2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

☆☆ マカダミアナッツオイル ☆☆

kage

2017/02/19 (Sun)

スキンケアオイル。

オリーブオイルを使っていたが、クリーム作りをきっかけにオイル専門店を知り、3種のオイルを手元に置いてみた。

オイル3種

グレーブシードオイル、ホホバオイル、マカダミアナッツオイルだ。

クリーム作りに3種のオイルを混ぜて作ったんだった。

それ以後、朝はそのクリームをのばすと重く後からのせるクリームファンデがムラになったりするので、朝は、薄くオイルをのばしている。

その際に、3種のオイルを1種類づつ何回かのせてみて、結果、マカダミアナッツオイルが一番合っている事がわかりました。

グレープシードオイルは、脂性肌の人にお勧めできると説明が有り、乾燥肌の私には物足りなかった。

ホホバオイルもあっさりしていて、イマイチ、夕方まで保湿が持たない感じ。

マカダミアナッツオイルだと、ファンデーションの邪魔にならない。それでいて長時間しっとり感が得られる。

マカダミアナッツオイルは、業界では消えるオイルと言われていて、とても浸透性の高いオイルとのこと。

けっこう、ねっとり感があるテクスチャーなのに、確かにいつまでもネチネチはしていない。

毎朝使うので減りが早く、前回のブログの成功したフェイスクリームを作る際にリピートしたオイル。

マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツオイルは、乾燥肌にはとても良かった

最近では、グレープシードオイルはメイク落としに使用している。

捨てるのももったいないから。

すべりが良く、メイクともよく馴染み、W洗顔は必要だけどクレンジングオイルとしては優秀である

自分で潤いを保てなくなった年齢肌にはオイルは有りがたい存在となったのである

当初(ブログを始めた頃)はあまり与えすぎないように、自分で潤う力に期待した との思いも有ったけれど。。。。。

肌の水分を保持するヒアルロン酸含有率は、年齢20代を100%とすると、30代では70%、50代では40%、60代では20%強くらいに著しく減少していくのだから。

20台の頃の半分くらいしか力が無いとなると、与える事と逃がさない事。

肌が作り出す天然のクリームである皮脂も20代に比べると40代は半分になり、閉経を迎える50代に向かってさらに減少すると言われている。

ようやくあきらめがつき、少々重い感じがするスキンケアも苦にならなくなってきた

本当のエイジングケアはこれからだった



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 出来ました 手作りフェイスクリーム ☆☆

kage

2017/02/16 (Thu)


やっておりました。。

手作りフェイスクリーム

けっこう上手にできます

材料は、

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

マカダミアナッツオイル  25ml (大さじ1+小さじ2)
未精製ミツロウ  5ml (小さじ1)
ローズウォーター  30ml (大さじ2)
ビタミンB3ナイアシンパウダー  3ml (小さじ1/2強)
DMAEパウダー  1.25ml (小さじ1/4)
ローズゼラニウム精油 5~6滴
ラディッシュエクストラクト 6~7滴

材料

これだけですが、本当のレシピでは、ミツロウは植物性乳化ワックスを使い、ローズウォーターはローズダマスクウォーター、ローズゼラニウム精油はローズブルガリアン製油です。

ミツロウは前に作った時のがまだ有ったので、本当は半透明のもっと溶けやすいタイプの物を使うのですがミツロウで。

ローズウォーターは、ダマスクローズの物を使うと一気にお値段が跳ね上がります。
ローズ製油もしかり。

という事で、価格を抑えるためレシピに近い低価格の物で済ませています。

パウダー2種は、たるみや小じわにアタックする成分。

ラディッシュエクストラクトは防腐効果が得られ、入れると半年くらいクリームがもつので揃えました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

一つの容器には、マカダミアナッツオイルと乳化性ワックス。
もう一つの容器には、ローズウォーターにエイジングケアパウダー2種を混ぜておきます。

湯煎にかける

この二つの耐熱容器を、熱いお湯を入れた容器に入れます(湯煎にかけます)
温まってきたら、オイルとワックスの容器をかき回してワックスを溶かします。

ワックスが溶けたら、もう一つの容器に入れ、ここからがカプチーノクリーマーの出番です。

カプチーノクリーマー

このカプチーノクリーマーが大活躍し、とても綺麗に攪拌してくれ、ぽわぽわのクリーム状に仕上げてくれるのでした。
7~8分カプチーノクリーマーを使いました。

出来上がり

アロマオイルと、ラディッシュエクストラクトを分量だけ垂らして、もう一度カプチーノクリーマーを使って完成です。
とろりとした伸びの良いクリームが出来上がりました

1012×836  テクスチャー

今は冬なので室温に戻っていくとクリームは硬くなっていきますが、肌に乗せると体温で伸びの良いクリームとなり、大成功でした。


という事で、フェイスクリームは自家製となり、好きな香りがつけれるので作るのは良いですね

成分もいろいろと使ってみたいかな と
しばらくは、今回作ったクリームで足りるので、また違った物を作ったらお話しようと思います。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 観葉植物 ☆☆

kage

2017/02/04 (Sat)

観葉植物。

葉を観賞する植物かな。。

花付きのものも有るけれど、葉っぱを観賞する。
葉っぱと言っても、鮮やかなグリーンな清々しいスペースを作ってくれるような、そんな観葉植物

昔(私が若い頃)は、植物は二酸化炭素を吸って酸素を吐くという、人とは反対の呼吸運動をするため、人が必要な酸素を多くしてくれるという理由が有った。
そのうちには、その呼吸運動は昼間だけで、日が沈んだ夜には、人と同じ酸素を吸って二酸化炭素を吐くため、寝室には植物は置かない方が良いという見識になっていた。
しかし、寝室で無い所では是非置きたいと思う観葉植物だ。

色による効果という物が研究されていて、緑色の心理効果としては

心や身体の疲れをいやす。
疲れた目を休ませる。
鎮静作用で緊張を緩和する。
リラックスの作用がある。
穏やかな気持ちを与える。

という人が穏やかに暮らせる効果が考えられているのだそうです。

確かに、あまり派手な色ではないので、目を休ませるのに良いと思う。
リラックス効果 これもわかる気がする。

PID325_LRG.jpg

ドラセナ(アオドラセナ)
寒さに強く、ボリュームたっぷりの観葉植物。
「幸福の木」 という別名も有る木。
ハワイではドラセナは長寿で生命力旺盛であることから、垣根などに使うと良いことがあるという言い伝えがあり、「幸福の木」という名前がついたんだとか
しかし、日本で垣根使いというのは見かけないかな。。
でも、お店なんかによく置いて有り、とても頻繁に見かける。

こういった植物に目をやると、落ち着くかな
落ち着くし、何かそのスペースに心理的な余裕が有るようで、ゆったりできる感じも与えられる。


  PID247_LRG.jpg

アルピニア(黄斑月桃)、月桃の葉っぱ。
スキンケアにも良いとされる月桃。
夏には白い花を咲かせる。
けっこう鮮やかな見た目。

観葉植物の専門店 MAKIMO PLANT のホームページを眺めている

 PID933_LRG.jpg

ポトスも上手に手を掛けると、こんなに背が高く作れるんだ
180cmの高さに作ってある。
立派な置物になり、プレゼント用にも最適 お値段11,000円か。

落成のお祝いなんかに贈られると、嬉しそう

少し時間が有って眺めているインテリアグリーンのお店

こんな時間が有っても良いな

宜しければどうぞ
ご覧ください。
忙しい毎日だと、ちょっとゆったりして良いかも
ブルーの文字がリンクしています



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 美味し~いわらび餅 ☆☆

kage

2017/01/24 (Tue)


岐阜柳ケ瀬通りの「ツバメヤ」さんのわらび餅

なんて美味しいんでしょ

きなこにはたいした甘味はないけど、わらび餅そのものにとても上品な甘味有り

わらび餅の食感が、なんともまろやかでなんて美味しいのぉ。。

奄美大島のミネラルをたっぷり含んだ洗双糖を甘味にされてるらしい。

きなこは、とてもこく?がある感じ。

丹波産京きなこを使っているとか。

わらび餅

以前は三重県にも有ったらしいけど、今は岐阜だけの店舗のもよう。。

なんか、食通さんの間では、遠方からも買いにみえるほど大人気のわらび餅なんだそうです

お取り寄せも可能。

インターネットで調べると、すぐ出てくるよ

これだけ美味しいとね    納得



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 最近のスキンケアを少し ☆☆

kage

2017/01/02 (Mon)

ブログは、随分おさぼり続き。

実は、最近はオイルにはまったのか、オイルとミツロウとバターを湯煎で溶かしエッセンシャルオイルで香りづけした物を、フェイスクリームとして使っています。

防腐剤も一切入れないので、おちびちゃんでも誰でも使えるのも一つの理由かな。

浸透は期待していなく、肌守りのヴェール効果を期待して。

けっこう気に入って使用中

ただ、自称脂性肌と言われるかたには油分が有り過ぎるらしいです。

マカダミアナッツオイル ・ 高精製ホホバオイル ・ グレープシードオイル と3つのオイル。

シアバターも加え、ミツロウが乳化剤となり、混ぜ合わせ冷めて固まりかけてきたらエッセンシャルオイルを1~2滴たらしまんべんなくかきまわして出来上がりです。

エッセンシャルオイルには、カモミール・ローマンを選びましたが、あんまり好きな香りではなかった。
でもカモミールは、保湿に優れているので良いには良いんだけど。

オイル等

オイルを40g、ミツロウ4g、シアバター3gの分量で作っています。

ミツロウは、未精製の物を選びました。
ビタミン類が生きているままなので。

かなり濃厚なオイルクリームと言った感じです。
やわらかいワックスみたいとも言える。

いろいろ調べてみると、市販されているクリームのテクスチャーのように、オイルとミツロウで作るんだけど、オイルオイルしていないクリームも出来るようなので、手作り化粧品初心者として勉強中です

自分で納得した成分だけで作れるのは、とても魅力的で楽しいです。



他に最近では、APPS(アプレシア・・・ビタミンC誘導体)や、オリゴヒアルロン酸も使用中。

APPSとオリゴヒアルロン酸

APPSは、精製水で溶き洗顔後すぐに塗布すると、その後の化粧水の入りがとっても良くなります。

オリゴヒアルロン酸は、保湿力に圧倒的に優れている成分です。
これも、精製水に溶き化粧水と同じように塗布。

その後、化粧水を使用中。

そして、自家製のクリームでヴェールをかけて就寝 というスキンケア。

劇的に美肌になるわけではないけれど、粉吹きも無く、化粧のりも悪くなく、まぁ。。。。良いのでないかと

APPSは、まだ使い始めたばかりなので、続けると良い事有りそう

きっと、APPSは、クリームに配合することも出来ると思うかな。。

オリゴヒアルロン酸は、溶剤にすると4日間で使い切って下さいアイテムなので、防腐剤を使わないクリームには無理そう。
滑らかなテクスチャーのクリームにするには、泡だて器で数分攪拌させる事で叶うらしい?

手作りとなると、いろいろと配合を考える事となり、やりがい有りそう



上手にできたら、お知らせしようかな

飽きないつもりなので。

ええ・・・・・ 実は・・・・ 遊んじゃってるんです

お家で、フェイスクリームなんぞに挑戦致しておりまする


宜しければご参考にどうぞ。

   

オイルやミツロウは全てマカダミ屋さんの物を使用しています。



そうそう、年末には家には頂いた花が多く有ったのですが、中でもびっくりバラに遭遇でした。

花

このレインボーカラーのバラ。

まだ開いていない一枚一枚の花びらにもそれぞれの色が付いていて、いったいどうしたらこういうバラになるのでしょう?

レインボーバラ

考えても全然想像もつかない。

お花も、すごく進化しているんだと驚いた次第です。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 2017年スタート ☆☆

kage

2017/01/01 (Sun)


2017年   

s_gasi1.gif   
                              i-tori31.gif
今年は、どんな年になるでしょう。。

酉年は、飛躍の年になるらしいと、この間忘年会で乾杯の挨拶されてたなぁ。

せめて、安定した一年になってほしい。

私の今年の健康運は・・

『精神面が疲れるとあなたの体の弱いところを直撃します。
苦手な人のことや面倒くさいことばかり考えないで、楽しい予定をたくさん入れましょう。』

と有る。

面倒くさいことは考えない。

うん・・・・得意かも



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ ビーグレン クリスマスBigセール開催中 ☆☆

kage

2016/12/12 (Mon)


さぁ、やってまいりました。。

ビーグレンのクリスマスBigセール

12月27日まで Bigセール期間中です

全品10%OFF。

セット商品は、最大22%OFFになるものまで有ります。

こちらは、プレミアム美肌セット。



クレイの吸着力に着目したなめらかに洗いあがる洗顔料

潤いを満たす化粧水

ビタミンCをダイレクトに必要な箇所に届けるCセラム

シワにアタックするビタミンAを豊富に含むレチノA美容液

たるみ&ほうれい線ケアも思いのままにするリフトマッサージにもなるリフト美容液

ハイドロキノン誘導体であるアルブチンを含む美白美容液

濃厚なテクスチャーのエイジングケアクリーム

以上の7点セットで、29,800円はかなりお買い得です。

美肌セットは他に幾種類もご用意されています。


また、2万円以上のお買い物には贅沢をつくした「ジュエルコレクションマスク」がプレゼントされます




ダイヤモンド ・ ゴールド ・ プラチナ と3種のジュエルパワーをアロマの香りとともに肌に効かせる。

ダイヤモンドには、肌のくすみをクリアにする秘めた力が 

ゴールドには、ハリ・弾力にきかせる効果が

プラチナには、しわやたるみを改善させる効果が有るのです


3種類のマスクを1セットにして、最高3セットまでプレゼントされます。

素敵よネ

ビーグレンならではの、ゴールデンプレゼント。

ご興味のあられるかたは、上の画像から、クリスマスBigセール会場です



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ やはり、毛穴ケアやエイジングケアにはオイルは欠かせない? ☆☆

kage

2016/11/28 (Mon)

ここ数年、美容オイルを使っている。

毛穴ケアにはオイルが一番いいのでないかと思ったりしている。

開いた毛穴をつなぎ合わせてくれるような感じ。
皮膚にヴェールをかぶせてくれるような感じ

マッサージオイル・キャリアオイルの専門店 -マカダミ屋 楽天市場店-さんに、こんな参考になるオイル分布図を発見

bunpuzu.jpg

一番低刺激で、浸透度が抜群に良いサラサラ使用感のオリーブスクワラン。

最近注目されているビタミンEをオリーブオイルの2倍以上含むというグレープシードオイル。

そうそう、お米のオイルもとても良いとされる。
オレイン酸やトコトリエノールを含み肌馴染みも良く、スーパービタミンEを含んでいる。

キャリアオイル専門店で、お値段もとても有り難い。

サラサラオイルで角質層に浸透させ、しっとりオイルで潤いを逃がさないというのもかなり効果的そう

参考になると思われる方も、マカダミ屋さん、ご覧頂くと良いと思います





  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ ビーグレンから、冷えへの対処法についてメッセージが来てます ☆☆

kage

2016/11/17 (Thu)

いよいよ、冷えの季節。

夏でもエアコンで冷えますが、冬は、地面も空気も冷たく、冷蔵庫の中に居るような寒さを感じます。

さぁ、この冷えが肌や体にどんな影響を与えるのか。

ビーグレンから、冷え対策のダーレクトメールが届きました。

カラダの冷えは女性の大敵 冷えがもたらす3大肌トラブルとは?

耳のツボ押しが良いみたい

目の下の四白のツボ。

靴下を2枚重ねで履くよりも、角質のケアをした後の足の裏の体温の方が、最高3℃も高いそう。

足の裏には、体中のツボが有るので、そちらも必須。

足湯にアロマのエッセンシャルオイルを垂らすとかね

ブルーの文字から参考になる情報ページへ。



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ ついに来たのかも は・・・・・・ 基本にと言える? ☆☆

kage

2016/11/04 (Fri)

石鹸での洗顔、その後弱酸性で肌を引き締める。

収れん化粧水 という言葉を聞いたことがあると思うけれど、毛穴を引き締める事が出来るとされる化粧水。

成分にアルコール分を含んでいるのが特徴で、つけてアルコール分が蒸発する時にひんやり感が得られたり、毛穴を引き締めるので皮脂などがつまりにくくなるという化粧水。

毛穴ケアには、こういった化粧水も有効です。

紫外線からある程度守り、肌をきれいに洗い、毛穴を引き締める作用を行い、潤いをたっぷり与え、ヴェールをかけて潤いを逃がさない。

そんなケアを続けていれば、そんなに大きなトラブルには見舞われない・・・・はず





しかし、年齢を重ねることにより、コラーゲンや水分量の減少等で弾力が無くなったり、シワが刻み込まれてきたり・・・・・

そこで、アンチエイジングが始まるのね。。

良いアイテムには、化粧品の他、各社が出されている美顔器が上手く使えば有効なのである

MTGさんが世に送り出したリファ。

マイクロカレントという微弱電流が、肌を刺激し、引き締める。

すごく商品が増えていて、顔でも細かい所のようの小さな作用面の物や、ボディ専用の4つの作用面が有るタイプ等々。

中でも、こちらのタイプは、フェイスにもボディにも程よいトリートメントが出来る製品。

狙っているのはこのリファ。

リファでマイクロカレントトリートメントをすると、ほんとにリフトアップ効果が有るよ と、知り合いからクチコミを頂き済み。

200*200_carat_1





そして、光マスクで、真皮層の組織の生成を促し、弾力のある肌をめざす。

Aduro LED マスク

こちらのLDE光美顔器は、多くの製品が出ている中、医療ライセンスを持って開発されたAduro社のLED光マスク。

ニキビに効果を現す青色、コラーゲン生成を促す赤色他、得たい効果を幾通りも光色選択できる製品。

alltreatments-j.png

ニキビに悩んでいた人には、こんなにもお役立ちした製品なのです。

Aduro美顔器体験者





また、イオン導出やイオン導入がたった15秒~30秒で出来るので、忙しい朝にも使えるという、こちらのブロードイオン美顔器。

全顔いっぺんにイオン作用が与えられるパット式なので、顔の上をすべらしたりする必要が無い。

ブロードイオン





また、やってきた乾燥の季節。

フェイスにもボディにも、重宝するシアバター。

これは、一つ常備しているとカサツキが気になった時でも、すぐにカサツキがなくなり、低価格でとても便利です

シアバター




  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ PHがポイント ☆☆

kage

2016/10/27 (Thu)

毛穴ケアには、PHがカギとなってくるようです。

弱アルカリ性の洗顔料で洗顔すると、毛穴が開いて汚れがよく取れる事は、お話したと思います。

すぐに毛穴を引き締まる方法が有ったのです。

水1リットルに対して、重層とクエン酸を小さじ1杯づつ入れて酸性水を作り、その酸性水で洗顔すると良いらしいの。

弱酸性に肌を素早く戻すことにより、毛穴がキュッと引き締まる。

これは、やってみると良い


毛穴の汚れは、やはり洗顔で取り去るのが一番のよう。

弱アルカリ性で開かせ、汚れを洗い流したら、弱酸性水で毛穴を引き締める。

pH-Balance.jpg

お借りしてきちゃいました ちょっと、こちらのサイトでお勉強しようと思う。

究極のスキンケア術はPHに辿り着くのかもしれませんよ

ついに来たのかも

さっちゃん 参考にしてみて

PH  PH    



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ


☆☆ 石鹸で洗顔するのが良いらしいの ☆☆

kage

2016/10/20 (Thu)

弱アルカリ性の石鹸が使えれば、弱酸性より良いらしいの。

肌は弱酸性。

ですから、弱酸性の洗顔料やメイク落としは刺激が少ないと思われるのですが、弱アルカリ性で洗顔すると、弱酸性の肌の毛穴が少しの間(弱アルカリ性が刺激を与えるという事かな)開くらしいの。

ですから、毛穴汚れがよく落ちる。

石鹸シャンプーを使う理由に、弱アルカリ性のシャンプーのほうが、地肌の汚れがきちんと落ちるからというユーザーさんが多くてね。

ただ、髪に弱アルカリ性はキツクて、キューティクルが開いてしまうので、弱酸性に戻す酸性のリンスを使うと良いし、時間が経てば自然と弱酸性に戻りはするのだけど、今までたっぷりジメチコンで髪を滑らかにしてきた大人事情では、そう簡単に石鹸シャンプーには慣れない。

というのは私の場合なので、一概にすべての人がそうとは言えませんが、要するに余分な物を洗って流すという点では、弱アルカリ性のほうが優れている。

という事は言えるみたい。

弱酸性の肌に弱アルカリ性の成分が施されると、中和という反応が起こり、水の粒子を捕まえる力の弱い石鹸成分は、水で完全に洗浄成分を洗い流せるんだそうです。

ですから、肌が余分な成分をくっつけることなく、汚れは落ち、スッキリした肌に化粧水や美容成分の入りも良くなる。

全ての洗顔料がそうだとは言いませんが、弱酸性の洗顔料には、ほぼ合成界面活性剤が使われており、これは、石鹸のようには水で流しきれなく、肌に残る。

水は中性、弱酸性と弱アルカリ性が中和して、水と同じ中性になり、だから水と一緒にスムーズに流されていく。

弱酸性同志の洗顔は、水との親和性に優れず、水ですっかりは洗い流せないという原理かな。。

すると、すっかり洗い流されなかった洗浄成分により、次第に肌から潤いやターンオーバーを乱したりする。

現代には、水を弱酸性に変える浄水器のような物もあるのよね。

そう、こういった肌への影響の為にね

肌トラブルで皮膚科に行くと、

「洗顔フォームは止めて、石鹸で洗顔してくだい。」

「ボディソープを固形石鹸に変えてください。」

とお医者さんの指導が入るそう。

石鹸素地での洗顔。

私はとてもお気に入り

というか、お薦めしたいとも思える



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ



☆☆ 毛穴ケア 専用ローション ☆☆

kage

2016/10/18 (Tue)

毛穴。

大人女性の大半は、この毛穴の開きや黒ずみに悩まされている。

肌の水分量やコラーゲン、エラスチン(肌の弾力を保つ成分)等が減り、ピチッと閉じてはいられなくなる大人の肌事情。

開きかけてくる毛穴に、皮脂がたまる。

その皮脂が酸化する ・・・・ 黒ずみ

毛穴の奥まで届かない洗顔料は、出来る限りの汚れを取ってはくれるが、真皮までつながっている毛穴の元まで汚れを取り去るのは難しく、適当に汚れを落とすが、穴が空いたままでは雑菌等が入り込んでは危険なので、肌の奥から皮脂膜を作って守ろうと皮脂が溢れてくる。。。。

その皮脂が酸化し ・・・・・ 黒ずみ

こうやって少しづつ蓄積されてきた毛穴の角栓詰まり。

角栓や汚れを取り去っても、毛穴を引き締めない事には、肌を護るために皮脂が出てきてまた詰まる。

詰まるというか、穴が空きっぱなしでは駄目である という原理なのよね。。

毛穴の汚れを落とす対策の一つに、そういえば、昔からオロナイン軟膏が良いと底辺で渦巻いていた噂のようなゆるい常識のようなことが有ったなと思い出す。

1 オロナイン軟膏を鼻に塗る

2 蒸しタオルで数分(タオルの温度が肌以下に下がってしまわないうち)蒸らす

3 洗顔料を使い、ぬるま湯洗顔を行い、冷水で毛穴を引き締めるようにする

オロナイン軟膏の油加減が良いのか?
蒸しタオルで毛穴を緩め、オロナイン軟膏が汚れを吸着してくれ、肌と変わらない温度で(毛穴を引き締めたり肌を緩ませたりしない温度)洗顔する事により、汚れを外へ洗い出す。

そして、冷水で冷やすことにより肌を引き締める。
この引き締めることによって、皮脂が溢れるのをやめるほうへ導く。

あとは、化粧水やクリームや乳液で、潤いを与え、ちゃんと肌護りも万全だよ と脳に指令を送るわけ。

理屈はこういうことなのだけど、どうだったかなぁ・・・・ 私は昔はうまく出来ていたんだったろうか

確かに、こんなオロナイン軟膏処方は、やってみる価値がある。


また、毛穴対策専用に出ている製品では、『ドゥボータのCローション』が目に留まる



ナノアルカリ電解水が毛穴の奥の汚れを取り除いてくれる という原理の毛穴ケアに特化した製品である。

洗顔を、このローションに変える という方法。

コットンにたっぷりローションを含ませ、拭き取り洗顔にしましょう というものです。

パラベンもエタノール系の防腐剤も使用していないので、洗い流さない方法でも安心だし、ブースターの役目も有り、化粧水の入りも良くなり、とにかく、毛穴の奥の汚れまで、ナノサイズの電解水が外へ運び出してくれるというの。

こちらも、一度は使ってみたいと思う


理想的なケアは、毛穴の汚れを綺麗に落とし、潤いに満たされた肌になり、コラーゲンやエラスチンもきちんとした形に並び、弾力のある肌になれば、毛穴など気にならなくなるのです。

汚れを有効に取り除くアイテム。

潤いを充分に与えるアイテム。

紫外線老化を起こさないようなアイテム。

さらには、LED光マスク等で、コラーゲン生成を促すような働きかけをする。

こういったステップを正しく踏んで続けることにより、間違いなく肌年齢は若返る。

毛穴にこだわりだすと、長期戦になることも間違い無し

少々毛穴が目立っても、さほど実生活に差しさわりなど無いのも事実

どこまで頑張るのかな


  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ