に添加したものがアニオン界面活性剤(石けん)だと刺皮膚刺激や肌荒れが起きる可能性があります。

ただし、現在は成分設計や配合量によって肌に刺激がほとんどない処方も確立しており、大手化粧品会社をはじめ多くの化粧品会社が塗りっぱなしの化粧品にも配合しているので、基本的には刺激がないと考えられます。

また、昔は石けん添加が主流でしたが、近年は皮膚刺激の懸念などもありモノ脂肪酸グリセリル(ノニオン界面活性剤)の添加が主流になってきていることや乳液やクリームなどのスキンケア化粧品に配合されていても肌トラブルなどの問題は聞かないことも安全性が高いことの裏付けになると思われます。

参考までに化粧品毒性判定事典によると、ステアリン酸グリセリル(SE)は■■(∗1)となっており、界面活性剤ということで毒性の懸念ありということになっています。
∗1 毒性判定事典の毒性レベルは「毒性なし」「△」「■」「■■」となっており、△は2~3個で■1個に換算し、■が多いほど毒性が強いという目安になり、製品の毒性成分の合計が■4つ以上なら使用不可と判断されます。


--------------------------------------------------------------
他の文献には、合成界面活性剤は体内に浸透すると、肝臓や腎臓で分解されないため、肝臓や腎臓の機能に影響を及ぼすこともあるとされているのです。
ちなみに、上記のクレンジング剤は、ステアリン酸グリセリル(SE)が■■、フェネチルアルコールは香料・防腐剤で■、オレンジ果皮油が香料、精油で■ 

■4個となり、使用不可製品となってしまう。

しかし、現在、使い心地に問題なくメイクはよく落ち、ミルクタイプなのでその後自家製固形石鹸で軽く泡洗顔をしている。
自家製固形石鹸は、オリーブ油・パーム油・ココナッツオイル・ひまし油を原料としている。

すっきりさっぱりしっとりとした洗顔後の肌で、使用感で問題は感じられない。


≪ブースター≫
・アデノシン一リン酸二ナトリウムOT
・グリチルリチン酸2K
・濃グリセリン
・スクワラン
イソステアリン酸ポリグリセリル
・アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
イソステアロイル乳酸Na
ステアリン酸ポリグリセリル
・無水エタノール
・パラベン
・水酸化Na
・精製水

このブースターは合成界面活性剤を3種類も配合。

合成界面活性剤だけで、■6個、その他、防腐剤や合成ポリマー配合なので、合計8個の■は簡単に見受けられる。

毒性判定辞典では、もっての外のダメダメケア製品である。
しかし、ブースターはそもそも、美容成分を肌に浸透させるために、肌バリアをわざわざ壊すことを良しとしているので、合成界面活性剤の使用など、当然のアイテムなのである。

肌に塗布しても、刺激は一切無い。
使い始めて1週間ほど、特に変化は感じていない。
ただ、肌が柔らかくなるみたい。

この製品の狙いは、肌のデトックス。
ターンオーバーを促進し、メラニン等を早く浮上させ、老化角質として外へ追い出していくみたいなコンセプトの製品である。

イソステアリン酸ポリグリセリルについては、どうもノエビアが開発した原料らしく、口紅のつや感やうるおい感を出すために、粘度を必要とした産物らしい。

肌表面のなめらかさの為に配合してあるのか?

ステアリン酸ポリグリセリルについては、ステアリン酸ポリグリセリル-10が正式名称か?
ステアリン酸ポリグリセリル、食品添加物のように見受けられる。

親水性乳化剤、分散剤、植物由来の脂肪酸を使用、水溶性、HLB15.0  ・食品添加物
界面活性状態では、可溶化、乳化、分散

難しいが、人が尽くした英知の賜物か。。。

体内に入ると分解されず、肝臓等に溜まる一方の合成界面活性剤では有るらしい。
化学合成されたものは体内では分解されない ・・・ それは解るような気がする。
このブースターは医薬部外品なので、普通の化粧品よりは薬という毒に近づく。
効き目は有る。

30日くらい使用すると、ターンオーバーの1周期を終えるので、効果が表れるらしい。


≪化粧水≫
・ヘチマ水
・ダマクスバラ花水
・月桃葉水
・褐藻エキス
・ローズマリーエキス
・ソウハクヒ
・桃の葉エキス
・ユキノシタエキス
・クマザサエキス

この製品は文句なしの毒性無しローション。
そして、潤いを満たし、とても良い化粧水だと思ってまた使い始めている。

グリセリンは無配合だけれど、褐藻エキスがその役割を果たしているみたい。

これは、秋口から使い始め、真夏には、ブルガリアンローズ水だけをローションとしていた。


≪アイセラム≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・グリセリン  ・セタノール
・ステアリルアルコール  ・ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス  
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・ラミナリアディギタータエキス
・ヒアルロン酸Na  ・マグノリアオフィシナリス樹皮エキス
・ボスウェリアセラタエキス  ・パンテノール  ・アラントイン
・ローズ水  ・マイカ  ・加水分解コメタンパク  ・PCA-Na
・リン酸アスコルビルMg  ・カニナバラ果実エキス  ・ザクロ種子油
・チャ葉エキス  ・ルイボスエキス  ・フェネチルアルコール
・エチルヘキシルグリセリン  ・酢酸トコフェロール

この製品はクレンジングと同じブランドの製品。
ジェル状で、みずみずしいテクスチャー。
刺激も無く、合成界面活性剤フリー(不使用)のようだ。

使用感は、塗布した時の気持ちよさはあるものの、効果について即効性は感じられない。
この製品はまだ、10日ほど使用のみ。

フェネチルアルコールで■1個。 香料。

効果という点では、トータルリペアアイセラムには届かない。


≪保湿クリーム≫
・アロエベラ液汁  ・水  ・ヒマワリ種子油  ・ホホバ種子油
ステアリン酸グリセリル(SE)  ・シア脂  ・グリセリン
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・セタノール  ・ステアリン酸
・クコ果実エキス  ・酢酸トコフェロール  ・ラウリン酸グリセリル
・ヒアルロン酸Na  ・パンテノール  ・アラントイン  ・ビサボロール
・レスベラトロール  ・ユビキノン  ・ルリジサ種子油  ・月見草油
・キサンタムガム  ・リン酸アスコルビルMg  ・リボフラビン
・チャ葉エキス  ・ハイビスカス花エキス  ・フェネチルアルコール
・エチルヘキシルグリセリン  ・アンズ果実エキス  ・バニラ果実エキス
・オレンジ果皮油

合成界面活性剤2種類で、■4個 香料(自然原料)が2点有り、■2個
すでに6個の悪玉になってしまった。

これもクレンジングと同じブランドの製品である。

使用感はとても良い。
伸びが良く、朝起きた時の肌がなめらかに感じる。
香りもとても良く、気分が良い。
こちらのブランドの製品は、1か月以上の使用期間になっているが、最初の内は、ちょっとピリピリ感が有った。
今はもう無い。
このブランドのクチコミには、このピリピリ感が多い。

ローズ水は、香りが良いが、濃厚なものだとけっこうヒリヒリ感じる事も有る。

フェネチルアルコールは、ゼラニウムやバラ、カーネーション、ヒヤシンス、キンコウボク、ネロリなどの植物の精油に含まれている成分です。甘さやグリーンっぽさ、可愛らしさ、そしてフローラルな香りを演出するには、フェネチルアルコールをメインに他の香料と組み合わせて使用されています。人気の高い香りで、この香りが苦手という人はあまりいないのではないかと思います。

フェネチルアルコールには抗不安作用があることが確認されました。つまり、癒しの効果が科学的に裏付けられた形と言えます。


と言った文献を見つけたが、フェネチルアルコールに限らず、植物だからといって、すべての人に刺激が無いわけではない。
植物エキスには、結構強いものもある。

このクリームに変えた理由は、植物オイルと植物エキスだけで作られたかのようなグリセリン配合、水添レシチンだけを界面活性剤に使用した化学成分フリーというオールインワン製品を使用していたが、夏の季節になったからか、分泌物が多くなると同時に、朝起きた時の鼻の毛穴開きが目立ってきたからだった。

今使用中のクリームを使いだしたら落ち着いた。
好転傾向だったと言える。
べたつきが少なく、でもけっこう保湿効果が有ると言えると思っている。
香りも良くけっこうお気に入りだが、合成界面活性剤不使用製品なら、もっと肌が違うのかもしれないなどと、自分の肌状態をさておき、理想を求めたりしている。


≪朝の保湿クリーム≫

朝のクリームには、上記と同じブランドだが、オイルフリーの製品を使用中。
夏には、このクリームのほうが化粧崩れしなかった。
もう少し乾燥の季節になってくると、このクリームでは物足りなくなるかも。

・アロエベラ液汁  ・水  ・グリセリン  ・炭酸ジカプリリル  ・セタノール
・(サッカロミセス/キシリヌム)/紅茶発酵物  ・ステアリン酸グリセリル(SE)  ・パルミチン酸エチルヘキシル
・リンゴ果実培養細胞エキス  ・ブドウ果実成長点細胞培養物  
・アサイヤシ果実エキス  ・カニナバラ種子エキス  ・クコ果実エキス
・ヒポファエラムノイデス果実エキス  ・セイヨウニワトコ果実エキス
・ビルベリー果実エキス  ・ウワウルシ葉エキス  
・アロニアアルブチホリア果実エキス  ・パンテノール ・アラントイン
・ステアリン酸  ・コーンスターチ  ・アサイヤシ果実エキス
・セイヨウシロヤナギ樹皮エキス  ・酢酸トコフェロール  ・スクワラン
・リン酸アスコルビルMg  ・チャ葉エキス  ・ハイビスカス花エキス
・フェネチルアルコール  ・エチルヘキシルグリセリン
・オレンジ果皮油  ・パルマローザ油

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

合成界面活性剤フリーとなると、乳化とかクリームの基材にミツロウや植物オイルがメインとなってくる。

≪バルサム≫
・ゴマ油
・ミツロウ
・ホホバ油
・トコフェロール(小麦胚芽由来)
・トウキエキス
・シコンエキス

このバルサムは、ちょっと独特な匂いが有る。
一晩全顔に塗布してみたが、朝の顔がいつものクリーム塗布時より、でこぼこしている感じがして、蓋をしたままになっている。
まだ使わないとは決めていない。
シコンエキスに美肌効果があるとされているから。


≪バルサム≫ ・・・ 未使用検討中
・マカデミアナッツ油
・ミツロウ
・ゴマ油
・ツバキ油
・ムラサキ根エキス
・ローズマリーエキス
・カニナバラ果実エキス
・ガリカバラ花エキス
・トウキ根エキス
・ワレモコウエキス
・ゼラニウム油
・ローマカミツレ花油
・ダマスクバラ花油

あんまり次から次へと買うのも無駄遣いな気がして、未使用の良さそうなバルサムはまだ手元に無い。


実は、合成界面活性剤が全く入っていないなめらかなクリームを見つけたが、お値段14,000円。。。。

とてもためらっている。

そんなにきれいになる目的も無ければ、もったいない感覚も有るし、私には高価だから。


以上のような事が頭の中を巡っている・・・・そんな今日この頃である


 

☆☆ ビーグレンのSALEが始まっていた ☆☆

kage

2017/09/27 (Wed)


秋のセール。

トライアル

全商品5%OFF 1万円以上の購入なら10%OFF 2万円以上の購入で15%OFF。

今欲しいとすれば、『トータルリペア アイセラム』

夏のさっぱりスキンケアの置き土産か・・・・ クマが気になるようになっている。



ただ、現在スキンケア製品から脱合成界面活性剤を狙い中。。。

合成界面活性剤は本当に良くないんだろうか??

そんなことはないという見解も多い。

そんなに肌に良くない成分を使うことは考えにくいし。。

いろいろな情報に惑わされる現代社会である。

年齢が上がり、選択肢は少なくなり楽だと思っていたが、こんなところに選択シーンが有った



ブログに広告ページが上がってくると気になる。
このページをUPすると、広告は消えるのよねぇ





 

☆☆ 敏来君 24Hテレビに ☆☆

kage

2017/08/28 (Mon)


DSC01050-300x225.jpg

敏来君のホームページに載ってます

532×.gif



☆☆ プレママコスメにはこだわりが有った ☆☆

kage

2017/04/30 (Sun)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログさんから届いています。



妊娠・出産と女性の大切な出来事。

そんな時にコスメにも気を遣うと良い

優しいものが良い。毎日使える物が良い。
安心なコスメで、気兼ねなくスキンケアには余分な神経を使わず、過ごしたい。
そんな気持ちは持って当然なのでしょう。

これからの季節ですから、注目するアイテムは美白コスメです。

妊婦さんが一番使っている美容液はオーガニックコスメの素肌レシピ!

ホワイスチャーエッセンスEXです

3位にはHANAオーガニックの製品も上がっていました。

調査の続きはコチラ!からどうぞ

妊娠中にはつわりという症状が有り、普段使っていたコスメの香りが合わなくなったり、肌が敏感になってかゆみやかぶれが出るようになった。
乾燥するようになったなど、お肌の調子が乱れる事も有ります。

香料の使っていない物、低刺激の物、潤い重視の物と、コスメ選びも必要になってきたりします。

ドクターからのコスメ選びポイントも掲載されていました。
ハイドロキノン、パラベン、ビタミンAは、妊娠中にはちょっと要注意の成分みたいです。

こうやって教えてもらえるサイトが有ると良いですね

共同通信でも特集されています。

妊娠中のかたも、これからご予定が有るかたも、ちょっとチェックされると良い案件です

大切な身体になりますから



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 記念に・贈り物にフォトブック ☆☆

kage

2017/02/23 (Thu)

ブログで口コミプロモーションならレビューブログレビューブログさんから届いています。

お久しぶりにレビューブログさんの記事となりました




写真は歴史を刻んでくれる。
実は時々、30年近くも前の頃の写真を見てみる。
もっと以前 ・・・・・ 40年も前の写真も取り出してみる。
この頃はこんなだった。
私にもこんな頃が有ったなぁ。
この時のあの人は今頃どうしてるだろう?
あぁ。。そうそう。。。 こんな笑える事も有った。
あの時はあんな風に思ったけれど、今だったらちょっと違った捉え方をするなぁ。。


等々、想い出にひたるなど年をとった証拠かもしれないけれど、心がほんわりするのは良い事である

押入れの上の段には、アルバムが10冊くらい並んでいる。

自分の子供の頃から、私の子供が小さかった頃。

年齢が上がってから、昔のアルバムを観賞するのはなかなか良いものである

そんな想い出を、素敵に製本してくれるのが今回のレビュー記事。



どのブックに写真を収めたいかを選び、写真を送信すればあっという間に製本して送られてくるサービスです。

そう、現代は写真はデータで簡単に渡すことが出来るので、手間も少なく便利な時代になったから

パソコンでご利用される方はPC版をクリック。

スマホをご利用の方はiOS版から。

もちろんどんなサービスか見てみるだけでもクリックはご自由です

素敵な想い出ブックを残したい方はどうぞご利用下さい



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ マカダミアナッツオイル ☆☆

kage

2017/02/19 (Sun)

スキンケアオイル。

オリーブオイルを使っていたが、クリーム作りをきっかけにオイル専門店を知り、3種のオイルを手元に置いてみた。

オイル3種

グレーブシードオイル、ホホバオイル、マカダミアナッツオイルだ。

クリーム作りに3種のオイルを混ぜて作ったんだった。

それ以後、朝はそのクリームをのばすと重く後からのせるクリームファンデがムラになったりするので、朝は、薄くオイルをのばしている。

その際に、3種のオイルを1種類づつ何回かのせてみて、結果、マカダミアナッツオイルが一番合っている事がわかりました。

グレープシードオイルは、脂性肌の人にお勧めできると説明が有り、乾燥肌の私には物足りなかった。

ホホバオイルもあっさりしていて、イマイチ、夕方まで保湿が持たない感じ。

マカダミアナッツオイルだと、ファンデーションの邪魔にならない。それでいて長時間しっとり感が得られる。

マカダミアナッツオイルは、業界では消えるオイルと言われていて、とても浸透性の高いオイルとのこと。

けっこう、ねっとり感があるテクスチャーなのに、確かにいつまでもネチネチはしていない。

毎朝使うので減りが早く、前回のブログの成功したフェイスクリームを作る際にリピートしたオイル。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、乾燥肌にはとても良かった

最近では、グレープシードオイルはメイク落としに使用している。

捨てるのももったいないから。

すべりが良く、メイクともよく馴染み、W洗顔は必要だけどクレンジングオイルとしては優秀である

自分で潤いを保てなくなった年齢肌にはオイルは有りがたい存在となったのである

当初(ブログを始めた頃)はあまり与えすぎないように、自分で潤う力に期待した との思いも有ったけれど。。。。。

肌の水分を保持するヒアルロン酸含有率は、年齢20代を100%とすると、30代では70%、50代では40%、60代では20%強くらいに著しく減少していくのだから。

20台の頃の半分くらいしか力が無いとなると、与える事と逃がさない事。

肌が作り出す天然のクリームである皮脂も20代に比べると40代は半分になり、閉経を迎える50代に向かってさらに減少すると言われている。

ようやくあきらめがつき、少々重い感じがするスキンケアも苦にならなくなってきた

本当のエイジングケアはこれからだった



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 出来ました 手作りフェイスクリーム ☆☆

kage

2017/02/16 (Thu)


やっておりました。。

手作りフェイスクリーム

けっこう上手にできます

材料は、

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マカダミアナッツオイル  25ml (大さじ1+小さじ2)
未精製ミツロウ  5ml (小さじ1)
ローズウォーター  30ml (大さじ2)
ビタミンB3ナイアシンパウダー  3ml (小さじ1/2強)
DMAEパウダー  1.25ml (小さじ1/4)
ローズゼラニウム精油 5~6滴
ラディッシュエクストラクト 6~7滴

材料

これだけですが、本当のレシピでは、ミツロウは植物性乳化ワックスを使い、ローズウォーターはローズダマスクウォーター、ローズゼラニウム精油はローズブルガリアン製油です。

ミツロウは前に作った時のがまだ有ったので、本当は半透明のもっと溶けやすいタイプの物を使うのですがミツロウで。

ローズウォーターは、ダマスクローズの物を使うと一気にお値段が跳ね上がります。
ローズ製油もしかり。

という事で、価格を抑えるためレシピに近い低価格の物で済ませています。

パウダー2種は、たるみや小じわにアタックする成分。

ラディッシュエクストラクトは防腐効果が得られ、入れると半年くらいクリームがもつので揃えました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

一つの容器には、マカダミアナッツオイルと乳化性ワックス。
もう一つの容器には、ローズウォーターにエイジングケアパウダー2種を混ぜておきます。

湯煎にかける

この二つの耐熱容器を、熱いお湯を入れた容器に入れます(湯煎にかけます)
温まってきたら、オイルとワックスの容器をかき回してワックスを溶かします。

ワックスが溶けたら、もう一つの容器に入れ、ここからがカプチーノクリーマーの出番です。

カプチーノクリーマー

このカプチーノクリーマーが大活躍し、とても綺麗に攪拌してくれ、ぽわぽわのクリーム状に仕上げてくれるのでした。
7~8分カプチーノクリーマーを使いました。

出来上がり

アロマオイルと、ラディッシュエクストラクトを分量だけ垂らして、もう一度カプチーノクリーマーを使って完成です。
とろりとした伸びの良いクリームが出来上がりました

1012×836  テクスチャー

今は冬なので室温に戻っていくとクリームは硬くなっていきますが、肌に乗せると体温で伸びの良いクリームとなり、大成功でした。


という事で、フェイスクリームは自家製となり、好きな香りがつけれるので作るのは良いですね

成分もいろいろと使ってみたいかな と
しばらくは、今回作ったクリームで足りるので、また違った物を作ったらお話しようと思います。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 観葉植物 ☆☆

kage

2017/02/04 (Sat)

観葉植物。

葉を観賞する植物かな。。

花付きのものも有るけれど、葉っぱを観賞する。
葉っぱと言っても、鮮やかなグリーンな清々しいスペースを作ってくれるような、そんな観葉植物

昔(私が若い頃)は、植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐くという、人とは反対の呼吸運動をするため、人が必要な酸素を多くしてくれるという理由が有った。
そのうちには、その呼吸運動は昼間だけで、日が沈んだ夜には、人と同じ酸素を吸って二酸化炭素を吐くため、寝室には植物は置かない方が良いという見識になっていた。
しかし、寝室で無い所では是非置きたいと思う観葉植物だ。

色による効果という物が研究されていて、緑色の心理効果としては

心や身体の疲れをいやす。
疲れた目を休ませる。
鎮静作用で緊張を緩和する。
リラックスの作用がある。
穏やかな気持ちを与える。

という人が穏やかに暮らせる効果が考えられているのだそうです。

確かに、あまり派手な色ではないので、目を休ませるのに良いと思う。
リラックス効果 これもわかる気がする。

PID325_LRG.jpg

ドラセナ(アオドラセナ)
寒さに強く、ボリュームたっぷりの観葉植物。
「幸福の木」 という別名も有る木。
ハワイではドラセナは長寿で生命力旺盛であることから、垣根などに使うと良いことがあるという言い伝えがあり、「幸福の木」という名前がついたんだとか
しかし、日本で垣根使いというのは見かけないかな。。
でも、お店なんかによく置いて有り、とても頻繁に見かける。

こういった植物に目をやると、落ち着くかな
落ち着くし、何かそのスペースに心理的な余裕が有るようで、ゆったりできる感じも与えられる。


  PID247_LRG.jpg

アルピニア(黄斑月桃)、月桃の葉っぱ。
スキンケアにも良いとされる月桃。
夏には白い花を咲かせる。
けっこう鮮やかな見た目。

観葉植物の専門店 MAKIMO PLANT のホームページを眺めている

 PID933_LRG.jpg

ポトスも上手に手を掛けると、こんなに背が高く作れるんだ
180cmの高さに作ってある。
立派な置物になり、プレゼント用にも最適 お値段11,000円か。

落成のお祝いなんかに贈られると、嬉しそう

少し時間が有って眺めているインテリアグリーンのお店

こんな時間が有っても良いな

宜しければどうぞ
ご覧ください。
忙しい毎日だと、ちょっとゆったりして良いかも
ブルーの文字がリンクしています



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 美味し~いわらび餅 ☆☆

kage

2017/01/24 (Tue)


岐阜柳ケ瀬通りの「ツバメヤ」さんのわらび餅

なんて美味しいんでしょ

きなこにはたいした甘味はないけど、わらび餅そのものにとても上品な甘味有り

わらび餅の食感が、なんともまろやかでなんて美味しいのぉ。。

奄美大島のミネラルをたっぷり含んだ洗双糖を甘味にされてるらしい。

きなこは、とてもこく?がある感じ。

丹波産京きなこを使っているとか。

わらび餅

以前は三重県にも有ったらしいけど、今は岐阜だけの店舗のもよう。。

なんか、食通さんの間では、遠方からも買いにみえるほど大人気のわらび餅なんだそうです

お取り寄せも可能。

インターネットで調べると、すぐ出てくるよ

これだけ美味しいとね    納得



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 最近のスキンケアを少し ☆☆

kage

2017/01/02 (Mon)

ブログは、随分おさぼり続き。

実は、最近はオイルにはまったのか、オイルとミツロウとバターを湯煎で溶かしエッセンシャルオイルで香りづけした物を、フェイスクリームとして使っています。

防腐剤も一切入れないので、おちびちゃんでも誰でも使えるのも一つの理由かな。

浸透は期待していなく、肌守りのヴェール効果を期待して。

けっこう気に入って使用中

ただ、自称脂性肌と言われるかたには油分が有り過ぎるらしいです。

マカダミアナッツオイル ・ 高精製ホホバオイル ・ グレープシードオイル と3つのオイル。

シアバターも加え、ミツロウが乳化剤となり、混ぜ合わせ冷めて固まりかけてきたらエッセンシャルオイルを1~2滴たらしまんべんなくかきまわして出来上がりです。

エッセンシャルオイルには、カモミール・ローマンを選びましたが、あんまり好きな香りではなかった。
でもカモミールは、保湿に優れているので良いには良いんだけど。

オイル等

オイルを40g、ミツロウ4g、シアバター3gの分量で作っています。

ミツロウは、未精製の物を選びました。
ビタミン類が生きているままなので。

かなり濃厚なオイルクリームと言った感じです。
やわらかいワックスみたいとも言える。

いろいろ調べてみると、市販されているクリームのテクスチャーのように、オイルとミツロウで作るんだけど、オイルオイルしていないクリームも出来るようなので、手作り化粧品初心者として勉強中です

自分で納得した成分だけで作れるのは、とても魅力的で楽しいです。



他に最近では、APPS(アプレシア・・・ビタミンC誘導体)や、オリゴヒアルロン酸も使用中。

APPSとオリゴヒアルロン酸

APPSは、精製水で溶き洗顔後すぐに塗布すると、その後の化粧水の入りがとっても良くなります。

オリゴヒアルロン酸は、保湿力に圧倒的に優れている成分です。
これも、精製水に溶き化粧水と同じように塗布。

その後、化粧水を使用中。

そして、自家製のクリームでヴェールをかけて就寝 というスキンケア。

劇的に美肌になるわけではないけれど、粉吹きも無く、化粧のりも悪くなく、まぁ。。。。良いのでないかと

APPSは、まだ使い始めたばかりなので、続けると良い事有りそう

きっと、APPSは、クリームに配合することも出来ると思うかな。。

オリゴヒアルロン酸は、溶剤にすると4日間で使い切って下さいアイテムなので、防腐剤を使わないクリームには無理そう。
滑らかなテクスチャーのクリームにするには、泡だて器で数分攪拌させる事で叶うらしい?

手作りとなると、いろいろと配合を考える事となり、やりがい有りそう



上手にできたら、お知らせしようかな

飽きないつもりなので。

ええ・・・・・ 実は・・・・ 遊んじゃってるんです

お家で、フェイスクリームなんぞに挑戦致しておりまする


宜しければご参考にどうぞ。

   

オイルやミツロウは全てマカダミ屋さんの物を使用しています。



そうそう、年末には家には頂いた花が多く有ったのですが、中でもびっくりバラに遭遇でした。

花

このレインボーカラーのバラ。

まだ開いていない一枚一枚の花びらにもそれぞれの色が付いていて、いったいどうしたらこういうバラになるのでしょう?

レインボーバラ

考えても全然想像もつかない。

お花も、すごく進化しているんだと驚いた次第です。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 2017年スタート ☆☆

kage

2017/01/01 (Sun)


2017年   

s_gasi1.gif   
                              i-tori31.gif
今年は、どんな年になるでしょう。。

酉年は、飛躍の年になるらしいと、この間忘年会で乾杯の挨拶されてたなぁ。

せめて、安定した一年になってほしい。

私の今年の健康運は・・

『精神面が疲れるとあなたの体の弱いところを直撃します。
苦手な人のことや面倒くさいことばかり考えないで、楽しい予定をたくさん入れましょう。』

と有る。

面倒くさいことは考えない。

うん・・・・得意かも



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ ビーグレン クリスマスBigセール開催中 ☆☆

kage

2016/12/12 (Mon)


さぁ、やってまいりました。。

ビーグレンのクリスマスBigセール

12月27日まで Bigセール期間中です

全品10%OFF。

セット商品は、最大22%OFFになるものまで有ります。

こちらは、プレミアム美肌セット。

トライアル

クレイの吸着力に着目したなめらかに洗いあがる洗顔料

潤いを満たす化粧水

ビタミンCをダイレクトに必要な箇所に届けるCセラム

シワにアタックするビタミンAを豊富に含むレチノA美容液

たるみ&ほうれい線ケアも思いのままにするリフトマッサージにもなるリフト美容液

ハイドロキノン誘導体であるアルブチンを含む美白美容液

濃厚なテクスチャーのエイジングケアクリーム

以上の7点セットで、29,800円はかなりお買い得です。

美肌セットは他に幾種類もご用意されています。


また、2万円以上のお買い物には贅沢をつくした「ジュエルコレクションマスク」がプレゼントされます




ダイヤモンド ・ ゴールド ・ プラチナ と3種のジュエルパワーをアロマの香りとともに肌に効かせる。

ダイヤモンドには、肌のくすみをクリアにする秘めた力が 

ゴールドには、ハリ・弾力にきかせる効果が

プラチナには、しわやたるみを改善させる効果が有るのです


3種類のマスクを1セットにして、最高3セットまでプレゼントされます。

素敵よネ

ビーグレンならではの、ゴールデンプレゼント。

ご興味のあられるかたは、上の画像から、クリスマスBigセール会場です



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ